さくねっつToS

このブログは、オンラインゲーム初心者がToSで遊ぶプレイ日記です(=゚ω゚)ノ
ネタバレありなので注意!!

発進せよ!!【ノブリアの森】

2017-05-19 | とす日記
「あなたは中二病ですか?」

コマンド?
 ▶ はい
   いいえ

全力で「はい」を選択する、ゆとりーなです(=゚ω゚)ノ
いいじゃないですか、他人から「痛いなぁ」とか「変わった嗜好だね」とか言われても!

私はそれも個性であり、誰しも「他人には言えない何か」はあると思うんですよ
それが表面に出てるか出てないか、の違いにしか思わないけどなぁ…

このブログも痛いブログながら、200回目指して書き続ける気でいますし♪
しかも気づいたら、「ぐらぶる日記」より長く書いてるし…

なぜいきなりこんなコト書いたのか?
今回の日記も特撮ヒーローの影響があるからなんですよ♪(実は特撮好き)

そんなどーでもいいことは これぐらいにして、帰って来たぜ!お花がキレイなエリア!!
第1回目は【ノブリア森】のToS日記です(=゚ω゚)ノ


順番は前後しますが、本来【エメット森】の後に訪れたのが【ノブリア森】でして…
エメット森に住み着いた怪物を撃退した救済者は、隣接するノブリア森へ足を踏み入れました

ここもエメット森と同じく立て看板がありました
「謎の疫病が発生しています 危険ですので立ち入り禁止」的なことが書いてあります(u_u)
しかし救済者は気にもせず、トコトコ奥へと進んで行き、2人の男性と出会いました

1人はツラそうな表情をしたまま意識を失ってて、もう1人はその側で手当てしていました

「可及的速やかに、この薬を飲め」
とばかりに いきなり薬を飲まされます(;゚Д゚)

どうやらこの土地には謎の疫病が流行りつつあり、目の前に倒れている男性も その疫病に感染してしまったようです

彼はプレイグドクターで、この地の疫病の解明にもう1人の男性と来たと言います
以前、パマル森にて発生した時も、プレイグドクターが解明に携わっていたので、広いこの世界で活躍する医師がプレイグドクターなんでしょうね
しかしそのマスターである、プレイグドクターマスターですら解明できず、辛うじて悪化を抑えることが限界という…

そのマスターからの依頼と、自身の持つ信念が彼をこの地を訪れる動機であり…

患者を救いたい!!
その志に心を打たれた救済者は、お手伝いをすることにしました(*'ω'*)

まずは大気中に流れる成分を吸収する試験液をアチコチに設置してあるので、それの回収から作業に入ります
要は感染源となるモノが、大気中に存在しているか?もし存在していたらどのあたりが多いのか?
それらを調査するためでしょう、たぶん

しかし回収した試験液には何も検出できなかったことから、大気中に感染源は存在しないことになります
続いての調査は「疫病感知石」を設置し、本来患者を見つける装置ですが 疫病の原因を突き止める逆転な発想での使用です
ただし結果がでるまで時間がかかるようなので、あくまでも設置のみ、が今回のお手伝いです(*'ω'*)

広い通りの「ノブリア十字路」に設置し、再びプレイグドクター(以下、名前のユグリナスと書きます)の所へ戻ると、

「次は植物から標本を採って調べてみよう」
植物がノブリア疫病にかかっているか?ひょっとしたら原因かも知れないから、標本採集ツールを使って この森の植物を採集することに
もうパマル森で調査したように、原因と思わしきものは片っ端から調査、現場百回というヤツです!

採集ツールをカバンから取り出し、何地点かの植物を採集してユグナリスへ持って行きました
すると…

残念ながら植物からは何も検出できず、一時植物の調査を打ち切り 今度はモン助から標本を採集することに…
しかしモン助の標本を採取するにはある条件が必要で、モン助に薬液をかけて採集しなくてはいけない(いつものパターンですね)
また薬液自体も、目の前に倒れている助手のシカスさんが所持&調査していたモノで、彼が疫病にかかった為 どこへ置いてあったか不明という…

まずは特殊な薬液探しからです!
薬液自体はすぐ見つかり、問題はモン助から採取です(u_u;)
モン助に薬液をかけてから倒せばいい、だけなのですが薬液の効果時間があり その時間内に倒さないと採取できません(またかけ直せば大丈夫ですけど)
それに相手は厄介なクゲリ族です(強いんですよ)
やっとの思いで採取し、ユグリナスへ標本を届けます

すると、何らかのオーラは感じ取れたようで、ノブリア疫病との関連は不明ですが調査する対象にはなりそう(*'ω'*)
苦労した甲斐がありました♪

さて、植物にモン助と調査に時間がかかったので、そろそろ先ほど設置した「疫病感知石」の回収をしに行きます
設置したノブリア十字路に差し掛かった時ーーーーーーー
異様な雰囲気をまとった何者かが、奥の方へ通り過ぎるのを目撃…!!

しかし追いかけるものの、姿は見当たらず とりあえず「疫病感知石」を回収し、ユグリナスの所へ戻ることにしました

ユグリナスに何者かが通り過ぎた話をしつつ、感知石を渡し 調査すると…

その感知石も異様な気を感知していましたが、肝心なノブリア疫病とは雰囲気は似てるものの、なんだか違うようで…
これも再調査すべき案件かなーーーなんて考えてたら、ユグリナスがあることを口にします

「そういえば、以前疫病神に関する話を聞いたことがあります」

人々に災いと不幸をもたらす闇の存在ーーー
「もしそれの正体が疫病神なら… それこそ危険かも知れません。接触しない方がいいかと…」
急にオカルト的な話になってきたなぁ…

しかし!救済者は魔王など人間を超越した存在すら倒す、別の意味で危険な存在です( ˘ω˘)ドヤァ
「んーー… とりま、ちょ見て来るわ! で、もしヤババなヤツなら、思いっきりポコパン決めてくるし」
とユグリナスに告げ、再び疫病神と思われるモノが向かった先へ…

広大な池に、きれいな景色…
ドドドドドドドド…と轟音をたてて滝が流れています
救済者は池の周囲を歩きつつ、先ほど見かけた存在を探していると…

ゴゴゴゴゴゴゴ………
なにやら地響きしながら何者かが出現しようとしています

ザバァァァァァァン!!


と滝の中から、先ほど見た異様な雰囲気をまとった者が出現しました!!
まさに発進シーンです!!

「あ、あいつは!」
「知ってるのか?ユグリナス!」
「うむ……」

その昔……野部理亜(ノブリア)という地に存在した秘密結社が、世界征服の為に愚理無利伊派亜(グリムリーパー)という異形の魔物を滝の中に隠したというーーー
※民明書房刊 「これでキミも中二病だ!」秘密結社の項より抜粋

まさに死神な感じ…てゆーか、フェディミアン近郊にいるホネホネオバケのデカい版じゃねーか!!
もう特撮でいう、怪物がやられた後巨大化するアレですな(・´з`・)~♪

そっちが特撮なら、こっちも特撮で対抗してやる!!
巨人のルーンがないので、モードチェンジ!!


…と、画像では雑コラで遊んでますが、実際戦う際注意点はヤツが放つ「カミナリ」に注意です!!
プレイヤーの立ってる地点周囲に、何連発か落雷させてくるので、立ち止まってると あっという間にHPが蒸発してしまいます💦
ただしカミナリさえ注意すれば、近距離型のプレイヤーでもガンガンスキルを打ち込めますので、敵の背後から攻撃して私は倒しました(=゚ω゚)ノ
ちなみにカミナリ攻撃中は、ぴょんぴょんジャンプしながら移動♪

無事疫病神を倒し、そのコアを入手!
それをユグリナスに渡すと…

なんと!ノブリア疫病の原因は、疫病神だった!!
その原因を討ち取りコアを回収したので、感染源は断たれ感染した患者はコアを使って治療できるというのです!!

救済者に礼を伝え、早速プレイグドクターマスターの元へ戻るユグリナスと、助手のシカスを迎えに来た兵士は去って行きました…

つか、単なるボスモン助が問題源だったのか!!

んで、後日プレイグドクターマスターの元を訪ねると…

こんな風に、会話が増えてますよ♪

ノブリア森の危機を救った救済者は、さらに奥へーーー
【ユデイアンの森】へ向かいます
そこで意外な方が、救済者を待ち続けていました(*'ω'*)
救済者を千年近く待ち続けていた者とは、果たして何者なのか!?
次回へ続きます


と、まぁノブリアの森では医学からのオカルトという、別な意味での展開に少々驚いてしまいました💦
途中、民明書房刊…というくだりがありますが、魁!!〇塾ネタを入れちゃいました(*'ω'*)
これ、実家の兄の部屋でよく読んだなぁ…
塾長が人間離れしてて、すごく笑った記憶があります(=゚ω゚)ノ
死んだ!でも生きてた!!というパターンが多かったのも印象深かったですねぇ…

え?ToSと関係ない?
まぁ日記というより雑記なので、そこはあまり気になさらずに♪
で、次回訪れる【ユデイアンの森】は、ある意味メインクエストにしてもいいのでは?と思えるくらい、ToSのストーリーに関する内容が…!
次回はキチンと綴りますよー(=゚ω゚)ノ

てなワケで、またね♪

※2017/5/21 一部修正しました ×【ユディアンの森】 → 〇【ユデイアンの森】
 2017/5/22 一部修正しました ×【レイグドクター】→ 〇【レイグドクター】
ジャンル:
オンラインゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クズ商人【アレンビック洞窟】 | トップ | うむむ💦【ユデイアンの森】 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む