コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 感想

2007-12-23 15:09:00 | 機動戦士ガンダム00 1&2期(2008-2009)

 今回からはマリナが王女のアザディスタン王国での内戦話に入っていきます。そしてそこにソレスタルビーイング等様々な武力が介入してきます。グラハムも久々に大活躍で、グラハムファンの方々必見です!!
 それもあって今回は今までの放送の中で一番面白かったです。刹那もようやく活躍しそうですし。しかしグラハムの活躍のシーンは笑いが止まりません!!今回はそこを中心にお送りします。


 始めはアザディスタンの反乱軍側のやり取り。反乱軍側は

「この国の土地は神に与えられし場所。
 その契約の地に異教徒を招き入れるなど。」
「改革派はいずれこの地をわしらからとりあげにきますぞ」

 とマリナ側の王宮の改革派への警戒を強めます。その中のリーダーは、

「おちつきなさい。教えに背いた王女と議会にはいずれ神罰が下されよう。
 我らは、神の報いを待てばよい」

 と戦うことを避けようとしている様子。でもそれでメンバーは納得せず神の名を出して反発します。と、そこに賊が侵入してきて、そのリーダーは捕まってしまいます。
 その知らせは王宮のマリナにも。リーダーであるマスー・ドラフマディーが、何者かに拉致されたと聞いて動揺気味です。でもいつものようにシーリンがマリナに応対。でもシーリンはマリナの不安を掻き立てるようなことばかりマリナに話します。

「議会はすでに、治安部隊の出動を決定させたわ。
 超保守派が過激な行動にでるのは時間の問題。
 そして万が一、マスー・ドラフマディが死亡しているとすると・・・」
「やめて!そんな不吉なこと!」
「考えなさい。最悪の事態を回避するためにも」
「最悪の、事態・・・内戦」

 その頃市街では既に暴動が起きており、事態は最悪な方向へと進みだしていました。改革派の象徴のであるマリナのポスターも剥がされ燃やされていきます。反乱軍が動き出しました。その動きはイオリアを調べている東京の絹江の元にも。絹江はいつものようにソレスタルビーイングが動くと読んでいるようです。
 一方ユニオン上空。1機のピンクの航空機が空に。・・・趣味が悪いなと思ってしまいました。乗っているのは誰かと思えば留美、紅龍、刹那、ロックオン。留美の趣味だと思いますが、何だか成金っぽい・・・。この作品の女の子はやたらピンクが好きな子が多いですね。留美はアザディスタンにいるアレハンドロと通信。国外へ退去するように言う留美でしたが、アレハンドロは

「この国の行く末を見守りたいのだよ。
 それに、君達がどう行動するか、この目で確かめたくてねえ」

 と何か企んでいそうな雰囲気。まあこの人らしいですね。そして今回一番浮いている沙慈サイド側。ルイス母に今度は沙慈がピザを配達します。ルイス母はこの差し入れにかなり嬉しそう。どうやらルイス母は物に弱いようです。そして今度はピザ屋沙慈がバイトしていること、両親を亡くしていることをルイスから聞いて、もらい泣き。

「ママ、沙慈はね、ご両親が早くに亡くなられて、
 今はお姉さまとふたりで暮らしているの・・・」
「まあご両親を。それでわざわざアルバイトして。偉いのねえ・・・」

 ルイス母、何だか流されやすい人なのかも・・・この話を聞いてルイス母は沙慈への考えを改めます。そして・・・

「よく見るとりりしい顔立ちをしているのね。」
「え、そうですか」
「似てるわ・・・」
「何に、ですか?」
「主人の面影がある」
「ないって!つかパパ生きてるし!」

 
 何だか沙慈を気に入り出しました。ルイスのツッコミが何だか漫才っぽい・・・。意外にもすんなり沙慈はルイス母に認められてしまいました。さて認められてしまった沙慈は今後どうなるのでしょうか。
 アザディスタンのマリナ。マリナはその頃自分が即位を決めた時の過去のマスー・ドラフマディ=ラサーとの別れの会話を思い出します。昔は親しい間柄だったようですね。ここではマリナのこの一言が印象的でした。

「たとえ新生アザディスタンの象徴、飾りの存在だとしても、
 私にできることがあるなら、やらなければと考えたのです」

 やっぱりマリナは自分が国のお飾りだと最初から自覚していたみたいですね。マリナは自分の決断をラサーは賛同してくれると思っていました。が、ラサーは反対に「ならば、私は反対の立場をとらせてもらおう」と告げ、こう語ります。

「よくお聞きなさい。マリナ姫。
 国が新しく生まれ変わろうとも、この国で暮らす民には歴史があり、
 家族があり、神の教えがある。変化を嫌うものも多い。私もそのひとりだ。
 あなた方に反対するものが争いを起こさない為にも、
 彼らの想いを受け止める存在が必要だ」

 ラサーはラサーなりにマリナ、この国のことを考えて動いているようですね。反乱軍にいるのも反乱軍を出来るだけ抑える為だったようです。でもこのラサーの言うことは最もなことであるのでしょう。難しい話でもありそうですが。今までで一番政治面が描かれている印象を受けました。
 マリナはこの時のことを思い出して「私のしたことは間違いだったのでしょうか?」と落ち込みます。と、そこにシーリンが。シーリンはマリナに状況が悪化してきていることを告げます。

「保守派は議会をボイコット。改革派はユニオンと秘密裡に打診された
 軍事支援を受ける方向で話しを進めているわ」
「そんなことをしたら超保守派を刺激するだけだわ。
 それに、どうしてユニオンが。この国を守ったって利益なんて」
「あるんでしょ、きっと」

 どうやら反乱軍を鎮圧する為にユニオンの助けを借りようとしている様子。そしてその中にはもちろんグラハム達が。ユニオンのメリットはやはりガンダムでしょうか。そのグラハム達は

「中尉。久しぶりにガンダムにあえそうですなあ」
「そうでなくては困る。」

 と自信ありげに会話。やっぱり目的はガンダムのようですね。今回の彼らの動きが気になってきます。
 その頃の刹那達。刹那・ロックオンは留美の飛行機で待機中。今回はアレルヤ達は出てこないようですね。まあ今まで主人公の座を取るぐらい出張っていたので今回はそれでいいと思います。今回は刹那に活躍してもらいたいですし。そういえば今回ロックオンの画に何だかバラつきが・・・。もう少し頑張ってもらいたいところ。留美達はこの状況に、

「アザディスタンの内紛を抑えるには、誘拐されたマスー・ドラフマディ-氏を
 保護し、全国民に無事を知らせる必要があります」
「とはいえ、この国の人々は異文化を嫌います。どれほどの成果がだせるか」

 と手を焼いているようです。と、そこで名乗りを上げたのは刹那。

「俺も動こう」

 刹那は「俺は、アザディスタン出身だ」と話し、いつになく自分から動こうとします。何だか主人公っぽい!ロックオンは刹那を心配しますが、それをよそに刹那はアザディスタンへ。

「刹那。アザディスタン出身だからって、感情的になるんじゃねえぞ」
「分かっている」

 街に来た刹那。刹那は昔の紛争を思い出しつつ歩きます。

『この国に、紛争を仕掛ける者達がいる』
『あんなこと、まだ続けるつもりなのか』

 でも待ち行く人からは不審な目線を浴びせられ刹那早くも危機の予感。途中水を売る少年と会話も。刹那のあいづちが何だか偉そうな気が。

「ねえねえ、族長にきいたんだけどさ。
 この世界にはすっごい高い塔があって、宇宙までいけるって本当なの?」
「ああ。本当だ」
「もしかしていったことある?」
「まあな」
「すげ~マリナ様が言ってたよ。いつか僕たちも宇宙にいけるって」

 生き生きと宇宙について話す少年。世界の各地によって子供の状況は随分異なっているように思えます。ここで刹那はマリナと前に会ったことを思い出し少し複雑な様子。ここで街の人に追い払われ刹那はその場を後に。
 その頃のマスー。マスーは捕らわれており

「どうにかしてここから逃げださねば。
 このままではこの国が動乱に戻ってしまう・・・」

 と焦ります。でも外にはアリーが・・・。簡単には逃げられそうにありません。そのアリーは、

「さあて。今回神はどちらを選ぶ?ま、どちらにしても戦争だがな」

 と楽しそうな様子。今回アリーもいるとなると刹那の状況が何だか大変なことになる予感が。激戦になりそうです。


 その頃のグラハム達。グラハム達は戦闘が起きているポイントを見つけそこへ向かいます。グラハムは

「いくぞ!フラッグファイター!!」

 と言い張り切っています。そこにはMSに乗るロックオンとアリーが―。その頃マリナは太陽光アンテナが破壊されたという知らせを受けていました。
 グラハムは部下達にアリーを追うように命令して、グラハム自身は「ガンダムは私がやる!」とロックオンの乗るデュラメスを。ここからが今回の山場です!!最初こそ余裕に

「おいおい、ユニオンはアザディスタン防衛が任務じゃないのかあ。
 やっぱり俺らが目当てか。狙いうちだぜ!」

 とグラハムに銃を向けるロックオン。しかしグラハムはこれをものともせず怪しい動きで(放送中どうしてもそう見えた)弾を難なく避け、グラハムも攻撃をしかけます!!その技名とは―

「人呼んで!グラハムスペシャル!!」

 ~!!ここで思わず笑い転げ、グラハムさん、あんた最高だよ!!と思わず心で叫んでしまったのは私だけではないはず・・・。とにかくおかしかったです。グラハムにはネーミングセンスというものがないのかも・・・。このグラハムの思わぬ動きにロックオンも、

「二度目はないぜ!
 ・・・俺がはずした・・・?なんだ?このパイロット・・・」

 と怪訝に思い始めます。それをよそにグラハムは尚も健在!

「あえて言わせてもらおう!グラハム・エーカーであると!!」

 何だか変~。でもとにかく面白いのは確かです!何か久しぶりに黒田さんらしさを感じました。ロックオンも本気モードに入ります。やっぱり武器は銃だけじゃないようですね。

「俺に剣をつかわせるとは」
「身持ちが固いなあ。ガンダム!」
「こいつでも!何、受け止めた?」
「よくも!私のフラッグを!」

 身持ちが固いって、何を言っているのか~!!ロックオンの剣をプロペラのようなもので受け止めたグラハムですが、自分のフラッグに傷をつけられたとグラハムは怒ります。でもそれで更に動きに素早さが増します。いくら攻撃しても倒せないグラハムにロックオンも流石に参り気味なようで、

「このしつこさ、尋常じゃねえぞ!!
 ハロ、GN粒子の散布を中止、全ジェネレーションを回避に回せ!!」
「了解!了解!」

 と愚痴をこぼしてしまいます。ここでも笑いが~。と、2人の戦いは苛烈を極めます!

「たかがフラッグに!!」
「ガンダム!!」

 が、ここで邪魔が入るのがこういう作品のお約束。2人のところに反乱軍のMSが王宮に向かったとの緊急通信が入り、グラハムは至急制圧に向かうようにと通信を受けます。この反乱軍の動きには王宮始め、留美も警戒します。アレハンドロ・リボンズは高みの見物。刹那は制圧に向かいます。ロックオンはこの知らせに

「クーデターだとよ、どうする?フラッグのパイロットさんよ」

 とグラハムの動向を見ます。グラハムもしばらくガンダムを前にして迷っている様子でしたが、

「ようやくガンダムと巡り会えたというのに・・・!
 口惜しさは残るが、私とて人の子だ!!」

 と、人命を尊重してなのかガンダムを今回は諦め、首都防衛の為に飛び立って行きます。と、ここで今回のバトルは締めに。今回はここが存分に書けただけで満足でした。放送を見ている時、ここは力を入れて書くと決めており、ここばかり何度も見返してしまいました。そのたびに笑ってしまうという・・・。
 やっぱりグラハムは最高だと思います。そして変態であると・・・。あの動きとしつこさは誰も敵わないと思います。でもガンダムなら何でもよさげなのはちょっぴり残念だったかも。でもロックオンの反応が面白かったので、これはこれで良いのかも。

 その頃刹那は反乱軍のMSを次々と撃破していっていました。でもアレハンドロはというと

「力任せだ。ガンダムの性能に頼りすぎている。
 パイロットは刹那・F・セイエイだったか」

 と辛口。刹那の何かを見通しているようです。ガンダムで戦う刹那。その最中市街地で戦う子供達を見て、過去の自分と戦場を思い出していきます。そして子供達の死体を目にして過去のトラウマが蘇っていきます・・・。そして暴走気味な様子に・・・・・。

 ここで何故か東京でニュースを見る沙慈達の様子に。ルイス母はすっかり「アザディスタンってどこだったかしら?」と沙慈にベタベタです。安易すぎる・・・そして死亡フラグの匂いがしてなりません。と、それを見てルイスはたまらず「ベタベタしないで!」とやきもち。こちらは戦いの影響もなく平和ですね。今まで私は特に思わなかったのですが、今回ばかりは沙慈達の様子はいらないのではないかと思ってしまいました。まあ戦場と平和な街との対比であると思うのですが。このニュースは絹江の元にも。絹江はこの時期にソレスタルビーイングが武力介入をするのか疑問に思っている様子。プトレマイオスにも連絡が行きます。

 反乱軍が市外地に入ってきて酷い状況となっていく街。それを見たグラハムは

「信心深さが暴走すると、このような悲劇を招くというのか・・・」

 と呟きます。グラハムもこの惨状には辛そうな様子。グラハムのこういう人間らしいところは好きです。でもこういう問題は本当に難しい問題なのでしょうね・・・。一方アリーはこれから何かやらかしそうな様子。

「くそったれが。やってくれるぜ、ガンダム。
 お楽しみはこれからだってのによぉ」

 ここを聞いて思わず某作品のラッドを思い出してしまいました。何だか言っていることが似ているような。刹那との対決はあるのでしょうか。
 マリナはこのクーデターの勃発、そしてソレスタルビーイングの介入を許してしまったことに愕然とし、ショックでその場にしゃがみこんでしまいます。シーリンはユニオンの介入でクーデターは鎮圧されていると言いますが、それでもついマリナは弱気な発言を。そして泣き崩れてしまいます。

「でも、国民の心に怒りの炎を灯してしまった・・・。
 私のした事がこの国を戦いを導いてしまった・・・・・・」

 弱気になるマリナ。でもここでマリナを叱咤するのがマーリン。マーリンはそんなマリナを見て一喝します!

「毅然としなさい。マリナ・イスマイール。まだ終ってないわ。まだ・・・」

 これでこそシーリンですね。いざという時にマリナの力になってくれます。このシーリンの一喝には何だか2人の信頼関係が見えてきたような気がします。シーリンも厳しいことは言いますが、これもマリナの為なのでしょう。ここでマリナが持ち堪えられるのか、正念場になりそうです。
 市街地に着いたロックオン。ロックオンはそこでの惨状を目の辺りにして「こりゃひでえ」とこぼします。と、そんな中その場に佇むエクシアを発見します。そこで刹那は一人呟きます。

「俺は、ガンダムになれない・・・」

 かって自分を助けてくれたガンダム。刹那はそのガンダムに自分もなろうとしていたのでしょうが、今回の戦いでそれに躓いたようです。刹那が「ガンダム」となるまではまだ遠いみたいですね。しかし今回のEDの入り方はやっぱり・・・。早くステファニーに変わって欲しいです。キスダムの時が中々良かったので、期待しています。


 次回は「聖者の帰還」アザディスタン王国の情勢も気になりますが、刹那とグラハム・カタギリの3ショットが更に気になります。遂にこの3人が顔合わせする日が来ました。この出会いが今後の展開にかかわってくるのか注目していきたいです!刹那もどうやら活躍できそうな感じが。エクシアの光具合がすごいです。ここで脱・空気を目指してもらいたいところ。しかし留美の格好が一昔前のアニメを思わせるのですが・・・留美のファッションの方向性が分かりません。
 でもこういう風に面白い気がする回に限って1週休み・・・しんどいです。まあここは今週のロックオン対グラハムのシーンを何度か見つつ待ちたいと思います。今週のグラハムさんは最高でした。やっぱり00の楽しみはグラハムに尽きます!!今回の放送を見てそう確信しました。

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CLANNAD -クラナド- 第12話... | トップ | web拍手を設置してみました+... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついにあの3ショットが!! (空想野郎)
2007-12-24 05:10:52
ついに、貴公子・眼鏡・空気無い主役の邂逅ですね!!
今週のグラハム様の大活躍でなんとか一週間
精神的に持ちそうですよ♪ホント素晴らしい人です。
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2007-12-24 12:52:33
空想野郎さん、コメント・TBありがとうございました!!
今週のグラハムさんの活躍は素晴らしかったですよね!私も今週のグラハムの大活躍で1週間持つ気がします!3人の邂逅が一体どうなるのか本当に楽しみです。
来年がとても待ち遠しいですね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (MAGI☆の日記)
機動戦士ガンダムOOの第12話を見ました。機動戦士ガンダム00 DVDvol.1第12話 教義の果てにアザディスタンに王国 寺院「議会は神の教えに反している。この国の土地は神に与えられし場所、その契約の地に異教徒を招き入れるなど」「改革派はいずれ、わしらからこの地を...
機動戦士ガンダム00 第12話『教義の果てに』 (よう来なさった!)
http://gundam00.jugem.jp/trackback/13
機動戦士ガンダム00 12話「教義の果てに」 (時空階段)
'''アザディスタンで内紛勃発!''' なんでも有力者であるジイさんが拉致されてしまい保守派、過激派の抗争が激化したみたいw この状況に困惑しテンパるマリナw まあ国を司るような器じゃないからの~ >マリナ {{{それでも厳しい...
第12話 教義の果てに (機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター])
機動戦士ガンダムOO第12話「教義の果てに」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 今回はさすがに沙慈とルイスのギャグパートがいら...
★機動戦士ガンダム00 第12話 『教義の果てに』 (二次色ノート)
反発し合う二派による内戦!そんな最悪の事態が マスードの拉致により遂に起こってしまうアザディスタン。 そしてその一方、紛争介入を見越して現地へとやって来ていた ソレスタ...
[ 機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (WONDER TIME)
グラハムVSロックオン!! 刹那はガンダムになる事が出来ませんでした(笑) 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守 水島精二 バンダイビジュアル 2008-01-25by G-Tools マリナが治めるアザディスタン...
機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」 (月の静寂、星の歌)
 中東――。  そこに位置する多くの国々は、石油輸出産業で経済を支えていたが、太陽光発電システムの建設計画により、その存在価値を失おうとしていた。  国連決議により、一部を除いて大幅な石油輸出規制が採択され、それに反対する、一部の中東国家が武力を行使...
今日のガンダム00 MISSION-12 (地下室で手記)
「教義の果てに」今回はアザディスタンのあれやこれをの大問題を中心に、刹那がやっと主役らしく故郷で大活躍とかになる話なのかなと思いましたが、違いましたね。主役は「あえて言おう、グラハム・エイカーであると!」すいません、このセリフで全てが吹っ飛びました。と...
機動戦士ガンダム00 第12話感想 (AAA~悠久の風~)
機動戦士ガンダム00 第12話感想いきます。
機動戦士ガンダムOO「教義の果てに」感想 (ここには全てがあり、おそらく何もない)
機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守発売日:2008-01-25価格素直に良い点と悪い点を書いてみました。”2007年の10月から、ガンダムが始まるぞ!”という噂を聞きつけて、このガンダムの試写会にいってきた20歳の大学生の意見です。僕はガンダムを知ったのはW(ウィング...
「機動戦士ガンダム00」第12話 (日々“是”精進!)
♯12「教義の果てに」アザディスタンは、伝統的な宗教生活を頑なに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そんな中、保守派の指導者マスードが何者かに誘拐される。このままでは保守派...
機動戦士ガンダム00 第11話「教義の果てに」 (Happy☆Lucky)
第11話「教義の果てに」
起動戦士ガンダムOO 第12話 「教義の果てに」 (ムメイサの隠れ家)
アザディスタン王国では改革派と保守派の対立が深まり、民族紛争にまで発展する。そこに武力介入する刹那だが、かつて自分が置かれた状況と重なった悲惨な現場を目撃し・・・ 保...
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 (1) アザディスタンは、伝統的な宗教生活をかたくなに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そんな中、保守派の指導者マスードが何者かに誘拐される。このまま...
機動戦士ガンダム00 ♯12「教義の果てに」 (はざまの欠片)
「あえて言わせてもらおう。グラハム・エーカーであると!!」 全国のお茶の間から大爆笑が聞こえた気がした一瞬でした。やってくれますねぇ~(笑)。これはリスペクトと受け取っていいんでしょうか? 対決したロックオンも色んな意味で引いてましたね…。ここに来て彼...
ガンダム00 #12「教義の果てに」 (見ていて悪いか!)
神の名のもとに、を持ち出して人殺しを正当化しようとする輩にロクなのはいないんじゃないかと思うんですけどね。神様もいい迷惑だと思います。
ガンダムOO第十二話「教義の果てに」 (くるみわーるど)
はい、第十二話です~。アザディスタンがボロボロの回です・・・。
機動戦士ガンダム00 第12話 (ラブアニメ。)
「教義の果てに」 ちょっ、沙慈、気に入られ過ぎ!! 沙慈をルイスママに気に入ってもらおうと策略をはりめぐらせたルイスでしたが、ルイスママはやっぱりルイスのママでした。 物に弱く、涙脆く、おまけに沙慈はル
起動戦士ガンダム00 第12話『教義の果てに』 (ゲーム&アニメ感想館)
ガンダム ダブルオー
機動戦士ガンダム00 12話 『教義の果てに』 (欲望の赴くままに…。)
ところがぎっちょん!!…('A`)エー  お前はどこの国の人間だw明らかにこれ日本語だろwwwぎっちょんって英語とかにしようがない(ノ∀`)・∵.グハッ グラハム出るからグラハムにだけ注目していたのに意外な伏兵の登場で噴
アニメ「機動戦士ガンダム00」第12話。 (ぎんいろ。)
第12話「教義の果てに」 太陽光発電紛争で疲弊し、世界からも見放された中東国家の1つ、アザディスタン王国。 内政の悪化したクルジス共和国を6年前に急襲。王政を復活させたものの、国民は2つの教派に別れ、政治的に不安的な状態が続いていた。 そんな中での、マス...
機動戦士ガンダムOO第12話「教義の果てに」 (アニメのストーリーと感想)
 中東地域は、エネルギーが太陽光に変わってしまった為経済を支えていた石油輸出が制限 され、反対する一部の国家では太陽光発電紛争と呼ばれる戦いが20年続いた。そして世界 から見放された国家は、離別や統合を繰り返していた。太陽光エネルギー発電システムを国連...
機動戦士ガンダム00 #12「教義の果てに」 (月の満ち欠け)
空気と化していた刹那にやっと出番が! アザディスタンは、20年も続く紛争の中で歴史を重ねていったんですね。
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (angel notes.)
何というイラクwww ほんと、中東はどうしようもないですよね。 宗教って何のためにあるのやら。 幸せになるためじゃないのかね。 殺し合いのためっすか、そうっすか。 結局の...
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (リリカルマジカルS)
前回、シャアの名セリフをバクった?ハムさんでしたが・・・ 今回そのセリフが嘘でないことを証明してくれましたw ついでにガンダム愛の異常さもw 戦闘においてデュナメスの...
「機動戦士ガンダム00」第12話。 (salty blog)
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第12話「教義の果てに」 前回のお食事作戦の成功を受け、ルイス・ハレヴィの次なる作戦は…、 涙もろい母親の弱点を突いた「お涙頂戴作戦」。 沙...
「機動戦士ガンダム00」12話 教義の果てに (蒼碧白闇)
「俺はガンダムになれない」と言ってたけどやはり刹那の言うガンダムは神とか救い主というニュアンスなんだな。 予告で「刹那、ガンダムになる」と言ってたけどアリーを倒すことが...
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第12話「教義の果てに」の感想。 (いーじすの前途洋洋。)
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第12話 MISSION-12 「教義の果てに」 評価: ―― あえて言わせて貰おう グラハム・エーカーであると! 脚本 黒田洋介 ...
機動戦士ガンダム00 12話「教義の果てに」 (Spare Time)
『これまでの教えや、古い慣習に倣って生活をしようとする保守派と、深刻なエネルギー問題を改善し、豊かな国づくりをしようとする改革派とにアザディスタンは二分していた。改革を推し進めるため擁立されたマリナだった
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (ごたまぜ雑記分館)
グラハムのターン!!
機動戦士ガンダムOO【#12】「教義の果てに」 (フカヒレ家)
アザディスタンの が誘拐されたとの情報が入り国が荒れる 太陽光を巡りアザディスタンに戦火が・・・ ユニオンの支援に傭兵、ソレスタルビーイング、アサディスタン兵と戦いは広がる 刹那がガンダムになれないと気づいた今回 今回の戦地はアザディスタン 石油から太陽光...
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (ミルクレモンティー)
ちょwwwママン     (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)/lァ/lァ (*` Д´)//ア//ア!!  沙慈に対する態度に変化が見られるんですけど(笑)  ルイスの作戦により、ピザの差し入れとお涙頂戴話でママンを  攻める沙慈(いやルイスだろ?) ママン、旦那死ん...
機動戦士ガンダム00第12話 「教義の果てに」 (アニメの襲撃者)
沙慈が遂にルイスのママさんをゲットする話だなwやはりああゆう顔立ちと性格は熟女キラーなんだな。良かったな沙慈。それなら充分ホストになれるぞwwwアリーとグラが随分ハッスルしていたのも面白かったな。ところがギッチョングラハムである!と!みたいな。色々詰め込ん...
機動戦士ガンダムOO第12話「教義の果てに」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
「あえて言わせてもらおう!!グラハム・エイカーであると!!」ぎゃははははははは!!やっぱ面白いよ、君!!登場するたびに迷言ネタありがとうっ!!(>▽<)いや~、期待を裏切らない乙女座の男!!そんな使命感にあふれるあなたが、私は大好きですっ!!ありがとぉ...
起動戦士ガンダムOO『教義の果てに』 (鳥飛兎走)
 「俺もティエリアも・・・今週は謹慎中?」 「一緒にするな。バカ。俺はナドレしまうのに時間かかってるから。仕方なくだ。」 「お前らなんか、こなくていーよーだっ!ロックオンv一緒に来てくれるで・しょ??」 「あ!!!待ってよ刹那、俺も偵察に行こ・・・・」...
#12 教義の果てに (埼玉の中心から毎日を語る)
今年もお世話になりました。 来年も宜しくお願いします! マリナ「裏番組のメジャーが1時間スペシャルだったですって!?」 シーリン「そうよ。土6の視聴率低迷の一番の理由、それがメジャー そんな番組が連続で2話放送だなんていつもより見てる人が多い...
機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)/感想/第12話「教義の果てに」 (ランゲージダイアリー)
 「マリナ様が言ってたよ、いつか僕たちも宇宙に行けるって」(少年)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』の、第12話「教義の果てに」の感想です。
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (アニメって本当に面白いですね。)
機動戦士ガンダムOO   お勧め度:ややお勧め   [MBS系]   TBS・MBS : 10/06 18:00~   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之   メカニックコンセプトデザイン : 福地仁・寺岡賢司  ...
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」第12話:教義の果てに (伊達でございます!)
かつての自分を救ったガンダムに代わり、少年たちを救おうとする刹那ですが、救うことができませんでした。「俺はガンダムになれない」。失意の刹那は、どう動くのか?
機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (紅蓮の煌き )
機動戦士ガンダム00 第12話の感想です。 俺は……ガンダムになれない
俺は、ガンダムになれない―"教義の果てに" (Welcome to our adolescence.)
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 「考えなさい…最悪の事態を回避するためにも」 内戦か… そして、アザディスタンに最悪の事態が忍び寄る… 「この国の行く末を見...
機動戦士ガンダム00 第12話 感想 (荒野の出来事)
 機動戦士ガンダム00  第12話 『教義の果てに』    刹那・F・セイエイ : 宮野 真守  ロックオン・ストラトス : 三木 眞一郎  アレルヤ・ハプティ...
機動戦士ガンダムOO 第12話「教義の果てに」 (怜奈の自己主張)
「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」第12話。 「俺は・・・ガンダムになれない・・・っ!!」 刹那の中でガンダムってのは、つまり「救世主」なのかな? まぁ自分が殺されそうになってたところを助けた・・・居ないと
第12話「教義の果てに」 (機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター)
アザディスタンは、伝統的な宗教生活をかたくなに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そん...
機動戦士ガンダム00 ♯12「教義の果てに」 (まんざらでもない)
「俺はガンダムになれない!!」 当たり前ジャン、と言いたくなってしまう「ガンダムOO」12話感想です。 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守 水島精二 バンダイビジュアル 2008-01-25売り...
機動戦士ガンダム00/MISSION-12「教義の果てに」ネタバレ感想。 (通りすがりの魔術師)
●沙慈くん&ルイスちゃん応援中。●もろ過ぎだよ!
ガンダム00 #12 教義の果てに (ビヨビヨ日記帳)
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)マリナ王女が泣くような事態になり...
機動戦士ガンダム00第12話「教義の果てに」 (渚の空-アニメの道)
ママン、沙慈にベタ惚れwwwアザディスタンの宗教的指導者であるマスードが何者かに拉致されるそして保守派がそれを改革派の仕業と思い込むのも時間の問題・・・しかも万が一、マスードが死んでいるとなるとアザディスタンに内戦が起こってしまう皇女であるマリナは思い...
機動戦士ガンダム00 #12「教義の果てに」 (特撮警備隊3バるカんベース~ハッハッハッ!そのレビューは、日本じゃ二番目だな。じゃ、一番目は?~)
今週の刹那語録 「俺は…ガンダムになれない…」 せっかくの刹那主役回だというのに、グラハムさんの迷言・珍言にすっかり影が薄くなっちゃいましたよ… この台詞も充分おかしいし、ガンダム=誰かを救う神に等しい存在ってのが認識なんだなーと分かる良い台詞だった...
ガンダム00第12話「教義の果てに」レビュー!! (空想野郎の孤独語り)
うがーっ!!ちゃんとロックオン兄貴も描いたのに、月曜日 イブはバイト最大の労働日かつ最終日なので諦め!! ホントにグラハムの名場面&伝説台詞 ばかりで、どれ描いたら良いのか…!! もう迷って迷って「やっぱここだな」と思ってアップしたんですけど、 年末年始...
MISSON12 教義の掟 (機動戦士ガンダム00 トラックバックセンター)
機動戦士ガンダム00の第12話「教義の掟」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 初回放映日:2007/12/22
『機動戦士ガンダムOO』#12「教義の果てに」 (ジャスタウェイの日記☆)
「俺はガンダムにはなれない」 それはそうでしょ(苦笑)でも、次回は慣れそうな予感☆ アザディスタン王国は、他国を吸収したものの国教が違うため内紛が耐えない。 前回国連大...
機動戦士ガンダムOO 第12話 (刹那的虹色世界)
機動戦士ガンダムOO 第12話「教義の果てに」 アザディスタン王国で意図的に引き起こされた内紛。介入するCB。故郷を紛争の末併合したアザディスタン王国内で刹那は、自分が体験し...
機動戦士ガンダム00 12話『教義の果てに』 (Girlish Flower)
今回の舞台は、超保守派と改革派の紛争が続くアザディスタン。 保守派の指導者・マスードが何者かに攫われた事で事態が悪化 してしまいました。
機動戦士ガンダムOO第12話『教義の果てに』感想 (奥様はマダオ《修行中》)
「ラサ!ラサ!」スタート(なんじゃそりゃ) アザディスタンの国内情勢もなかなかに混乱して おりますのね? これはようやくヒロインの本領発揮の回かしら。 ふと、10話を過ぎでなお主人公2人の印象が大変薄い ことに気がついた。。。;
機動戦士ガンダムOO 第12話 『教義の果てに』 (ティンカーベルをください)
ハムのしつこさ、尋常じゃねぇ!!(;´∀`) アザディスタン王国の内紛に介入するCB。 ところがギッチョン!その内紛は計画的なものでした。
機動戦士ガンダム00#12俺はガンダムになれない (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
姫様の国で内紛が勃発!!国益を見越したユニオンが乗り出す。ソレスタルビーイングが介入するが刹那はそこで過去の幻影を見てしまう。神を利用して利益を欲する人々踊らされる信者達人は何を信じて生きれば良いのか・・・刹那の心が壊れていく・・・「俺はガンダムになれ...
機動戦士ガンダムOO 第12話 「教義の果てに」 (日頃CALAMITY)
第12話 「教義の果てに」 マリアはダメな子 機動戦士ガンダムOO 第11話 「アレルヤ」 【fc2ランキング】
『機動戦士ガンダム00』#12『教義の果てに』 (なまけもののひとりごと)
年内最後の放映。 00も、折り返し地点まで来ました。 もし本当に、セカンドシーズンがあるのなら、今、好きキャラがいる人は、そろそろ、とある覚悟を決めておかなければいけないのかも、しれません。 予感は、初期からありました。10話で、5割がた確信しました。 楽...
機動戦士ガンダムOO #12 「教義の果てに 」 (●○PEKO LIFE●○)
グラハムスペシャルwww
機動戦士ガンダム00 ♯12 「教義の果てに」 (トラバリオ)
アザディスタン王国の保守派の指導者ラサが拉致される。 黒幕はサーシェス。 超保守派による改革派へのクーデターが勃発し、ガンダムが介入する。 クルジス出身の刹那ががんばるお...
#12「教義の果てに」/アニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」感想 (Wings of Freedom)
ところがギッチョン!(サーシェス) マリナは元々落とされていたけど、主人公である刹那も同時に落とされた第十二話でした。グラハムVSロックオンのバトルは熱かったですが、決着つかず。戦争屋のサーシェスもアザディスタンの紛争に介入していたりと、アザディスタン...
機動戦士ガンダム00 #12 教義の果てに (Ηаpу☆Μаtё)
男前は言う事もオモシロイw
機動戦士 ガンダム00 第12話 「教義の果てに」 (日常跡地)
機動戦士 ガンダム00 第12話 「教義の果てに」感想
機動戦士ガンダム00第12話「教義の果てに」 感想 (腐麗蝶の柩~ガンダムOOのティエリア脳内祭中なコードギアスファンサイト)
「ガンダム」の言葉が何を表しているのかが鍵 ↑先週完成しきれなかったマリナ×シーリン+ソーマ+ティエリアの完成版どす 最近無断転載が見つかったと報告を受...
シャレにならん実話ネタのパロをありがと~(ToT) ガンダムOO第12話『教義の果てに』 (シュージローのマイルーム2号店)
 こんばんわ~。  いよいよ今年最後のガンダムOOであります。  来年4月から土6がコードギアスセカンドステージの可能性が非常に高くなり、サンライズ祭りはさらい年3月末まで続き...
刹那じゃない!ガンダムだッ! (Ondul Blog ver.2.07)
機動戦士ガンダム00 #12 『教義の果てに』感想とりあえず、黒田氏がグラハム様を使って遊びたくてしょうがないというのはよく分かりましたwwwww いやしかし、今回はいっそ清々しいほど眼鏡っ子と二重人格たんの出番が一切ナシでしたねwww ※以下、ネタバレ感想 ...
ガンダム00「教義の果てに」 (自由で気ままに)
年内最後のガンダム 前回までがティエリアとアレルヤ・ハレルヤだったんで今回は刹那とロックオンか
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (アマデウスの錯乱?)
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」 (恋華(れんか))
機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」