コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想

2010-06-26 15:36:13 | Angel Beats!(2010春)

 色々あったABも早いもので今回で最終回。音無達は無事死後の世界から消えることはできるんでしょうか。ラストの展開ではタイトルの意味も明らかになったりと、最終回も色々あって驚きました。
 これで6月の最終回ラッシュは一区切りです。今書けることは出し尽くしました…。もう満足して消えそう…。


 あれから3日後、目覚めたゆり。皆暖かくゆりを迎えます。そして音無達が消えない理由も明らかに。それはゆりを見届けるためでした。

「お前が残っているじゃないか」

 奏もクールにその理由を、ゆりの悩みが解けたからだと告げます。たじろぐゆりがかわいかったです。奏もゆり呼びに~。ゆりも友達が欲しいのかもとか思ったり。で、ゆりが名前を呼んでもらえて嬉しいと思ったのもそういう理由でした。

「だって、友達みたいじゃない」
「友達…そうね」

 最終回でようやく二人が仲良く…。1話の時点ではこうなると思っていなかったです。

 それから音無はやることがあると、ゆりをどこかに案内します。奏のガルデモの鼻歌が~。3話のあの曲ですね。
 また他のメンバーは成仏してしまったようです。

「他のみんなは?」「全員いったよ」

 卒業式の準備もしれくれたようでしたが、メンバー全員が消えるシーンもやってほしかった…。みんなの存在意義って…。あまりにも投げっぱなしであ然としてしまいました…。3日の間には一体どんなことがあったのか、気になるばかりです。

 ゆりと日向の会話。どうやらNPCになった高松もどうにか元に戻すことができ、成仏させることができたようです。ゆりの一言があまりにもあっさりすぎ…。

「へえ、そうなんだー」

 他の作品では絶対に通用しないんだろうなと思ったり。普通だったらここで直しが入ると思います。高松のことに関しても会話で済まされるなんて…。やっぱり尺不足だったんでしょうか。
 でもゆりがNPCになったら戻れないんじゃないかという考えを訂正するのはよかったです。

「思いの強さで
 いつか人に戻れるようにしてあったのね」

 まあよく分からない部分は残っていますが…。AngelPlayer関係の話ももう少しほしかったです。


 体育館。死んだ世界戦線卒業式。あの看板の文字は奏ということで納得。奏は卒業式がしたかったようです。直井のだから女は発言はやっぱり…。最後まで音無ラブな直井でした。
 ゆりは他の4人から、みんなが消えたらリーダーっぽくなくなったと言われます。肩の荷がおりたのかもしれません。音無の一言がよかったです。

「なんか女の子っぽくなった」

 EDの歌詞に繋がるものが…。ツンデレ炸裂で、ゆりは最終回にしてヒロインらしくなりました。ストーリーの進行があるとはいえ、もっと早くこのデレがきていれば人気も上がったんじゃないかと感じます。

 それから音無の司会で卒業式が行われます。どこかグダグダっぽいのがABらしいかも。奏が考えた校歌も歌います。校歌の歌詞にマーボー豆腐~!とても…シュールでした。奏、本当に好きなんですね…。音無に奏らしいと褒められて奏も嬉しそう。奏かわいい。こんなに笑顔が自然に…。本当に奏も変わりました。
 卒業証書授与。日向のカツラが~。ABだから自然に感じるんだろうなーと思ったり。他のアニメでやったら色々台無しです。


 後半。まずは奏から。音楽がいいのですが、かつらでやっぱり色々台無し…。かつらはとって欲しい…。ゆりの苗字も「仲村」で確定。卒業証書の内容が皆の思いがこもっていて良い感じでした。
 直井、そして音無。音無が日向にもかつらをとらせ、卒業証書を手渡します。日向ひでき…日向の下の名前も明らかになってよかったです~。なんとなくトラゼロで下の名前を呼ばれるのを嫌がっていた理由も分かったような。照れくさそうに卒業証書を受け取る日向が良い感じでした。そして握手。この二人に関しては他のキャラよりちゃんと描かれていた気がします。

 そうして音無の答辞へ。この話はこれまでのアニメのおさらいのようでした。音無は仲間・みんなと過ごした時間・みんなが前を向いてこの世界から消えていったことをを誇らしく感じているようでした。誰もいない部屋が切なかったです…。
 5人にも卒業の時か近づいていました…。そして予告のセリフ。


「みんなと過ごせて…本当によかったです。
 ありがとうございました。
 卒業生代表、音無結弦」


 皆拍手をして、礼。仰げば尊しを歌います。この歌が出てくると弱いです…。皆の力強さを感じましたが、直井の突っ込みで台無し…。最後はどうにかちゃんと締めます。この卒業式もちゃんと色々描かれていれば感情移入してみることができたのかな…と思います。

 奏が笑い、ゆりが笑い、皆も笑います。そうして卒業式は閉式へ。直井がまず先に旅立つことに。直井は音無の前で涙を流します…。

「音無さん…
 音無さんに出会えてなかったら
 僕は、ずっと報われなくて…
 でも…僕は…もう迷いません!
 ありがとうございました!」
「ああ。もういけ」
「ありがとう、ございます…!」

 直井は音無に見守られ消えていきます――。こうして直井もとうとう成仏。直井が消えるシーンは直井の過去話が描かれていたのもあって泣きそうになりました…。緒方さんの演技もまた良い感じでした。もしかしたら今回一番じーんときたのはこのシーンだったかも…。

 次はゆり。ゆりは奏へこれまでのことを謝り、そして家族の話をします。奏ともっと仲良くしているところも見たかった気がします。

「もう、お別れだね…」
「うん…」

 ゆりは奏を抱きしめ、別れを惜しみます…。そして別れの時が――。

「さよなら、奏ちゃん…」
「じゃあね」
「ありがとうな、ゆり。
 いろいろ世話になりまくった」

「リーダーさん、おつかれさん」

「じゃ、またどこかで!」

 そうしてゆりもゆりらしく清々しく消えていきました。ゆりらしい去り方でよかったと思います。ゆりが最後まで残らないのはある意味で斬新なのかもと思ったり。

 次は日向。自分から消えると決めます。日向は奏のことを残していけないと思った様子。音無がきたことで物語がはじまりました。

「色々ありがとな。
 お前が来なかったら、何も始まらなかったし、
 こんな終わりも迎えられなかった
 感謝してる」

 音無もここで日向に、自分が報われた人生を送ったこと、その記憶を無くしたからこの世界に迷い込んできたのだと明かします。音無がこの世界にきたのはどうやらその記憶を無くしたからだったようです。でも音無もこうして報われた人生を、この世界で知ることができました。音無はやっぱり生前に未練がなかったりと、特別な存在だったようです…。もう一度見返してこの話が後の音無と奏の会話に繋がっていることに気付きました。
 そうして日向も旅立っていきます…。

「まあ長話もなんだ、じゃ行くわ」
「うん、会えたらユイにもよろしく」
「おう!運は残しまくっているはずだからなー
 使いまくってやるぜ」

「おっし!
 じゃあな、親友!」

 そうして日向も爽やかに成仏していきます…。日向が消えて無性に寂しい気持ちになりました…。

 音無と奏。言葉を交わし、新しい人生へと踏み出そうとしますが、音無の提案でひとまず外に出ることに。外ではNPCが普通に部活していました。そして音無が思わぬ提案を奏に持ちかけます…。

「なあ奏、ここに残らないか?」

 音無はそう、ゆりや日向みたいな人がきたら自分達のような存在が必要なんじゃないかと奏に話します。でも奏はどこかそれがもうできないと分かっているようでした…。奏は音無の前を通り過ぎていきます…。
 そしてその後音無は奏へ告白――。

「だってさ、俺は奏のことが
 こんなにも好きだから…」

「好きだ」

 そして奏を抱きしめます…。7話ぐらいからそうなる気はしていましたが、やっぱり奏エンドになりました。始まる前はまさか奏と結ばれるとは予想していなかったです。
 抱きしめられる奏でしたが、奏は何も言わず…。どうやら消えてしまうのが嫌で何も言えずにいたようです。奏も音無のことが好きでした。ですが奏には音無に隠していることがありました。それは…

「だってあたしは、
 ありがとうをあなたに言いにきたんだから…」
「どういうことだよ」

「あたしはあなたの心臓で、
 生きながえることができた女の子なの…」

 と、奏が音無の心臓で生きながらえた子だということ…。二人には特別な繋がりがありました。音無がドナー登録して死んだ後、音無の心臓は生前の奏へと移植されたようです。最後の最後で衝撃の事実が明らかになってしまいました…。
 エンジェルビーツというタイトルも伏線だったんですね…。奏の心臓がまさしくそれでした。音無結弦という名前も音が無いということで伏線だったんですね…。結弦も奏の鼓動を繋ぐという意味があったのかも。
 奏の願いはただひとつ、音無にお礼を伝えること。

「ただひとつのあたしの不幸は
 あたしに青春をくれた恩人に
 ありがとうを言えなかったこと…

 それを言いたくて…それだけが心残りで
 この世界に迷い込んだの」

 これで色々また繋がってきましたが、これで更に今まで作中に奏の過去を暗示するような伏線が仕込まれていたら、更によかったのになと思ったり。そうすれば自然に受け止められた気がします。
 音無の記憶が戻ったのも、奏の心臓=自分の心臓の鼓動を聞き続けていたからだったようです。音無の記憶がないままこの世界に迷い込んできたのも心臓がなかったからなのかもしれません。未練がなくここにこれたのも心臓がなかったからなんでしょうか…。考えれば考えるほど色々出てきます。

 そして二人にも別れの時が…。挿入歌が素晴らしかったです。ここからの奏のセリフがきっとこの作品を通して伝えたかったことなんだと思いました。

「結弦、お願い。
 さっきの言葉をもう1回言って」

 拒む音無ですが、奏はそれでも音無にお願いします。


「あなたが信じてきたことをあたしにも信じさせて!
 生きることは素晴らしいんだって…
 結弦」
「奏…愛している。ずっと一緒にいよう…」


 感情移入はやっぱり過程が微妙だったので、できませんでしたが、奏の思いは切ないものがありました…。音無はちょっとあれかも。
 そうして奏ともお別れ。


「命をくれて、本当にありがとう…」


 そうして奏は満足して消え、音無だけが取り残されます…。残された音無はただ悲しむばかり…。

「かなで――!!」

 一体ここから音無がどう消えたのか、それは分かりません…。そうしてEDロールへ突入――。歌で泣きました…。皆集合図のゆりと奏の表情に和みました。こうなってよかったです。
どんどんキャラが順番に消えていく演出は無性に寂しかったです…。

 そして最後に残された音無も消えて……

 エピローグ。ある街角。奏と音無らしき人物がすれ違い、また出会う――というところでABは終わりを迎えます。ABらしいさっぱりとしたエンディングでした。


 こうしてABも最終回を迎えましたが、終わった今はまだどう考えればいいか分からないことが多く、頭が真っ白状態です…。奏の過去やタイトルの由来が分かったこと、音無の名前に意味があったこと、物語が終わった事はよかったと思いますが、それ以外はイマイチな感じが…。今の時点では評価は40点というところでしょうか。やっぱりそこに至るまでの過程が納得できない部分が多いです。

 とにかく残念なのが、音無と奏以外のキャラの過去話や物語の裏側的な部分がほとんど投げっぱなしで終わったことでしょうか…。(AngelPlayer関連のこととか)ここまでやってそれはないんじゃないかと…。
 結局、今までの仲間達との交流話はなんだったんだろう…と思うばかりです。ガルデモも結局必須なものではなかったような気がしますし…。サブキャラがないがしろになっているのが一番この作品で残念な部分でした。やっぱり1クールにしてはキャラが多すぎたのかも…。

 全体を通してみるとやっぱり満足のいくものではなく、制作側の自己満足で終わったような気がします。でも画や音楽などその面は高クオリティだったと思います。
 やっぱり問題は脚本にあったと思います。これは麻枝さんがこういう短い話ではなく、長い話向きな方ということもあったかもしれません。2クールだとまた違った印象になったかもしれません。麻枝さん一人では大変そうですけど…。
 あと麻枝さんがアニメ脚本をやるのが初めてということもあったかも…。スタッフで脚本の推敲とかしなかったのか謎に感じる話もありました。脚本はやっぱりこれまでのKey作品のアニメのように、誰か他に脚本をまとめる人がいたほうが良くまとまったんじゃないかと思います。とりあえず7巻の番外編に期待しています。


 あとABトラックゼロも読みました~。CLANNADの時同様、相変わらずごとPさんの絵が綺麗でなんか絵だけで満足です。
 読んでみて麻枝さんの作品はやっぱりゲーム向きなんだなーと感じました。テキストで読むとキャラの独白とかがあって話に入り込める気がするのですが、アニメではその辺不利なのかな…と感じました。
 トラゼロは本当に日向が主人公という感じが。熱いです。奏が天使と呼ばれている理由が分かったり、チャーの過去とかも明かされたりしたのはよかったです。でも話がこれから!というところで終わっているのが…。いつか続き読みたいです。に、しても大山は過去に一体何が…?

 あとAB絵描いたので、もしよければ見てやってください。気合は無駄に込めました。


 ブログ記事 pixivのページ


 こうして放送が終わった今気になるのはCLANNAD感想に毎回コメントをくださったあるお方の意見でしょうか…。どうABを捉えて見ていたのか気になっています。もし気が向いたらコメントくれたら嬉しいです。このブログが続いている限り、待っています。

 色々ありましたがこの3ヶ月間、ABを見たり、感想を書いて見たりするのは何だかんだで楽しかったです。ABのおかげでブログをやるモチベーションも上がったり、感想を読んでくれる人が増えたりと感謝しています。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。


 ではこれまで感想を読んでくださった皆さん
 ありがとうございました~。

 

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化物語 第15話( 最終回)「... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ガイル)
2010-06-26 20:01:40
こんばんわ

なんというか、酷い最終回だったなぁと。5人以外の扱いがホント酷いと思いました。彼らは、一体なんだったの?
竹山なんか前回も出なかったし。まぁ、キャラの扱いが悪いのは前回もそうでしたけど


高松も成仏出来たっていうのもあっさりしすぎでもう少しどうにかなったのではないかと思いました。

奏が音無に助けられてたというのも数分で済ますものでもないです。というか、音無が先に死んだのに何故奏が先にあの世界にいたのでしょうか。音無が来る随分前からいたみたいですが、その辺りの説明も無し。

やはり、1クールでは無理がありましたね。2クール以上ならどうにかなったんじゃないかと思いました
第13話観ました。 (ひらがなでことみ)
2010-06-26 22:48:03
こんばんわ、ソウキさん。
なにかあっという間の最終回でしたね。
奏と音無の繋がりも分かりましたし。
やはり音無は奏の事が好きだったのですねー。
奏の作った校歌も良かったです。
それに今まで観てきたことでやはりメインは音無と奏だったのですね。
最後のED「一番の宝物」♪がかかりながら皆が1人1人消えていくのは寂しいものがありました。でもゆりが笑っていて、奏が音無を見てるところは印象に残りました。

感想~
なんというか良い作品だっただけに、心残りな気持ちがありますね。今までアニメのKey作品はまとまりがあり、感情移入もでき泣けましたし、感動もありましたが、(京アニじゃないほうのKanonはアレでしたけど・・・)ABは話のテンポが早すぎて、やはり1クールでは無理があったのではと思います。せっかくのアニメですので奏の生前の過去とかも話だけではなく、映像で流してほしかったですね。あと各面々の描かれなかった過去と成仏するところもほしかったですね。
なにかさっぱりとした最終回だなぁと思いました。
あとは7巻の番外編が気になるところですね。
ソウキさん感想お疲れ様でしたー。

ではでは。
いろんな考えが巡る・・・。 (つき)
2010-06-27 00:44:08
今回でいろんな謎が解けると思ってました。TKの正体 クライスト 高松等・・。
しかし、みんなの過去が語られる事もなくて少しモヤモヤするところもありました。
「 3日後 」 この間の話がもっとしりたかった。みんながどんな風にして消えていったのか気になる。尺が短いからしょうがないとそんな話もあったけど、そうなんでしょうか・・・? ぜひ、番外編みたいな事してほしいです。奏と音無の関係性も
自分では想定外でした。音無が奏のドナー
提供者だったなんて・・・。語ると長々となってしまうからここで・・・。最後にA
Bは自分にとってはいいアニメでした
(悪い所も含めて。)
「じゃぁ・・またどこかで・・・。」
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-06-28 22:53:34
>ガイルさん

 ガイルさんコメントありがとうございました~。
 予想はしていましたが、いい意味でも悪い意味でもABらしいラストでしたね…。戦線メンバーのことに関して「全員行ったよ」で終わってしまったのはさすがにどうかしていると思いました…。ここまで見ていてこのオチはあんまりだと思います…。
 竹山も本当作中に必要な存在だったのか謎ですよね…。クライストと呼んでもらえればすぐ消えそうだったのに、それすらやらないとは…。高松のことに関しても省くべきではなかったんじゃないかと思います。まあその投げっぷりもABらしいといえばABらしいのかもしれませんが…。

 音無と奏のことに関しては他のキャラの扱いがあれだったのもあって、それよりは納得できましたが、矛盾している点も残っているようで。私も何故奏が音無より先に死後の世界に来ていたのか疑問に感じています。音無が死んだ後すぐにこの世界に迷い込んだとすれば、臓器移植し、延命した奏がこの世界にまだきているはずないですし…。次元が異なったとかそういう理由でもないと納得できないものが…。
 奏はまだ死んでいなかったりするのかな…と考えれば考えるほど謎ばかり深まります。番外編で少しでも謎が明かされればいいなと思いますが、無理でしょうか…。やっぱり1クールで終わってしまうのが惜しい作品ですねー。

 ではでは~。

コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-06-28 22:59:35

>ひらがなでことみさん

 ひらがなでことみさんコメントありがとうございました~。
 ABは本当あっという間に終わってしまいましたね…。2クール並の濃さがありました。色々納得のいかない話もありましたが、音無と奏が結ばれるというラストは、他のキャラより交流シーンが描かれていたのもあってしっくりきてよかったと思います。
 EDの一番の宝物はきましたね…。正直音無と奏のシーンはどこか冷めた気持ちで見ていたのですが、EDは泣きそうになりました…。

 この作品で残念だったことはひらがなでことみさんのいう通りだと思います…。私もこれまでのKey作品を見てきて感動したりしましたが、ABでは感動はできませんでした…。1話を観る前はクラナド以上の感動が待っているんだろうなーとか思っていたのですが…。せめて戦線メンバーが消えていくシーンはやってほしかったなと思います。消えるシーンがあったぶん、ガルデモの方が恵まれていたのかも…と思ったり。とにかく話だけが残念でしたね…。
 7話の番外編も楽しみですね~。一体どんな話になるのか楽しみです~。

 ひらがなでことみさんも色々おつかれさまでした。
 ではでは~。



>つきさん

 つきさんコメントありがとうございました~。
 私もTKの謎が少しは解けると思っていましたが、戦線メンバーに関することはほとんど投げっぱなしになってしまい残念に思います…。本当戦線メンバーが消える話やってほしかったです…。麻枝さんはこれでいいと思っているのかもしれませんが、この間の話が何故省かれたんでしょうね…。謎です。
 音無と奏の関係には私も驚かされました。タイトルのことも含め上手くまとまった気がしました。まあ矛盾点や謎は残っていそうですが、ここだけは綺麗にまとめてきたなーと感じました。

 私も色々ありましたが、こうしてABを追うのは楽しかったです。
 7巻に番外編があるらしいので、とりあえずそっちも期待していこうと思います。

 ではまたどこかで~。
あっというまの13話でした。 (ライブラ)
2010-06-29 22:52:49
ソウキさんの感想で、音無の名前の意味がなるほどと思えました。そして心臓がないことと記憶の関係についても。宗教絵画などでも、人の心を表現するのに心臓が描かれていたりもしますしね。
先に死んだはずの音無が、奏より後から、あの世界に現れたのは、奏の心残りが解消される条件として、音無が必要だったからかもしれません。
だから、奏があの世界を無事に去れたことで、音無は意外とスムーズに消えたんじゃないかと思います。
体育館での卒業式・・ぐだぐだですが、いい卒業式でした。さっきまで、そこにいたゆりっぺ達が次の瞬間には消え去っている、この作品でのシンプルな映像表現ですけど、なんかすごく「別れ」って感じがして、しんみりさせられました。そして、それだけに「うん。じゃ、またどこかで」ってセリフがほんと爽やかでした。

そしてソウキさんも、この作品の感想の数々、どうもご苦労様でした。詳細な内容で、ほんと読むのが楽しかったです。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-07-01 02:43:48
 ライブラさんコメントありがとうございます~。AB本当にあっという間に終わってしまいましたね…。色々ありましたが寂しいです…。
 音無の名前が伏線だったというのは驚きでしたねー。これまで観ていて音無の苗字はなんで音が無いんだろうと思っていたんですが、まさかラストの展開にリンクしているとは予想していませんでした。

 音無が奏の後にこの世界に来たのはもしかすると、ライブラさんのおっしゃる通り奏が関係しているのかもしれませんね。私も感想を書き終わった後、どういうことか考えていたのですが、それが一番ABらしい理由で、ドラマティックかもしれないなと思いました。奏の思いが音無をこの世界に呼び寄せたとかそういう理由なら納得です。是非その理由であってほしいです。これで理由がなかったら仲間がいつの間にか消えていた事実並みに悲しいものが…。
 音無が消えたのは話によれば、一人でこの世界にいても仕方ないという思いがあってだったとどこかに書いてありましたが、これも奏が満足して消えたからそう思えたんじゃないかと思いたいです。

 体育館での卒業式はグダグダなのがABらしくてよかったかもしれません。とりあえず皆が無事満足して消えることができてよかったと思います。ゆりとの別れのシーンもらしくて良かったですね。さっぱりしているのがかえって切なくなりました…。

 ライブラさんも色々お疲れ様でした~。コメントも励みになりました。ライブラさんのコメントで考え方が変わったシーンとかもあり、毎回参考にさせていただいていました。
今までありがとうございました~。ではまたどこかで。

 (ナナシノゴンベ)
2010-07-01 04:50:39
とても読むのが楽しかったです。ただ批判するだけじゃなく…いや、批判という言葉より柔らかい感じの言い方で僕と思った事が正反対な事でも素直に面白く読めました(^ー^)なんだかずっと読めちゃう感じが癒されますφ(.. )

それにしてもAB終わっちゃいましたね(ノ_・。)

確かに何かと比較をすれば全然と言った感じわしますが…


ABを単体で見ればとても良くできたストーリーに感じます。


スパンが短い事もあって感情移入できなかったり、他のメンバーの話しが無かったり、最終回の何とも言えない心残りのできる感じとかわ気になりまくりでしたがw


まぁきっとそれを補う事をこれから漫画等でするんじゃないかなぁって…


そぉする事によってよりアニメを引き立たせるんじゃないかなぁって…


そんな風に思ったりしています(願っていますw)


終わってしまった。。。 (抹茶*)
2010-07-03 20:33:00
はじめまして。抹茶*と申します。
AB!が始まってからずっとソウキさんの感想読んでいました。
私自身ブログの方でABの感想など書いているのですが
ソウキさんの文章はいつも1話1話内容の深いところまで書かれていて、自分では気づかなかった所や新しい解釈を知ることが出来てとても楽しめました。


最終回は期待していた分、色々と置いてけぼりにされた気分でしたね。
やっぱり他のキャラの伏線とか過去話をもっと掘り下げて欲しかったですねぇ。。。
最後に残ったのも音無と特に仲良かったメンバーだけですし。
とはいえ、SSSの皆がワイワイ騒いでいるのは見てて楽しかったし、羨ましくもありました。
これだけ言っててなんですがAB!は私の中で思い出に残るアニメだと思っています。
どれだけ批判されていようと、6話の直井を抱きしめる音無のシーンや10話のユイで感動したのは変わりませんから。
アニメで足りない部分を漫画やDVDでの番外編(?)で補えていけるといいですねー
AB!のたくさんのキャラ、私は大好きです!

今まで13話お疲れ様でした。
これからもアニメの感想など頑張ってくださいね!陰ながら応援しております。

ではでは長文失礼しました。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-07-04 17:09:15

>ナナシノゴンベさん

 ナナシノゴンベさん暖かいコメントありがとうございます~。AB感想はどうしても批判的な意見が多くなってしまいましたが、その分何故こう思ったのかをちゃんと書こうと心がけていたような気がします。ABは毎回予想つかない展開で、感想をまとめるのが大変な時もありましたが、楽しく書いていました。

 AB終わってしまいましたね…。こうして約1週間経って、寂しさを何となく感じ始めてきました。ABを追っていた時はなんだかんだで楽しかったです。
 ABは1話ずつ・部分部分で見れば確かに良い話が多かったんですよね…。それだけにキャラの掘り下げや繋ぎが曖昧になってしまったのが惜しいなと感じます。せめてその部分を他の媒体や番外編で補完してくれればいいですねー。これからABがどう作品展開していくのか楽しみです。

 ではでは~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話 「Graduation」 感想 (wendyの旅路)
別れという始まり―
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)『Graduation』 (リリカル☆スアラ)
ありがとうございました! SSS最後の戦いから3日後。ゆりを含めての最後の卒業式。 一番泣いてたのは、直江でした。 「これだから女は...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (空色きゃんでぃ)
最終回も天使ちゃんマジ天使でしたね! 最後はみんな揃って卒業式♪ 「開式の辞!これより死んだ世界で戦ってきた、死んだ世界戦線の卒業...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)「Graduation」 感想 (紅の終幕劇)
結局、どういうことだってばよ!!
『Angel Beats!』第13話 感想 (シュミとニチジョウ)
【あらすじ】 あれから3日。 未練が無くなったゆりが目を覚ますと、 そこには、音無、奏、日向、直井の姿が。 他の皆は成仏して行ったらし...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (シュガーライト)
最終回終わりましたが、とりあえず感想だけ書きます。 謎のままの部分が結構多い気がするんだけど・・・。 卒業シーンはギャグも混ざった...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (黄昏温泉旅館)
ささやかなエピローグ、という感じの最終回でした。 ゆりは前回で消えずに残り、合わせて残っていた音無たちと、戦線の卒業式をする事に...
「AngelBeats!」第13話(終) (日々“是”精進!)
  EPISODE.13Graduation(終)“ありがとう”の言葉。あれから3日後・・・保健室で目覚めたゆり。周りには音無たちの姿が。「まだお前が残ってるじゃないか?」だが、奏が、ゆりの抱え...
(感想)Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (aniパンダの部屋)
Angel Beats! 第13話(最終回)  「Graduation」 出会い、そして別れ・・・卒業するメンバーたち、また、会えるかな・・・? そしてこの気持ち・・・...
AngelBeats!第13話(最終回) 「Graduation」 (半ヲタの気ままな辛口ブログ)
今期「けいおん!!」とツートップの話題性だった「AngelBeats!」終了評価絵 15点話 14点キャラ 14点音楽 15点魅力 15点総合・73点※アニメ評価※詳細ページ感想・風...
Angel Beats! 第13話(終) (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.13 Graduation目を覚ましたゆりそこには音無、奏、日向、直井がいたあれから3日の日にちが経っていたすでに仲間達はこの5人を残して皆新しい人生...
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第13話(最終回) 感想「Graduation」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、最後まで残った音無、天使・立華奏、ゆりっぺなどで卒業式をやります。ラスト5には日向と直井もいますが、5人だけの閑散とした体育館で、校歌斉唱ならぬ隊歌斉唱します。隊長のゆりは隊の歌について一切関与していませんが、奏が...
Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】 (失われた何か)
Angel Beatsの意味がやっとわかりました。 そして音無=心臓(鼓動)が無いという意味も今更わかった。 さらに結弦=ゆずる=心臓をゆずるって事で...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (最終回) (破滅の闇日記)
Angel Beats! デスクマット(2010/08/25)キャラアニ商品詳細を見る 音無・ゆり・奏・日向・直井の5人で小さな卒業式。他のSSSメンバーはいつの間...
AngelBeats! 第13話 Graduation (極上生徒街-Anamorfosi-)
ゆりがデレた~そして、奏のキャラが微妙に違うw鼻歌歌うようなキャラだったのかw デレるなぁ  ちょw  校歌がw  なんか、実際にやってみるのを見てみると...
Angel Beats! 最終話 【最低のクソアニメ】 (KYARIYASの思考錯誤ブログ)
はいクソアニメ。 歴史に残るクソアニメ。 ゆりは地下での話はしないし 他の奴らはみんな消えていた。 キャラがかわいそすぎるだろ...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (ミナモノカガミ)
卒業の日。
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話(最終回)「Graduation」感想 (マナヅルさん家)
お前ら…歌うのか?
Angel Beats!・第13話 (新・たこの感想文)
「Graduation」 影の事件が収束して3日。意識を取り戻したゆり。そんなゆりの目の前には、音無、直井、日向、奏。「もう、思い...
Angel Beats! 第13話(最終回) 「Gradustion」 感想 (ひえんきゃく)
奏「あなたが信じてきた事をあたしにも信じさせて」 奏「生きる事は素晴らしいんだって」 今回で最終回を迎えた『Angel Beats!』ですが、何と...
Angel Beats! 第13話(最終話) (刹那的虹色世界)
Angel Beats! 第13話(最終話) 『Graduation』 ≪あらすじ≫ ゆりが謎の青年と決着をつけて3日。 ゆりたちを除く全員が卒業した世界で、ゆりは...
Angel Beats! 第13話 「Gradustion」 (きまぐれ☆しろうさぎ)
Angel Beats! 第13話 「Gradustion」 感想です 3日後、そして卒業式です
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第13話「Graduation」 (SERA@らくblog)
あぁ~麻腐豆腐~♪ かなでの作った線歌が酷い(笑) と言うことで、天使ちゃんの希望で卒業式です。 残ったのはもう5人だけとは寂しいで...
Angel Beats! #13(終) (桜詩~SAKURAUTA~)
【Graduation】 Angel Beats! -Track ZERO-著者:麻枝准(Key)販売元:アスキー・メディアワークス発売日:2010-06-23おすすめ度:クチコミを見る 生きる事は素晴らしいんだ・・・ 
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想 (とっくりん)
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 どうしてもハッピーエンドにさ...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想 (イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!!)
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想       このアニメもとうとう最終回になっちゃいましたね。   最後は見事に泣かされました...
Angel Beats ! Episode 13(最終回).『Graduation』(感想) (アニメ-スキ日記)
ヒロインは奏だったか! 奏のドナーが音無だったとは意外な結末でしたw 感動のED
Angel Beats! 第13話 Graduation (つれづれ)
 卒業式。手作り感覚がいいですね。
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 (*桜日和のお茶会*)
今週も「Angel Beats!」始まりました! 前回影の戦いに勝利したゆりは寝込んでしまい 今回はゆりが目覚めたところから始まりました。 ...
「Angel Beats!」13話 Graduation (蒼碧白闇)
SSSの卒業式。 5人だけの手作り感溢れ兼ね役もある卒業式はなかなか面白かった。 奏の戦歌の作詞は戦歌というより麻婆豆腐の歌だった。麻婆...
Angel Beats! 第13話感想 (アニメを考えるブログ)
 うはあ、そうきたか…    記事タイトルにサブタイ入れると時々トラバが飛ばなくなるので省略。    今期の中で最も心待ちにし...
Angel Beats! 第13話(最終回) 「Gradustion」 (リリカルマジカルSS)
今期最大の注目アニメ?もいよいよ最終回! 天使ちゃんマジ天使もこれが書き納めです(つ∀`)
『Angel Beats!』#13「Graduation」(最終回) (ジャスタウェイの日記☆)
「あなたは校内において、 みんなのためにがんばりぬいたことを証します」 一人ラスボスもどきと戦ったゆり。 目覚めたのは三日後だったが...
Angel Beats! 第13話 最終回 感想 (荒野の出来事)
 Angel Beats!   第13話 最終回 『Graduation』 感想  次のページへ
Angel Beats! 第13話 最終回 「Gradustion」 (中濃甘口 Second Dining)
そして、二人はまた出会う・・・ 最後の最後に明かされたギミックにはちょっと驚いたさ・・・ という事で麻枝さんらしいラストなAngel Beats!...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」&シリーズ感想 (妄想詩人の手記)
最後まで想定外だったなぁ^^ いや、面白かった
Angel Beats! 最終回「Graduation」 (明善的な見方)
Keep The Beats!いい音楽、楽しい笑い、みんなに愛されたTKw そんな作品だったこのアニメも今回で最終回。 驚愕の展開でした!!!
■Angel Beats!【EPISODE.13】Graduation (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
Angel Beats! #13の視聴感想です。 卒業式。 涙。 告白。 唖然。 新たな人生。 生きることは素晴らしい。 ↑さぁポチッとな
Angel Beats! 第13話 「Gradustion」 (最終回) (ムメイサの隠れ家)
乙女なゆりっぺ降臨! やっぱり先週の新世界の神な顔よりもこういう表情が見れるほうがいいな(笑) トイレまで映されたりといろいろ不遇では...
AngelBeats!  全13話 (にき☆ろぐ)
さて、色々と話題になっていた作品ですが見終わったので感想をちょっと辛口になっているので読む場合はお気をつけてまずは色々ともったいない作品であり、アニメ作品としては微妙だ...
【アニメ】 Angel Beats! 第13話(最終回) 「Graduation」 感想 (この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)
全員逝ったよ ひゃっはー! Angel Beats! 第13話(最終回) 「Graduation」 の感想です。 卒業(2009/03/04)長渕剛商品詳細を見る
AngelBeats! 第13話 『Graduation』 感想 (メルクマール)
かつてないほど重いテーマを、時に軽やかに、時に感動的に描いた作品の結末。AngelBeats! 第13話 『Graduation』 の感想です。
Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終回) (のらりんクロッキー)
最終回でゆりっペを初めて可愛いと思った(ぇ 天使ちゃん見たさに完走でしたが、うまくまとめたなと。 最終回が一番良かったですね。 毎回こうだとよかったのになあ。 あえて難解なストーリーにしたのかね。 最終回で評価がガラリと変わりそう。 商業的には成功...
Angel Beats! 第13話 「Graduation」-最終回- (さや☆ねオフィシャルブログ)
ついに終わってしまいましたね・°・(ノД`)・°・ 「命をくれて、本当にありがとう」 まさかあのドナーカードがこんな展開になっていくだなんて思ってなかったし、すごく感動した!! 成程、エンジェルビーツってそういう意味だったんですね(`・ω・´)...
Angel Beats! -エンジェルビーツ-EPISODE.13『Graduration』《最終回》 (風庫~カゼクラ~)
『あなたには心臓がなかった』 最終回にして明かされた奏の“未練”。その後の音無に関しては 想像せよでいいのか、ラストシーンで結末とすべきか。 賛否両論飛び交ったAngel Beats!ですが、先を予想したり天使に萌えたり 結構楽しんでた印象ではあります。 Crow Songア...
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (記憶のかけら*Next)
五人だけの卒業式
Angel Beats! 第13話 (何気ない一日)
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:木村良平 N...
Angel Beats! 13話 「Graduation」 (穹翔ける星)
今ここから始まる物語
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 <終> (ゆる本 blog)
影との戦いから三日が経過した「Angel Beats!」の最終第13話。 ネタ「格闘中」もどうぞ。 保健室のベッドの上で目を覚ますゆり。 音無、日向...
Angel Beats! 第13話(最終回) 「Graduation」 (Moon of Samurai)
 俺はこれまで『Angel Beats!』は二クールでやるべきだと思っていました。全十三話ではSSSのメンバー全員の過去を描いたうえでかれらを満足させ...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (全て遠き理想郷?なブログ)
おい、なんだこのゆりっぺ!?めちゃくちゃ可愛いぞ!! 今までずっと葛藤していたものからやっと解放されて肩の荷が下りたのか、一気に...
AngelBeats! 第13話(最終話) 「Graduation」 (光速アニメ感想記)
さよなら、死んだ世界戦線。
Angel Beats!第13話『Graduation』 (アニメ好きのケロポ)
“ありがとう”
AngelBeats #13「Graduation」 (生涯現役げーまーを目指す人。)
総評!リカイフノウデスおかしいな。毎回きちんと見ていたはずなのに、毎週毎週、一話飛ばしてみたような感覚を受けていた。ぶっちゃけ、俺らは13話だと思ってるけど実は52話くらい放...
[アニメ]Angel Beats!:第13話(最終回)「Graduation」 (所詮、すべては戯言なんだよ)
それはすれ違っただけで、長くも短い幸せだと感じる時間。
Angel Beats! 第13話 「Graduation」  (物理的領域の因果的閉包性)
ありがとうは言わないで...
Angel Beats! #13(最終回)「Graduation」感想 (群青パレット)
死んだ世界戦線卒業式 つまりSSSSか、なんかSがハンガーに見えてきたよw Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (ひびレビ)
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 目覚めたゆりは奏から既に葛藤が無くなっている事を指摘される。リーダーっぽくなくなって、女の子っぽくなったゆり。最終回にして少しゆりが可愛く思えました(苦笑。岩沢さん最期の曲を口ずさみながら奏たちが向かった先...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (ひびレビ)
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 目覚めたゆりは奏から既に葛藤が無くなっている事を指摘される。リーダーっぽくなくなって、女の子っぽくなったゆり。最終回にして少しゆりが可愛く思えました(苦笑。岩沢さん最期の曲を口ずさみながら奏たちが向かった先...
Angel Beats! EPISODE.13 「Graduation」 感想 (起源風景)
影との戦いから三日後。5人を残して他のメンバーは消えて行った。 天使ちゃんが鼻歌歌ってる・・・ 最終回にして、ゆりっぺついにデレ期かよwww
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (Bubble Forest)
なんといえばいいのだろ・・・。 目覚めたゆりを待っていたのは音無、かなで、日向、直井達の四人。 ここのゆりっぺが今まで一番可愛いで...
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-1 (本隆侍照久の館)
-あれから3日後-
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-2 (本隆侍照久の館)
とことで、卒業式が始まる。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-1 (本隆侍照久の館)
僅かな余韻を残した後、最初に動き出したのは文人だった。
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-2 (本隆侍照久の館)
一般生徒が部活動に勤しんでいる。 そんな夕日射し込む校庭を見つめ、音無は奏ちゃんに話す。
Angel Beats!13話(最終回) (アニメ徒然草)
一体いつどこでお前らが師を仰いだっつーのよ。というわけで、「Angel Beats!」13話(最終回)好きな女の子と世界で二人っきり計画の巻。ゆりっぺが寝てる間に成仏という名のジェノサイ...
Angel Beats! 第13話(終) (ニコパクブログ7号館)
第13話『Graduation』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・卒業式ですか。
Angel Beats! 第13話  『Graduation』 (オタクな車椅子生活者の日々)
第12話の感想をすっ飛ばした言い訳は学校が辛いと簡単な言い訳をw すっごく簡単に12話に触れて書いてます。 Angel Beats! 第01話 Angel Beats! 第...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」 (隠者のエピタフ)
卒業、それは別れではありません。新たな旅立ちなのです。前に進むための一歩、それが卒業。
【Angel Beats! 最終話-Graduation】 (AQUA COMPANY)
心には溢れてる「ありがとう」。
Angel Beats! 第13話「Graduation」もう一回みてみよう、きっと「ありがとう」っていいたくなるさ(^ω^) (なんだかんだで漫画好き)
Angel Beats! 第13話「Graduation」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば とうとう最終回でしたね 今回は前回の続きから保健室で...
Angel Beats!第13話(最終回)「Graduation」感想 (星屑の流星群)
今は亡きプログラマーがセットしていたリセット機能による 影発生事件はゆりがプログラム通りに動いていたNPCもろとも 破壊する形で全てが終...
Angel Beats! 第13話(終) 感想 (ともくんのアニゲー日記)
#13 「Graduation」 様々な議論を沸かせた「Angel Beats!」も最終回。 初回見たときはゆりっぺを「ハルヒじゃん!」って否定的な発言をしていました...
Angel Beats! #13(終) (Shooting Star☆彡)
第13話『Graduation』  死ぬまでに~ 食~っとけ まーぼーどうふ~♪ 前半と後半のギャップが・・・  しかしこのアニメは奥が深か...
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想 (萌えよ日本人!)
Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想 最終回の感想ですが、半分は批判的な感想になってます。 本当に評価が難しく なかなか感想記事がうまく書けませんでした… 前回、ゆりは卒業せずに保健室で目覚めたけど、三日間も眠って...