新津本町毒舌家

新潟市秋葉区問題

中新田列車事故と踏切救助銀行員の死について

2017-04-19 04:14:21 | 日記
すべて歴史の検証なくしての変化はだめ。
新津松坂(内藤さん主催の松流?の見ていた時、お話していた
先代福王寺さまの「基本がわかっての変化でなければだめ」
と本物を見ていた時の言葉を思い出す。

中新田列車事故も、なぜ機関士、機関助手二人が乗車しながら、
あの長い直線機関でトラックの踏切内に気がつかなかった?
京ヶ瀬側から新津? 新津から京ヶ瀬方面?
当時、オフレコ状態?  結果、踏切廃止 地下道トンネル?で
解消している。(

夜間だから・・・今ならGPSで機関車が踏切に接近した場合、
照明がつくか自動車の自動ブレーキ作動のように踏切内に
人間が存在すればATS?が作動するようにJR等が
安全対策に投資すれば銀行員の死は無かった。
事故が起きないと…自動遮断機の機械の故障リスクも
忘れてはならない)


(銀行員の死は美談ではあるが結果のみ考えれば…。
この事故が全国の安全対策になってほしい。株主配当だけに利益を
使わないでもう一度、国鉄分割の是非を考えなければいけないと思う)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄道の街・新津鉄道資料館 3... | トップ | リテラより 森友問題は終わ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。