さくさく

中居正広ナシでは1日が始まらない、終わらない。元気をくれるのは中居&SMAP。

2017/5/13「ON&ONAIR」鼻水の原因!?/スターの出ない時代「押し潰されちゃうよね」(by中居君)

2017年05月14日 06時21分03秒 | サムガ オン&オンエア 中居正広

<5月病になってませんか?スペシャル~>

 

 

 

中居 「 どうもこんばんは中居です。『さて、2020年の東京オリンピックのキャラクターをなんと全国の小学生の投票で決めようという案があるそうです。まず、最終的なキャタクター案を3つか4つぐらいに絞って全国の小学生がその中から選びます。』(笑)『小学校のクラス1つで1票。日本全国の小学校は2万以上。クラスは27万以上。最終的な結果は来年の夏までには決まるもよう』(笑)ってホントに?」

「案が出てる・・もう決まったの? 決まってはないの!?まだ・・いいんだけども、まあ どうなんだろうねぇ。 あのー、ほらエンブレムもやっぱりね、ちょっとトラブルがあったから、まあ今もうホントね、あのー ちょっとした言葉とか、ちょっとした言動、行動での、ね? 人間ミスあるだろう?とか・・人間ちょっと解釈間違えちゃったこともあるだろう・・ってことも ね?全部、なんか・・吸い取られ、うーん・・なんの悪意もないのにってものも でもね、うーん・・」

 

「そんなに人間は正しくなければいけないのかなあ って(笑)」

「俺なんかどっちかって言うと 公けの場で・・仕事 職場が公けなので。まあまあ、気を付けてる事とかありますけど。 もうホントに申し訳ないですけど、もうホントの 人の鏡になるような あのぉ 人間では無いってことは100も200も承知なわけで。・・困っちゃうよね。なんかボロが出なきゃいいなって だってボロボロなわけだから。」

「それでやっぱりほら、「ダメじゃないか、あんなこと言って!」とか「こんなことして!」とかって言われるけど・・・そんな人間ってさ(笑)・・ そんな完璧な人なんて世の中いるのかなあ?って。 ボロが出ないようにボロが出な・・ボロが出ないようにボロが出ないようにって言うけども、だってボロだらけなんじゃないの!?

「自分で気付いてればいいけれど、気付いてない事なんて多々あるし。 ね? だからぁ ちょっと話長くなるかもしれないですけど。やっぱりもう今・・うーーん・・バラエティの人もそうですし、役者さんも 歌の人もそうなのかなあ?・・えー・・まあ、作品、ね?も含めてかもしれないけど。あまりにもその好感度というか・・もう 無難な人にみんななんかちょっと・・ね? なんか、いい人でなければ・・いい人と映らなければ いい人と思われなければ  っていう・・やっぱタレントもやっぱ凄く なんか凄くそれを感じるんだよね~・・・。

 

「うーん・・だから、全くこう・・本音というか・・なんかホント・・口だけでなんか話しちゃってる感じってのは凄く・・もしかして、僕自身もそうなのかもしれないんですけどぉ。 個性豊かな人がやっぱり居なくなったな。それはね、もうビッグマウスじゃないけど・・やっぱり、僕は亀田三兄弟とか、まあパフォーマンス、ね?演出なんですよ。 自己プロデュースなんでしょうけど。ああいうの僕、好きなんですよ。 うん。どっちかと言ったら。」

「 「いっちょやってやりますよ、そんなの」つって 「ガツーン」つって。で、まあ試合になれば負けることもあるだろうし、負けたら負けたで調子ばっかこいてるからだと言われるかもしれないけども。でもやっぱ、エンターテイメントってそんなの。 でもみんななんかスゲーいい人なんだよな。 悪い人いなくなっちゃったね。」

「僕は、悪い人・・“悪い人”っていうか・・“悪い人”でいいのかな?そうやっぱちょっと好きだったり・・好きなタイプなんでですよ。なんか尖がってる人が。でもそういう人がいなくなてぇ むかーしとかやっぱり、歌手の歌の世界もお芝居の世界も、もしかしてバラエティの世界も 上の人、怖かったんだよね~。うん。 その怖さが良かったんだよね。ピリつく感じが。 今・・ねっ?・・僕がちっさい頃に、いくつぐらいの人・・「怖ぇな~」「ピリついてるな~」と思ってる人の年齢ぐらいになったんだけど、その感じが自分には無いな~・・とか、うん。 もちろん、カリスマ性が無いから、そりゃしょうがない。人間性というか。うん、そんぐらいの器というか、無いんだけども。」

 

「こーいう・・こーいう世の中になってくると、あのぅ・・スターが出て来ないですよ。 スター。うん。」

「これ、ホントにねぇ ちょっと前に感じたことなんですけど・・どーもちょっと今、押し潰されちゃうよね。

「押し潰されちゃうから、押し潰されないようにみんななんかこう・・ね?うん・・されてるな~って感じると、あー・・これどんどん、つまんなくなって行くな~って。 「よぉーし!じゃあ僕が立ち上がって」・・っていう程の僕はタレントでもないので。 ・・これはホントに・・スターがいなくなってしまうなぁ・・って」

 

「前もちょっと話したかもしれないですけど、あのぉ~・・まあ、僕は男性なんで あのー、ま、僕はおじさん・・いい、カッコいいおじさんになりたいな。前も話しましたけど、ね?自分の理想のおじさんなんていう風に掲げているわけではないのですが、やっぱりお芝居の世界でやっぱり渋~い きったなーい味のあるおじさんとか・・。僕なんかが小さい時、見てた時にやっぱり、ね?いらっしゃったんですけども。 今ね、やっぱり若いんだよね!おじさんが。」

「本来ならば、その年だったらば、おじさんやんなきゃいけないんだけど、みんなスマートで、顔がキレイで、っていうおじさんが増えて来ちゃってるから。なんか、白髪まじりの・・ねっ?ヒゲの生えた お腹の出てる・・なんかそんなおじさんが居なくなっちゃってるんだよね。うーん」

「・・だから分かんない、“タバコも吸わない”とか うーん・・食事制限するとか、トレーニングするとか。うーん・・エステ行くとか。 だから、ま、嫌がるかもしれないですけど、うん・・タバコを捨てて、口・・ね?ホワイトニングもせず、なんかヤニが残ってるようなおじさんが「いい芝居するな このひと」って思ってた時があったんですよ。若い時にね。そういう人もやっぱり・・うーん・・それイコールなんか・・すごーく好感度じゃないですけども・・まあ、でもどの世界でもそういう人が少なくなっちゃったな~・・それは残念だなと思いますよね。

 

「うん・・スターが出なくなってきてる。うん。」

「いいおじさんが居なくなってきてる。うん。」

「みんななんか清潔な人ばっかり、ですよね。うーん・・」

 

「出づらいよね、若ーい・・若いコ、今、じゃ20代。これから20代、30代になる人もうーん・・そうね、みんなどの人もCMキャラクターになってもおかしくない人ばっかりだもんね。うーん・・もっとなんか、ゴリゴリした人・・「じゃあ中居、オマエがやっぱりちょっと本気になってゴリゴリすればいいじゃないかよ」つってもね、俺、ゴリゴリ・・そんなねぇ うーん・・そのタイプじゃないんだよねぇー・・」

「だって、本来なら俺だって45に今年なるわけでしょ? 本来ならば、俺もちょっと ね?いい味出てればいいんだけど。ま、こんなこと手前みそだけど、やっぱりね あの~同級生とか会うともう、圧倒的に若いんだよね。同級生と並ぶと。 でも、特に・・じゃあ、俺何やってるのか?って言っても別に食事制限してるわけでもないし、エステ行ってるわけでもないし、肌ケアしてるわけでもないし、でもなんか・・もともとなのかね・・うーん・・ なんか、若く見えてるなーって。」

「でも、どっかで ・・まあ、でも司会やってるから・・芝居とか中心でやってるのとは違うのかな。 司会やってたりすると、ちょっとなんか・・あー 物によっては清潔感あった方がいいなって意識はあったりするんだけど。 “どーでもいいんだよ、清潔感なんて”っていう風には思ってなかったりするのかなぁ~・・」

 

「やー・・スターは出て来ないよ、ホントに。 今後、“大スター”・・大スター、出て来て欲しいねー。うん。」

「歌? (チッ)またこれぇ?・・「6枚目のアルバ・・ミュージックコロ・・シアム・・ぜっさん発売中・・」 なんかさあ、なんで俺に、これでこうかけようとするんだろう、コバヤシくんは。 キスマイでトゥナイト。」

 

 

 

 

 

曲:Tonight (Kis-My-Ft2)

 

 

 

 

~CM明け~

中居 「ハガキいきましょう。」

 

ハガキ 「中居君はカーテンを洗ったことはありますか?」

 

中居 「ありません! それも思った!この間「アメトーク」でエアコンを洗ったことがない、って言ってたのと同じように「あっ!俺、カーテンも洗った事ないな」って。でもねえ、・・ねえ?花粉ていつまで? 僕、軽い花粉症なんですけど、朝起きたら、鼻もうじゅるじゅるなんですよ。 で、もうホントにもっこりするぐらい、ティッシュペーパー・・になるんですよ。で、家に居る時、僕マスクしてるんですよね。 で、外出たら全然大丈夫なの。

これ、家だよね? 何やりゃいいんだろ(笑) エアコンかなぁあ?」

「空気清浄機かなぁ? 空気清浄機も俺、でも買ったんだよな新しいの。 新しいの買ってまだ1年・・とかなんだけど・・ま、吸い取ったこともないし、洗ったこともないんだけど。 でも、ずーっと赤いランプがずーっと点きっぱなしなんだよね。うん。だからかなあ!? カーテンって洗うの?洗ったらだって見えちゃうもんね?部屋ん中ね。 変なことできないでしょ?(笑)続いて。」

 

 

 

ハガキ 「自分で洗濯するものとクリーニングに出すものの境目はなんですか?」

 

中居 「あのねぇ あれ。僕の家には、アイロンが無いんですね。なんにも。アイロン台も無いし、アイロンも無いし、スチームみたいな物もなんにも無いの、アイロングッズが。だから、これアイロンかかった方がいいな~っていうの。 やっぱ、シャツになるね。」

「あれ、今日僕、白いシャツ着てるんですけども、この白いシャツは別にね、あの シワ・・洗った後、シワでもいいやつなんだけど。 あの~・・結婚式とかってちょっとシワじゃないYシャツがあるといいな~って。 だからそのYシャツは、うーんクリーニング出すね。 後は、シーツと枕・・枕カバーは、クリーニング出すかな。」

「って言うのも、枕カバーは別にいいんだけど。あの・・シーツをこう干す所が無いっていうのかな。 干すスペースっていうのかな。いや、バカでかい家なんですけど、干すスペースが無いんですよ(笑)あの・・ホント、無いんだよね。 僕、だから干してるのは、バスタオルとタオルと、Tシャツと靴下とパンツ。この5種類ぐらいしかないから。洗う物が。」

「服なんて洗わないよね? 洗う? 今日、俺 ブルゾンみたいなの着てるけど・・これ多分・・多分ですけど、一生洗わないね。うん。 だって、僕、今持ってる服でも買ってから、10年15年、20年コートとかブルゾンとか洗ったことが無い。 そんぐらいかなぁクリーニング出すの。 で、一回布団・・枕カバーとかあのシーツとか、僕2セットしかないので。だから全部、洗ってもらってクリーニング返ってきて、そうするともう・・新しくなったら僕は・・そろそろなんだよね。そろそろ夏物にしようかなと思うんで。いちおう、中学の時とか衣替えが6月だったので、6月ってのを守ってるのね。」

「で、6月になったら夏物にするの。で、それまでは僕まだ冬物ですからね。シーツもなんかもこもこしたやつ。一応、毛布もあるけど、僕はもう、足の方になんか・・もう固まってますけど。 これ、6月に替えて、7、8、9、10、11、12月までちょっとあれだなこれ・・前倒しした方がいいな。 5、6、7、8、9、10月いっぱいの6ヶ月に・・11月かそうだな・・ちょっと1カ月・・もうシーツ出そうかな。 続いてっ。」

 

 

 

ハガキ 「私はホークスファンなのですが、最近、川崎選手が戻ってきてどこのポジションになるかとても気になります。川崎選手も好きなのですが、今まで今宮選手や本多選手が頑張ってきたので複雑です。中居君が監督だったら、どうしますか?」

 

中居 「いや~・・これ、僕も・・複雑ですよ。うん。 複雑ですね~。川崎選手はセカンドもショートも守れて、今・・まあ、今宮の肩、守備力、ま、バッティングはね・・まあほんとパンチ力はもちろんありますけど、まあ2割5分6分でも今宮のショートの守備を考えたら、絶対、ショートは今宮なんですよ。 ま、本多選手は、足もありますし、まあ2番も打って・・1番2番、9番も打てますし、うーん・・なんせやっぱりね、盗塁王ですから。 川崎でも・・川崎、見たいなぁあ~・・・

「川崎、見たいんですよ。 そしたら、やっぱり・・左、左で考えると・・本多と替わるのかな~?・・併用になるのかな?・・あの~下にまだ城所もいるし、真砂もいるし、長谷川もいるんですよね。・・うん。あと上がって欲しい選手は、ジャイアンツで言えば松本選手、藤村選手。今、同じような足があって守備力がある選手っていうのがいっぱい出てきてるんで、ちょっと上げて欲しい。 じゃ続いて。」

 

 

 

ハガキ 「中居君のヒゲ剃りはカミソリ派ですか?電気シェーバーですか?」

 

中居 「電気シェーバーです。」


(ハガキの続き)「伸ばす予定はありますか?」


中居 「・・うーん 無いな。」

 

 

 

 

ハガキ 「WBCではあんなに活躍していた、巨人・小林捕手。なぜシーズンに入ると全然打たないんですか?」


中居 「 なんでだろね?・・これ、僕が分かったら、声かけてますよ。 「こうした方がいいよ」って(笑)」

「ちょっとね、そうだな~・・・あのぉ~捕手としてはホントに急成長ですし、日本を代表するキャッチャーになったと思いますよ。 バッティングね、うーん・・・よく言うじゃないですか、あのピッチャーはバッティングの練習はおろそかになりますんで、ピッチャーは打てない、ね?バッターボックスに入っても打てないと言われてますけども、でも、えー・・相手ピッチャーね、ピッチャーがバッターの時の投げるピッチャー心理は・・とは言え、バットを持ってるから何が起こるか分からないから、要注意しなければいけない。ねっ?」

・・小林もそうでしょぉ~・・バット持ってんだから。・・うん。まあま、一生懸命!やってると思いますよ。 ただ!・・もうちょっと頑張ってほしいねぇ・・

 

 

 

 

~エンディング~

中居 「さて、毎月お願いしておりますが、東日本大震災復興を目指して、皆さまからの応援が必要です。東日本大震災復興支援財団で支援金をお受けしていますので、ぜひともご協力お願いいたします。 また、平成28年熊本地震により、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。こちらは日本赤十字社を通して義援金をお受けしております。」

「ニッポン放送のホームページに「ON&ONAIR 復興支援のお願い」という記事がありますので、そちらをご覧の上、ご協力のほどよろしくお願い致します。」  ON&ONAIR 復興支援のお願いはコチラ

 

 

中居 「今ね、「新しいカーテンに買い替えればいいんじゃないか?」って。」

(なぜか囁き声で)「カーテンは高いっ!! ・・高いのッ!」

「あの・・なんだっけ・・完全、光を遮断するやつ。ゼロに。 僕ら、昼間寝る時もあるし・・だから、僕 あの・・裾が短いから、つんつるてんなんですよ。5cmぐらいね丈が短いのね、カーテン。そこはトラ・・トランクで・・とか(笑)BOXで隠してるんですけど。うーん・・高いのよ遮光カーテンって。 だって、1個・・1個、2個、3、4個ぐらいあるから。高いの・・ほんで、結局そうすると、次サイズ合わせたいのね。そうすると、例えば・・百貨店とかデパートとかで買うとね・・(聞こえない声で)高いのよ・・・

「ホントに。一回、オーダーメイドを試しに行って、「いくらですか?」って聞いてやめたのよ。 (笑)また来週」

 

 

おまけハガキ 「電話帳の登録は何件ぐらいですか?」


中居 「たぶんねぇ ちょっと前までっていうか 数えたこと無いんだけど。100件なかったんだけど、たぶん今、100件以上ある気がします。 また来週ぅ~」

 

 

 

ふふふ。
だからさ、5cmつんつるてんだったら、「遮光」じゃねえし「ゼロ」じゃねえし(笑)

そして、外に出ると鼻炎症状がほぼ無いのに、家に居るときに出るってのは・・あれだよね。スギ花粉よりもホコリ・チリ・ハウスダストだよね。っつーことは、季節性の鼻炎じゃないから。通年性じゃん!あなた!

自覚症状がないっていいワー、あなた。

朝っぱらから、モーニングアタックにやられて鼻じゅるじゅるですか?
カーテンはもちろんですが・・あの・・いっそのこと空気清浄機かけない方が部屋の空気キレイじゃないですか?中居さーん


最初の方のお話。
なにげに深い。そして、ホントに芸能界だけじゃなく、今、日本全体の問題点をついてるよね。
いっけん、自由のようで・・実は言いたいことも言えない、監視し合っているような・・窮屈な社会。

そして、テレビとかメディアは「言うべきこと」は放送されず・・どこかの誰かの規制がかかった「操作」された物が流されている。
怖い、ことなんだよ。
それを追求すべき立場のマスコミが・・どれだけ残ってるか・・実は、2016年のSMAP騒動と呼ばれたものは・・こういう大きな、大きな流れが・・・関係しているとずっと思ってるんだぁ個人的に。オリンピックはもちろん、それだけじゃない。・・オリンピックの件はさらにそのまた後ろにそれ以上の・・があるじゃないですか。・・本当に彼らの力だけではどうしようもないものに・・巻き込まれたんだと・・2017年になってひしひしと感じている日々なのです。

 

 

 SMAPの想いを継ごう つづけることの大切さ  BESTie 

アクセスしよう!中居君もいますよ~ KIRIN 氷結 公式サイト  氷結 あたらしくいこう   

『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は!『のどじまんTHEワー... | トップ | HAPPYと自由、そして平和☆彼... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む