コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リトルバスターズ!Refrain 第13話(最終回) 「リトルバスターズ」あらすじ感想

2013-12-30 02:21:01 | リトルバスターズ!1&2期(2013-14秋)
リトルバスターズ! ~Refrain~7(初回生産限定版) [Blu-ray]

 長く続いてきたリトルバスターズも今回で最終回。みんなを救うために過酷な現実へ立ち向かう決心をした理樹と鈴。二人は恭介達を救うことができるのでしょうか…?最後まで理樹&恭介押しで笑。アニメは恭介ルートだったのかも。 
 最終回ということで、総評も!リトバスが終わりを迎えるのはとても寂しかったですが、エンディングのあのシーンまで観れて本当に嬉しかったです…!3クール、スタッフの皆さんお疲れ様でした!


 恭介達から全てを知らされ、バス事故という過酷な現実に立ち向かう決心をした理樹・鈴。


 そんな中理樹はナルコレプシーを克服するために
 過去を遡る決心をします――


 過去の映像が描き下ろしでニヤリ。謙吾の制服姿が新鮮!今回は描き下ろしカットがたくさんで観返す楽しみがたくさんありました。


 理樹がナルコレプシーになった原因は、
 両親が車の落下事故で死亡したこと。


 その事故に遭遇、両親を失ったことで理樹は心を閉ざしてしまいます…。前回のバス事故と同じくらい、凄惨な状況に言葉が出ませんでした…。これ経験したら確かに立ち直れません…。


 生きること=失うことだという、
 現実からの逃避から、理樹はナルコレプシーを発症。


 生まれる前の、生まれなくてもいい、ずっとここいたいという気持ちはなんだか分かるな…と思ったり。
 そんなふうに生きることに絶望していた理樹を救ったのが、恭介達リトルバスターズの面々。OPのあの5人の絵がここで!リトルバスターズの面々に出会ったことで、理樹は生きることに意味を見出します――。楽しげなリトルバスターズの面々が今観ると切ない…。
 そして生きる希望を思い出した理樹。


「会いたい、みんなに出会いたい…!」
「生まれよう、新たな世界へ!」


 そうして理樹はナルコレプシーを克服し、現実へ。そして鈴と再会します。鈴も弱さを克服し、これからはみんなにありがとうを、たくさん笑いたいと理樹と共に現実に立ち向かうことを決意!ようやく二人が…!


「みんなを助ける、理樹と一緒に!」
「行こう!」


 そうして現実へ戻ってきた理樹・鈴。早速事故からどうみんなを救うために、冷静に動き出します。まずは引火する前に、みんなをバスから救出することになります。まずはクド、小毬。
この救出するシーンはゲームでは文章と音楽でひたすらその場面を想像するしかありませんでしたが、アニメではしっかり描かれていて現場を想像しやすかったです。アニメならではの見せ場。
 

 そして理樹は傷ついた恭介を発見!


 すぐに救出しようとしますが、恭介が穴を塞ぐ(燃料が漏れだして引火)を抑えていることに気づき、恭介を救出するのを最後にすることにします。
 ちなみにゲームでは恭介をここで救出しようとすると、即バッドエンドまっしぐらです!バッドエンドですが、恭介のアドバイスが聴けるので観る価値ありかも。
 



 それからも理樹と鈴は二人でクラスメイトを外に救出し続けます。タンカーを作って運んだりと、二人がこんなに成長するなんて…と感慨深い気持ちに。真人、謙吾もさり気なく救出。確かゲームでは真人が重いと苦しんでいた記憶が。救出している時の理樹の心情に関しては、ゲームではより細かく状況が描かれていたり。

 最後は恭介の救出!恭介も目を覚まし、ここまで理樹と鈴が辿り着いたことを喜びます――


「まさかそこまでやり遂げるなんて、予想もしていなかった…。
 お前達は俺が思うよりも、遥かに強くなっていたんだな
 嬉しいよ、お前が誇らしい…
 理樹、お前はとうとう俺を乗り越えていったんだ」

「何もかも恭介のおかげじゃないか!
 僕は恭介の背中を追いかけて生きてきたんだ
 恭介が僕に教えてくれたんだ
 生きることは楽しいことだって!」


 恭介と理樹の会話は涙なしには観られません。笑顔で頷き、意識を失うというのが…。冒頭の理樹がナルコレプシーを克服した時の話と照らしわせると、更に涙腺決壊が…。

 その後とうとう引火による爆発が起こり始め、炎の中、理樹と鈴で恭介を抱え、脱出。弱かった二人が成長し、恭介を助けるこのシーンには、二人の成長を象徴するシーンに思えました。


「僕たちはこれからも生きていくんだ、
 ずっと一緒に!」


 そうしてバスが爆破…!恭介達は…?こうしてリトルバスターズの面々はようやく過酷な状況から抜け出すことができました。ちなみにゲームではここまでが麻枝さんシナリオ担当で、後日談が都乃河さん担当だそうです。

 


 

 そして時間は流れ。教室でのんびりする理樹と鈴。季節は夏を過ぎて、秋に。あれから3ヶ月経過していました。リトルバスターズの女子キャラはもみんな元気になって、いつもどおり!

 この頃、謙吾も退院。謙吾もまだ怪我は治っていませんが、元気そう。謙吾の「久しぶりだな」の笑顔の破壊力が…!謙吾も遊んだり、笑えるようになったようで本当に良かった…。どうやらあの作られた世界での記憶は引き継がれているようです。女子キャラもみんななんとなく覚えているはず。

 あとは恭介の退院を待つばかりに。


 クラスメイトは全員
 バス事故から生還を果たします!
 リトルバスターズの面々の頑張りが報われました。


 恭介はあの事故で意識不明の重体になり、集中治療室入り、病院を移動したりと、理樹達もなかなか面会できず。


 理樹はリトルバスターズを
 リーダーとしてまとめる側に立って
 それなりに頑張っていました。


 ですがそれでも理樹は恭介がいないことに、寂しさを感じていました…。久しぶりの佳奈多とあーちゃん先輩の出番にニヤリ。

 恭介の帰りを待つリトルバスターズの面々。久しぶりの集会が懐かしい…。作られた世界の仕組みとかに疑問がないわけではないですが、やっぱりこのにぎやかで楽しげな時間がまた観れてよかったです!
 ですが恭介がいないと、やることが思いつかず、みんな困ってしまいます。


 ですがそんな中、恭介が上の階から登場!
 CG通りの自信満々な登場で大満足です!!


 恭介がみんなの前に現れるシーンは、ゲームでもとてもグッときました~。本当にブワーッときた思い出。この瞬間、世界の仕組みとかどうでもよくなってきましたー。ちなみに上の階からロープを使って降りてきた様子。
 そして恭介は宙返りをして、皆に元気になった姿を見せつけます!理樹も恭介の無茶に怒っているかと思いきゃ、無駄に生き生き。やっぱり恭介大好きな理樹でした~。他の面々も恭介の提案にワクワク。


「さいっこうに面白いことをしようじゃないか!!
 いいかみんな、俺達でもう一度修学旅行に、行くぞぉ――!!」
「おおっ――!!」


 そうして恭介の運転するワゴン車に乗って修学旅行へ向かうことに!恭介は入院中に免許を取っていたという流れです。


 そしてここからゲームの真ED曲
「Little Busters! -Little Jumper Ver.-」が流れ出します!


 ゲーム同様、ちゃんとジャンパーバージョンで終わって大満足です!!ゲームでもこの演出にグッときたので、アニメでもこれをやってくれて、本当に感謝です。
 OPの別バージョンの曲で、歌詞もEDを踏まえたものになっています。ゲームでもただ単にスタッフロールが流れるだけでなく、ワゴン車が動いたり、みんながジャンプしているCGがあったりと、ここまでプレイしていてよかった…!と思える演出があって感動しました~。ここまでの流れは本当に素晴らしかったです。

 謙吾もリトルバスターズジャンパーを着て、絶好調!謙吾が現実でもこんなにバカができるようになって本当に良かった…。というか謙吾は入院している時、ジャンパー縫っていたんでしょうか。
 謙吾のバカっぷりに苛ついた真人が謙吾を蹴飛ばすシーンに笑。その衝撃で理樹と鈴が…?美魚のリアクションにもニヤリ。

 



 そうしてリトルバスターズの面々は海へ。まさかの1期ED&美魚ルート繋がり!まさか海に来てからの話までやってくれると思わなかったので嬉しいサプライズでしたー。浜辺ですが、謙吾と真人がワゴン車から落とされ、競争するところまで見れてニヤリ。浜辺で安心。
 海で遊ぶリトルバスターズの面々。それぞれのキャラが楽しそうにしているシーンもあり、事故からみんな生還して本当に良かったと思いました。最後までまさかの理樹・恭介押し!スタッフわかってるー。二人の美魚との撮影は伏線回収なのかな?と思ったり。

 リトルバスターズ最後は、みんなで海を見つめるシーンでおしまい。


『もう一度、ここからはじまる
 それは僕達リトルバスターズの物語
 きっと続いていく、遥か彼方まで――』


 ゲームもここでしっかり終わっているので、続編の可能性はありません。リトルバスターズも本当に終わりなんだな…と思うと寂しいです。
 



 こうしてリトルバスターズ、最終回も終わりました!感想最後まで完走できてほっとしています~。ゲームの分も書けて満足です。毎回一人でひたすらテニスの壁打ちしている感じ(どの感想もそう)で書いていましたが、もしアニメを観る助け&楽しみになっていたら嬉しいですー。

 リトバスアニメがはじまる前は、今までKey作品のアニメ制作が京アニで固定されていたものあり、JCだと決まった時はがっかりしましたが、いざPVを観てみたら飯塚晴子さん画のリトバスキャラが良い感じで、原作とはまた違う可愛さがあり、リフレインをこのキャラデザで早く観たい!という気持ちになりました~。飯塚晴子さんキャラデザで本当良かったです!
 そんなわけで1話を観てからはあまり京アニのことは気にならなくなりました。京アニのリトルバスターズもそれはそれでまだ観てみたいという気持ちがありますが…。

 脚本も1本化するのが難しかったシナリオをよくここまで1本化したなと感じます。説明なども上手くポイントをおさえていたかと。キャラの話も女子キャラはもちろん、男子キャラの話もしっかりおさえてあって嬉しかったです~。
 あとヒロインと友情EDで終わるのも、ゲームをやるきっかけになってよかったと思います。まさか鈴まで友情ED…!


 アニメは恭介ルートだったんじゃないかと、
 今なら思えます!


 作られた世界の仕組みに関しては、今でも納得できない部分(世界が作られた原理など)がありますが、ゲームもアニメも、理樹・鈴が恭介達を助けるまでの過程がしっかり描かれていたので、ゲームをクリアしてからはそこまで気にしなくなりました。


 なによりリトルバスターズの面々が揃って
 またワイワイしているところを観たいと思っていたので、
 これで良かったです!


 EDを観るまで理樹・鈴しか生き残らないと思っていたので本当に。ちなみにゲームではそれっぽいルートもあってドキっとしました~。
 リトバスとABの違いはそこにあったんじゃないかなと思ったり。ABも過程がしっかり描かれていれば…。

 あとヒロインとの恋愛EDを観たい!という方は、是非ゲームをプレイしてください~。↓のバージョンがオススメ。

リトルバスターズ! パーフェクトエディション TVアニメ化記念版

 


 
 RewriteもいよいよPSP・PSV版発売が決定したそうで…!この作品無駄にプレイ時間が長いので、PSP化向いていたと思います。PC版はファンディスクまでやりこんでしまいました…。  


 Rewriteは正直ヒロイン個別ルートは微妙な印象ですが、
 最後のTerraルートは面白かったです! 

 
 Moon~Terraはそれまでの状況がひっくり返る仕組みがあって、読んでいてワクワクしました!ここまで進めて初めて真ヒロインが誰か分かって、びっくりした思い出。
 各ヒロイン個別ルートの長さとダルさ的に、人に勧めるのはちょっと躊躇いがありますが、Terraにたどり着くまで何十時間でも頑張れる…!という方は是非プレイしてみてください~。その価値はあるはず。Rewrite、白狼でTerraまでアニメ化してくれる日をずっと待ってますー。
 

Rewrite 通常版

 RewriteはOP2が流れてからが本番。 


 

 そんなわけで約3クール
 スタッフの皆さん、ゲームと同じ感動を
 本当にありがとうございました!!
 EXも楽しみです~。沙耶かわいい!


 

リトルバスターズ! ~Refrain~1 (初回生産限定版) (BDゲーム「西園美魚密室殺人事件?」付き) [Blu-ray]
 

 ではこれまでTBをくださった方々、感想を読んでくださった方々、
 ありがとうございました!!

 

 ・TB先
 にほんブログ村(リトルバスターズ!・トラコミュ)

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物語シリーズセカンドシーズ... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話「リトルバスターズ」 (空 と 夏 の 間 ...)
失う悲しみより、出会う喜びのほうが強いんだ! もう一度みなに会いたいと願い、理樹は現実に抗う…。 その果てにようやくたどり着いたエンディングへ。 3クールに渡って描かれたこの作品もついに完結です。 理樹と鈴は良く頑張りましたね!  
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第13話 「リトルバスターズ」(最終回) 感想 (Little Colors)
友情と絆と奇跡。そして、リトルバスターズの物語は続いていく。
アニメ感想 13/11/28(土) リトルバスターズ!~Refrain~ #13(終) (ニコパクブログ7号館)
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話『リトルバスターズ』(終)今回は・・・ついに最終回です。なんと、全員無事だったんですね。理樹と鈴が頑張ったおかげですよ。ホント、2人と ...
そして、紡がれていく物語【アニメ リトルバスターズ! Refrain #13(終)】  (腐った蜜柑は二次元に沈む)
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第13話(最終回) リトルバスターズ そして、紡がれていく物語―リトルバスターズ
「リトルバスターズ! ~Refrain~」第13話(終) (日々“是”精進! ver.F)
全員、帰還… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312290000/ 【送料無料】【予約同日発売】M1221リトルバスターズ!(6) [ 高木信孝 ]価格:599円(税込、送料込) 【送料無料】リトルバスターズ!~Refrain~価...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話 最終回 感想 (荒野の出来事)
 リトルバスターズ!~Refrain~  第13話 最終回 『リトルバスターズ!』 感想  次のページへ
【理樹と鈴の『成長』】『リトルバスターズ!~Refrain~』最終回『リトルバスターズ』感想(今回は過酷な現実に立ち向かう理樹と鈴の... (私的UrawaReds&SubCul)
    理樹の 『成長』               『失う』 のは怖くて悲しい…                   けど、 『失う悲しみ』 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話(最終回) 「リトルバスターズ」 感想 (ひえんきゃく)
最終回はどうなるかと思っていましたが、よかったですよ。 ハッピーエンドで終わってくれたことにも満足です。 深く、どこまでも深く――。 理樹の意識は暗い闇へと沈んでいった。 壮絶な事態が進行する中で、理樹は何もすることができない無力感に苛まれた。 ―な...
リトルバスターズ Refrain TokyoMX(12/28)#13終 (ぬる~くまったりと)
第13話 最終回 リトルバスターズ 公式サイトから深く、どこまでも深く――。理樹の意識は暗い闇へと沈んでいった。壮絶な事態が進行する中で、理樹は何もすることができない無力感に苛まれた。―なぜこんなことになってしまったのだろう―理樹は自問自答し、自分の弱さ...
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第13話 「リトルバスターズ」 感想 (wendyの旅路)
刎頸之交―
リトルバスターズ!~Refrain~最終話第13話「修学旅行のバス事故と向き合う!」感想 (あきひろのアニメニュース)
「リトルバスターズ」悲惨な現状を目の前にしても行動を始める二人、「二人で生きていく」そんな棗恭介が望んだラストではない未来を!
リトルバスターズ!~Refrain~:13話感想&総括 (しろくろの日常)
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 人事を尽くして天命を待つ。
リトルバスターズ!Refrain 第13話〈最終回〉「リトルバスターズ」感想 (アニメ色の株主優待)
「出会ってしまったら、いつか失う」 「失うのは怖くて悲しい。けど、失う悲しみより出会う喜びの方が強いんだ」 「会いたい、みんなに出会いたい」 悲惨なバスの事故現場を前に精神的な辛さから逃げようとする理樹は無意識にナルコレプシーの症状を起こし、その...
アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話「リトルバスターズ」 (往く先は風に訊け)
これから始まる希望という名の未来を
リトルバスターズ! ~Refrain~ #13 「リトルバスターズ」 (戯れ言ちゃんねる)
小さな奇跡の欠片、大きな奇跡の結果  どうも、管理人です。何かやばいくらいに気分が盛り上がらないんですが、本当どうしたものか。というか、ここ数日ずっとこんな感じなだけに、ちょっと考えないと。 理樹:「会いたい。みんなに出会いたい」  今回の...
リトルバスターズ!~Refrain~ 全13話 (にきログ)
さて、今期もアニメがどんどん終わってますが2クール作品が多いためかあんまり終わった気がしませんね こちらは続編の2期ですね 原作は未プレイでの感想です ちなみに1期の感想はこちら
リトバス Rf 第13話「リトルバスターズ」 (Old Dancer's BLOG)
 仲間たちの思いを手に、彼らはここへやってきた。  過酷な現実を乗り越えるために。  そして、その力をくれた仲間たちを救い、またともに笑い、一緒に前へ進むために。  できるだろうか。乗り越えられるだろうか。  ふとそんな思いが彼らの頭を...
リトルバスターズ!~Refrain~ #13 (桜詩~SAKURAUTA~)
【リトルバスターズ】 リトルバスターズ! ~Refrain~2(初回生産限定版) [Blu-ray]出演:堀江由衣ワーナー・ホーム・ビデオ(2014-02-26)販売元:Amazon.co.jp 生まれよう、新たな世界へ! 
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話「リトルバスターズ」感想 (かて日記-あにめな生活-)
リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話「リトルバスターズ」感想   生まれおちた喜びを知るということ。
リトルバスターズ!~Refrain~ 最終回「リトルバスターズ」 (明善的な見方)
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]『それは僕たちリトルバスターズの物語             きっと続いていく、遥か彼方まで』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF ...
リトルバスターズ!~Refrain~第13話 (二次元世界を追い駆ける日々)
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2014/01/08/205235 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている...
『リトルバスターズ!~Refrain~』 最終回 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
ここはやはり綺麗に願望を叶えるために二人で助け合って、みんなを助けるウルトラハッピーエンドってことになりました。ただ、それは単に奇跡が起きたのではなく、理樹と鈴がみんなを助ける努力をした結果なので観ていてああこれじゃなぁ~感はしないで済んだと思います。...
「リトルバスターズ! ~Refrain~」第13話(終) (日々“是”精進! ver.F)
全員、帰還… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312290000/ 【送料無料】【予約同日発売】M1221リトルバスターズ!(6) [ 高木信孝 ]価格:599円(税込、送料込) 【送料無料】リトルバスターズ!~Refrain~価...