桜子の † 智天使工房 † 

カラーセラピストでメタルスミスの私が歩む日々。
みんながハッピーになれるものを作りたい。

最良のダイエット#1

2016-10-25 00:02:19 | スマートエイジング

あれでもないこれでもないと、理想的なダイエットを研究し続けてきたウン十年あまり。

可能な限り続けたいと思えるスポーツに出会えたお陰で、自分の身体と健康状態をどう持って行けばよいかが明確になりました。

筋肉は増やす。
体重は軽く。
持久力は保持する。
男じゃないので、ある程度の皮下脂肪は維持。
(ちなみに、皮下脂肪はホルモンやある種のサイトカインを作る臓器であり、大事な組織なのである程度は必要)

栄養不足ですぐにバテてしまうのが一番嫌なので、それを考慮すると、三大栄養素のタンパク質、脂肪、炭水化物を絶妙なバランスで摂ることがよいのでは?
当然、ミネラルやビタミン、食物繊維は多く摂る。

そういう基準で食事をしています。

考えてみれば、何の変哲もない基本的な組み立てですが、昨今流行りの低糖質や低脂肪の食事というのは、正しい知識を(現時点でね)知っておく必要があるので、今のところは重要視しておりません。

少なくとも炭水化物に関しては、グルテンを摂らないことの方が大事になっています。

グルテン抜きをしたら、やはり今まで悩みの種だったアレルギー反応がかなり軽くなったので、私には正しい選択だったと思います。
小麦でなければ米!と思っても、実はお米も危険という研究者もいたりしますので、結局糖質制限的な食事になってしまいがちですけど、うちではお米とキヌアを主食にしています。
可能な限りオーガニックのものを選びます。

バランスとしては「なにをどれだけ食べたらいいの?」のようなガイドなどを参考にして、自分の体格や運動量、あるいは生活スタイルなどから、それぞれの食物群の割り振りを決めています。

糖質も脂質も、恐れずに決めた分(可能ならカロリーを計算して)はちゃんと食べます。

今までの考え方や経験から、恐れずに食べるというのはなかなか難しいですが、続けていると体重だけでなく、体の調子などの変化を感じられるようになります。

お腹が空いて、つい間食(;´・ω・)ということがなくなるのです。

ひと月と3週間で1.6kg落ちました。
体重は目安にはなりますが、目的ではありません。

でも、やはり軽くなると快調です。

次回は、食べ物の質について書いてみたいと思います。

なかなか更新できないので、気長に待ってくださいませね┏○ペコ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現時点で最良のダイエットとは? | トップ | 最良のダイエット#2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スマートエイジング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。