夢のあと

sakuraと申します。主にゲームのプレイ感想を書いています。PC閲覧推奨です。

「十鬼の絆〜関ヶ原奇譚〜」千岳ルート プレイ感想

2012年11月07日 | 薄桜鬼 シリーズ & 十鬼の絆
※ネタばれ感想になります。
途中にスチルが含まれていますので、未プレイの方はご注意下さい。

【お願い】
基本的にゲームに関しましては思ったままの感想を書き連ねていますので、十人十色、千差万別の感想の一つだと思ってご覧下さい。

十鬼の絆(限定版)
クリエーター情報なし
アイディアファクトリー


十鬼の絆(通常版)
クリエーター情報なし
アイディアファクトリー



〜千岳ルート〜

<一章>

千岳と手合わせをする事になりますが、どうしても本気を出してくれません。
雪奈が悔しく思っていると、千岳に頭を撫でられます。

『十鬼の絆』雪奈の頭を撫でる千岳画像


「女鬼っていうのは、お前も知ってると思うが、男鬼と比べて数も少なく、身体も弱い。だからな、里や一族が一丸となって男鬼が全力で護るべき存在なんだ」

・・・千岳、男らしくて格好良いー♪(〃・ω・〃)
雪奈にとって頼れるお兄さんのような存在だった千岳が、大切な男性に代わっていくのは想像出来ますが、逆に十二歳も年下の妹のような存在の雪奈が、千岳の中でどんな風に恋愛対象になっていくのかが楽しみです!

暫くは三成の護衛より、八瀬姫の方を優先してくれると約束してくれます。


<二章>

皆が会津や伏見の様子を探りに出掛けますが、雪奈は千岳と一緒に八瀬の里に残る事になります。
真面目な千岳は、少しでも時間が空くと鍛錬に励んでいました。

『十鬼の絆』鍛錬をする千岳画像


千岳の説得に成功し、何故彼が三成の護衛をしているのかを皆に話すと約束してくれます。

・・・千岳が雪奈の頭をぽんぽんと撫でてくれるのが好きだなー。
『薄桜鬼』の左之を思い出します。(*´д`*)


<三章>

千岳と一緒に石田三成の居城である佐和山へむかいます。
三成を狙って、外套を被った男が襲ってきます。
外の様子を見に行った千岳に代わり、雪奈が三成を護る事になります。
しかし、すぐに戻ってきた千岳が雪奈と三成を守ってくれます。

『十鬼の絆』雪奈達を守る千岳画像


・・・千岳はスチルの方が格好良く見えると思います。


<四章>

『十鬼の絆』秀と対峙する雪奈と千岳画像


怪我をした雪奈の傷を千岳が見てくれますが、肌を見られている事に雪奈は恥ずかしく思います。

・・・お。
雪奈が少しずつ千岳を意識し出している?(´∀`)

千岳ルートで初めて大阪城内に入ります!
大阪城内で厳重に保管されていた筈の【仙丹】がなくなっている事を、三成達は確認します。

不審者扱いされた雪奈が思わず「千岳の身内です」と告げると、兵士は雪奈を千岳の奥方と勘違いします。

・・・ナイス!
乙女ゲーなんだから、そういう誤解は大歓迎です!(*゚∀゚)=3

千岳に八瀬の里へ帰れと説得されますが、雪奈は千岳の反対を押し切って大阪に留まる事を決めます。

・・・鬼の正体を突き止める為、とか言ってるけど、本音は千岳が心配なんだよね。


<五章>

千岳と共に三成の護衛に就いた雪奈は、千岳の悲願を一緒に叶えたいと必死で説得します。
とうとう根負けした千岳が、雪奈の願いを聞き入れてくれます。
すると、千岳は雪奈の額に自分の額を合わせ、「いいこと」を教えてくれると告げます。

『十鬼の絆』額を合わせる雪奈と千岳画像


「俺の姓は、天霧。里を失い流浪の一族となった我が一族の悲願のため力を貸してくれること頭領として礼を言う」

・・・体術で戦うからそうだと思ったけど、やっぱりあの天霧の先祖だったのねー!(゜∀゜)
この辺りから、千岳の中で雪奈が特別な女になっていったのかなと想像します。


<六章>

8月。
三成は大阪城を出て、一路、東を目指します。
千岳は再び、雪奈に里へ帰れと告げます。
しかし、千岳と交わした約束、それ以上に彼の背中を守りたいと雪奈が懇願すると、千岳は驚きながらも雪奈が同行する事を許可してくれます。

・・・キタ━(・∀・)━!!
もしかして、千岳は初めて女に「守りたい」と言われて、この瞬間、雪奈に落ちた!?

佐和山へ向かう三成の前に秀が現れ、攻撃してきます。
南雲一族は豊臣と十鬼衆、そして鬼を代表する八瀬姫に恨みを抱いているようでした。
秀と対峙する為に、千岳は鬼本来の姿に変じます。

『十鬼の絆』鬼の姿に変じる千岳画像


・・・え!
千岳は鬼の姿になるのが早いのね!
まだ六章よ!Σ(゚Д゚≡゚Д゚)
でも、格好良いなー。

その後、八千代と酒呑童子が現れ、雪奈と千岳は追い詰められますが、そこに千耶が加勢してくれると、酒呑童子達は去っていくのでした。


<七章>

宇喜多秀家に雪奈が見初められ(?)、自分の護衛にと誘われますが、千岳が「大事な奴だ」と断ってくれます。

・・・うむ。
千岳ももう雪奈ひと筋ね。
しかし、やっぱり雪奈は綺麗な女鬼なんだろうなー。
女装すれば絶対に似合うのに・・・!
千歳なんて初めて雪奈を見た時、「綺麗な女だなー」ってポーッとなったと思う!(`・ω・´)

小早川の陣へ急ぐ三成を、秀がしつこく襲ってきます。
雪奈に加勢してくれた琴浦爺が、秀の攻撃で倒れてしまいます。
雪奈に自分の力を授けると、琴浦爺は消えてしまいます。

・・・誰のルートでも、必ず翁達の誰かは亡くなるのね。(´;ω;`)ブワッ
辛いなー。


<八章>

琴浦爺の死に傷ついている雪奈を見て、千岳は里へ帰れと告げます。
千岳も誰よりも大切な雪奈を、これ以上危険な目に遭わせたくないと思っていました。

・・・それが男ってもんよね。

しかし、逆に雪奈と千岳を案じてくれた三成と左近によって、雪奈は戦場に留まる事を決意します。
2人は再び互いを守り、決して死なない事を誓い合うのでした。

『十鬼の絆』千岳の背に寄り添う雪奈画像


・・・ほうー。
なんかキスとか抱き合うより、こういうシーンの方が互いを信頼しているのが伝わってきて良いですねー。
しかし、背景処理が綺麗ですねー。(*´д`*)

合戦当日、戦場で三成を狙った秀と対峙します。
千岳が鬼の姿に変じると、秀は【仙丹】の力で自らも鬼の姿に変じます。

・・・初めて秀の鬼姿を見ました!
そういえば、三成が【仙丹】について「恐らく協力な阿片の類だろう」と予想した言葉に納得しました!
確かに、阿片だったら一時的に尋常じゃない力を出す事が可能なように思います。
昔から伝わる不老長寿の薬なんて、科学的に見ればそんなものだろうと思いました。

雪奈の中で眠る琴浦爺の力を借りて、雪奈はその姿を鬼へと変えます。

・・・おお!
千岳ルートでも雪奈が変身したー!(・∀・)

『十鬼の絆』鬼の姿の雪奈と千岳画像


そして、2人で力を合わせ、秀を打ち倒すのでした。
三成から護衛の任を解かれた雪奈と千岳は、宇喜多秀家を守る為に合流します。
千岳は自分の心臓の位置に雪奈の手を置くと、
「秀家を無事に送り届けたら必ず迎えに行くから、先に八瀬の里へ帰っていて欲しい」
と告げます。

『十鬼の絆』約束を交わす千岳と雪奈画像


雪奈が里に戻ると、八瀬姫は目を覚ましていました。
その後、千歳や千耶、秦が皆無事な事を知り、雪奈は安堵します。
酒呑童子や八千代は死んだという事です。
しかし、千岳からは何の連絡もありませんでした。

月日は流れ、季節は春になっていました。
千岳と別れてから半年が経っていましたが、千岳が迎えに来てくれる事を雪奈はひたすら待ち続けていました。

八瀬姫に告げられ里の入り口へ向かうと、そこには千岳がいました。
あれから八千代を討ち、天霧一族は宇喜多秀家と共に千歳の里に住んでいるという事です。
ようやく落ち着き、雪奈を嫁にする為に迎えにきたのでした。
迷う事なく雪奈は頷きます。

『十鬼の絆』口付けを交わす千岳と雪奈画像


・・・一番の年長さんなのに、接吻は最後の最後までなかったわね!
いやー、これぞ乙女ゲーというか、ピュアなカップルを見せて貰いました!(*ノε`*)ノシ
って、あれ?
そういえば、何で千岳の角は片方折れているの?
本編中にその理由は出て来なかったのですが、出来れば雪奈に突っ込んで貰いたかったです!

三成も最初の頃は千岳と雪奈に冷たく嫌味な態度でしたが、最後の方は信頼関係を築けていたのか、とても優しく良い人になっていました!(´;ω;`)ブワッ

千岳のご褒美スチルは大人の男って感じで渋いです!
手に持っているのは・・・握り飯?

『十鬼の絆』千岳ご褒美スチル画像


千岳ルートのプレイ時間は、6時間20分でした。
ジャンル:
その他
キーワード
宇喜多秀家 ファクトリー クリエーター (・∀・)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「十鬼の絆〜関ヶ原奇譚〜」秦ル... | トップ | 「十鬼の絆〜関ヶ原奇譚〜」千歳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。