さくねっつToS

このブログは、オンラインゲーム初心者がToSで遊ぶプレイ日記です(=゚ω゚)ノ
ネタバレありなので注意!!

イエェェェェェェェ!!【ビスティス!!】

2017-04-20 | とす日記
最近、ブログをまとめるのにSSが多すぎて…
日記がSSだらけ!!
になってるし、クエストはすべて終了しているので 3分割でひとつのMAPといった感じにしようかなーーと(*'ω'*)

あ、クエ終了してるからネタに困ってるワケじゃないんですよ♪
綴る気になれば、「ToSでこんなの発見しましたよ!」とかあるし

それにメインクエやサブクエが終了後、一部のテキストが変更されてたりと、結構細かな部分で発見があるくらいですから(=゚ω゚)ノ

でもdrdr長く毎回綴るより、さくっと読めた方がいいかな?と思いまして…

それとみなさま、毎回コメントありがとうございます(u_u)ペコリ
いただけるコメントの量が多いので、UPに関しましてはご容赦くださいませ
(ありがたく、毎回読ませていただいております)

それではToS日記…

エメット森を抜けた救済者は、再び紅葉彩る森へと足を踏み入れます
その森の名前は【ビスティス森】
エメット森から入ってすぐの場所に、女神像があるのでアイテム補充などに活用できる拠点にもなります

早速避難民らしき人が声をかけてきました

話を聞くと、どうやら深刻な食糧不足で食べるものがないとのこと…
さらにここの領主は2人いて、お互いにケンカばかりして避難民そっちのけで争い続けてると…

まぁめんどーだから、2人とも鉄拳制裁して避難民の中でまともな人が領主にでもなっちゃえば?
と思いつつも、腹が減っては戦はできぬというくらいですから、まずは食糧確保することにしました(あれ?一揆推奨してるな…)

早速リーフナッツの実を採りに歩いて行くと、別の避難民が困っている様子…
この際まとめて解決しちゃえ!とばかりに話しかけると、

最近モン助が増え、襲われる機会が多くて困っていると男性はいいます
しかも先ほどと同じく、ここの領主どもはお互いの領地について争うだけで、避難民には目もくれない状況とのこと

ならば自分の身は自分で守る、ということで「丈夫な木の枝」を集め、少し加工して武器にするつもりのようです

領主についている兵士も、あくまでも領主お付きのため、避難民の護衛はしない…
しかし落ちてる木の枝なんぞで、モン助と戦えるのかな?

とりあえず使えそうな丈夫な木の枝を集めてきましたが…

ですよねーーー
すぐ折れてしまうことぐらい、避難民もわかってはいるようです

唯一アドバイスをするとすれば、「世紀末救世主に関する文献」に、髪を真ん中だけ残し刈りあげた部隊が、「木の枝に釘を打ち込んだ武器」で戦ってたのを見た気がします(=゚ω゚)ノ
戦闘時には気合いを入れるため、
ヒャッハーーーー!!!
と叫ぶと、攻撃力+3ぐらい補正がかかるとか…

枝集めと同時に「リーフナッツの実」もたくさん集め、避難民の方に渡すと…

感謝の言葉のあと、
「お願いが…」
どうやらここの領主どもに取り合って、何とかして欲しいとのこと

避難民が直訴しようにも、護衛の兵士が邪魔をして取り合ってもらえないようです(u_u;)
「いいですとも!」
と応じる救済者に、

「ああ…ダメ元で言ってみて良かった…」
とお喜びの様子(*'ω'*)
「普通の人となんかこう…オーラが違うんですよ!わかんないけど!」

わかんねーのかよ!!

私が尊敬する、高田純次さんみたいなコトを言った貴女のため、バカ領主どもに取り合ってみますよ!
どうやらひとりはガンコオヤジ、もうひとりはお坊ちゃんとのこと
どっちも世間知らずならば、「うぅ~い! からの てりゃーい!!」と正座させ3時間説教する気概で、領主どもの下へ向かう救済者でした(; ・`д・´)

果たして領主どもに避難民の声は届くのだろうか!?


…と、今回は避難民をクローズUPしました!
ここでの騒動、ひも解いてみると意外に理解ある方と「あーダメね」という方とわかれるのですが…

ちなみにこの森で、巨大なボスは出現しませんので安心…したいトコですが、雑魚が強いので危険度は変わらずというMAPです(ノД`)・゜・。
主に「おつかいクエ」が多いかなぁ…
とゆーことで、次回は「ガンコオヤジ」領主を綴ります(=゚ω゚)ノ

では、またね♪


ジャンル:
オンラインゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くそぉ…くそぉ…【シーラ森】 | トップ | 権力!権力ぅ!【ビスティス森】 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む