☆さくねっと☆彡

☆さくねっと☆彡は、ただ日記です(=゚ω゚)
落書き帳みたいな日記で、ごめんね♪
グラブル引退の為 記事削除しました

イケメン剣士とモフモフさん

2017-02-05 | さくねっつsevens
前回のあらすじ……

なんか悪魔が蘇って、町娘の身体を奪い主人公を追い詰めるけど、イケメン剣士がキタ!

だいたいそんな感じ♪

颯爽と現れた剣士ルドベキア!
主人公と森の精霊アイビーが懸命に戦っても歯が立たなかった悪魔マリアに、ガンガン剣撃を決めます!
簡単に例えるなら
激つよ!

とどめの一撃まで追い詰めた時、マリアをある者がかばいます!
それはアニスの恋人でした(たしか💦)
「姿は悪魔になってしまったけど、そいつはアニスなんだ」
そこでアニスの自我が目覚め、悪魔マリアは困惑します

「お願い…この怪物を倒して……」

ルドベキアの剣撃とアニスの抵抗により、悪魔マリアは突如増援に来た主人公の友人(悪魔に身体を奪われている)に九死に一生を得て撤退します
しかし残念なことに、アニスとベックは亡くなってしまいました…
2人の亡骸を埋め、町へ戻りすべての事柄を伝えると、町長はうなだれ悲しみますが同じ悲劇を繰り返さないよう、剣士ルドベキアに話すとーーー

「主人公の力が必要だ」
と話し、彼女にこの先辛い戦いや試練があっても乗り越えられる気概があるか尋ねます

悪魔に身体を奪われた友人の為、今回の悲しいことを起こさない為にも、新たな一歩を踏む決意をルドベキアに伝えます
それを聞き届けたルドベキアは、自分の拠点である城へ主人公を連れて行くことに・・・
しかし主人公の住む町から城までは、数々の山を越えなくては辿り着けません( ;∀;)
それを笑うルドベキアは、ひとこと
「来い!グリフォン!」
すると空からデカいモノが飛来してきて……
「た、たいへん💦」
と思わぬ怪物の襲来に、驚く森の精霊アイビーと主人公

「グリフォンは初めて見るのか?」
と笑いつつ、この背に乗って城へ戻ることを伝えます

住み慣れた町から、新たな冒険へ向かう主人公たちーーー
グリフォンの背に乗り、空高く飛び立ちます(=゚ω゚)ノ


城下町へ着くとルドベキアは城に用があると言い、用事が済むまでの間、城下町を部下のガーベラに案内させます
いままで見たことのない賑わいに、目を奪われつつ歩く3人(1人は飛んでるけど)
すると木々が揺れ、何かが目の前に飛び出しーーーー

いきなり謎の生物に主人公は襲われます!!

なんだかわからないけど、モフモフはやる気満々です!

しかし主人公には敵わず、背中に背負ったカゴからリンゴを差し出します
ガーベラから、
「それは降参という意味だよ」
そう教えられた主人公は、優しく微笑んで近づいて 謎の生物と和解をします


ちょうどその頃城から連絡が入り、ルドベキアと会う時間となったことを知り城へ向かう3人……が!

謎の生物と仲良くなった主人公は背中に乗せてもらい、城まで結構な速度で走って向かいます
つか、乗り物だったんか……

城へ着いた主人公はルドベキアと再会し、話をしますが・・・・



と、毎回ちょこっとづつ更新していくスタイルのセブンスダークですが・・・
とにかくCGシーンが多くて演出はオンラインゲームがToS以外知らない私は、ビックリの連続です(;゚Д゚)
しかも派手に動き回るし、CVもいい感じに盛り上げてくれます♪

ただ2D絵とCGとのギャップが・・・(なぜかCGの方がカッコイイ&かわいい)
あとアイテムがゴロゴロ入手できるのですが、すぐ荷物が一杯になってしまいどう対処すればいいか、少しわかりづらい点と、装備品が強いか弱いかが今一つ理解しにくいので、ちょと混乱しちゃいました💦
でもストーリーはサクサク進むし、主人公が敗北することがない(序盤だからでしょうけど)ので、快適プレイができます(=゚ω゚)ノ
それと他のプレイヤーさんのアバターが可愛くて、すごく気になってしまいました( ;∀;)

うん、可愛いアバターで遊びたいよね…
でもガチャなんですよー
ガチャってことは当然被るリスクもあるワケで、それで余計な出費はしたくないのが本音でして…💦
ソシャゲもネトゲも課金で運営が成り立ってるのは わかっちゃいるけど、単なるデータに数万とかつぎ込む気にはなれない…
ま、気が向いたら外見が変わってるかも?

そんな感じで、また次回♪

ジャンル:
オンラインゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« を?結構遊びやすいかも? | トップ | ええ、ブレブレですよー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む