コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第22話「未来のために」 感想

2009-03-08 22:13:33 | 機動戦士ガンダム00 1&2期(2008-2009)

 今回はソレスタルビーイング対グッドマン率いるアロウズ部隊との戦い。激化していく戦いの結果はどうなるんでしょうか。久々にあの2人の出番もあって嬉しかったです。ようやくいるべき場所についたような気が。 
 またブシドーが本当に武士道修行していたことが分かって面白かったです。特に滝に打たれているシーンが忘れられません…。ブシドーの今後も分からなくなってきました。(後で色々追記するかもしれません。時間が…)


 はじめはダブルオーの世界での刹那・グラハムの会話。あれから刹那はたたみかけるようにグラハムに話をします。

「武力介入はこのための布石。
 イオリアの目的は、人類を革新に導くこと。
 そう、俺は変革しようとしている」
「変革?それが君が会得した極みだというのか?」

 何か話をじっと聞いている時のグラハムの目がいいなと思ったり。グラハムは刹那の話を真剣に聞いていました。
 その最中、ここでグラハムがこれまでの自分が歩んでいた道を思い出します。ここでグラハムが何故ブシドーを重んじるようになったのか、その理由が少し明らかに。それはまず日本庭園っぽいところから始まります。ここは日本なんでしょうか?グラハムはここで、

「ソレスタルビーイングが再び…」
「その折には、是非とも私に戦う機会を与えて頂きたい」
「復讐か?」
「私が求めるのは、戦うもののみが到達する極み――」

 と、カタギリ指令にお願いします。ここからグラハムの戦いの日々がまた始まりました。グラハムは何かに到達することを強く願っていました。
 そうして始まるグラハムの武士道修行。

『少年はかつて私に歪みがあると言った。
 だが、彼とて戦うことしかできない存在…。
 だからこそ私は望む。君と戦うことを――』

 滝に打たれたりと、グラハムは厳しい修行を積んでいたようです。まさか本当に日本的な修行をしていたとは…とても驚きました。ブシドーという名は本当に伊達じゃなかったんですね。
 この時、グラハムは刹那も自分と同じ存在だと思っていました。ですが、変わることを望んだ刹那は今のグラハムとはまた別の場所にいました。今の2人の考えは異なっており、交わることはありませんでした。
 そういうわけで、ガンダムとの戦いを求めるグラハムにはその刹那の話を今受け入れることはできず…。グラハムはそんな刹那の考えに反発し、そして再び戦いに!

「その極みにある勝利を!」
「勝利だけが望みか!?」
「他に何がある!」
「決まっている!未来へと繋がる明日だ!!」

「斬り捨て御免っ――!!白刃取りだと?!」
「これが俺の戦いだ――!!」

 刹那の未来を信じるセリフがとても眩しく感じられました。ここで飛びかうブシドーらしいセリフの数々もまた面白かったです。結局2人の考えが交わることはないのでしょうか。
 が、ダブルオーライザーの方が力を上回っており、ダブルオーライザーは次々と機体を破壊していきます。そうして機体の装甲を外していくと、機体はまるでフラッグのような外見に…。機体にもそういう仕込みがあったとは驚きでした。まるで今のグラハムのようにも思えました。
 それから機体から出されてしまい、追い詰められたグラハム。刹那はそんなグラハムに刃を向けます。ですがグラハムは、

「た…戦え、少年。
 私を斬り裂き、その手に勝利を掴んでみせろ」

 と、刹那に自分へトドメを刺すように頼みます。グラハムは武士としてここで死ぬことを望んでいました。ですが、今の刹那はそのグラハムの願いを聞き入れず、

「はっ、何故だ?なぜとどめをささん!?」

「俺は生きる。生きて明日をつかむ。
 それが、俺の戦いだ。
 生きるために、戦え」

 と、グラハムに生き延びろと、そう告げます。ここは刹那の真っ直ぐな気持ちが伝わってくるようでよかったです。明日を目指す刹那の言葉がここでも眩しく感じました。やっぱり明日を信じていたいと思います。沙慈もそんな刹那の言葉を聞いて何か感じた様子。
 その後刹那はグラハムの前から去っていきます。グラハムは結果生き延びましたが、呆然としている様子…。今回のやり取りはグラハムにどんな影響を与えたのでしょうか。これからのグラハムの行く末がとても気になります。


 グラハムとの戦い後、刹那は沙慈にルイスの場所を聞きますが、ルイスはもう既に撤退した後。今回は結局ここで出会うことはできませんでした。でも沙慈はいつもよりあまり落ち込んでいる様子はなく。沙慈は刹那にそうありがとうと言います。

「ありがとう」
「何を?」
「そう言いたい気分なんだ」

 あの言葉はグラハムだけでなく、沙慈にも何か希望を与えたようです。もしかすると沙慈もそう思っていたのかもしれません。これがルイスにも伝わればと思いました。
 一方リジェネは刹那がイノベイダーとして覚醒していることを確信。

「純粋種として覚醒したか。
 刹那・F・セイエイ。
 それは、人類の命運を握る力だ」

 刹那は一体どこへ向かおうとしているのでしょうか…。

 プトレマイオス2に戻った後、刹那はヴェーダの場所が書かれたメモを皆に見せます。それによりソレスタルビーイングはヴェーダがあるとされる月の裏側へ向かうことを決めます。またリンダからオーガンダムなどの支援も。戦力補強も進みます。オーガンダムは何に使うのでしょうか。
 またアロウズもなにやらソレスタルビーイングせん滅作戦を敢行することを決めていました。しかも21隻の巡洋艦に108機という戦力…今度の戦いは厳しいものになりそうです。
 あとリボンズも遂にイノベイダーの総力をかけて、何か実行に移す気の様子。どの勢力も本格的に動いてきました。

 一方撤退していくルイス。ルイスはネーナを撃ったことでまだショック状態に。ですがそんな中、ネーナの死に逝く時、呟いていた言葉を思い出すとルイスは豹変、

「ざまあみろ」

 不気味な笑みを浮かべ、そう呟きます――。ルイスが本当にヤンデレに…。ここのルイスは本当に怖かったです…。ルイスの目は常に光っており、ルイスはイノベイダーへ更に近づいていきます。こうなると嫌な想像ばかりが浮かんでしまいます…。

 ヴェーダ奪還作戦、アロウズとの戦いが再び迫る中。ソレスタルビーイングの面々はその戦いへ向けてそれぞれ想いを語ります。メンバーはそこにすべての戦力が集まっていると考え、刹那も、

「今までにない激戦になるな」

 と、この戦いが熾烈なものになると考えていました。沙慈もまたルイスを救うために戦う決心を固めます。

「行くよ。僕の戦いをするために」
「クロスロード君…」
「決めたんです。もう迷いません」

 沙慈も最初の頃と比べるとかなり成長しましたね。何か感慨深いような…。
 ソーマも戦う理由があると戦うことを表明。

「私も参加させてもらう」
「ソーマ・ピーリス…」
「私にも、そうするだけの理由がある」

 アレルヤはこのソーマの言葉に戸惑いますが、ソーマもそこへ向かうしかないようです。
 そんな2人の決意の言葉を聞き、マイスター達も戦い抜く決心をします。

「そうだな。
 目的が違っても、俺たちはあそこに向かう理由がある」
「そして、その想いは未来につながっている。
 俺たちは、未来のために戦うんだ」 と刹那。
「イノベイターの支配から、人類を解放するために…」
「僕や、ソーマ・ピーリスのような存在が、
 二度とあらわれない世界にするために…」

「連邦政府打倒が俺の任務だ。
 イノベイターを狙い撃つ。そして…」
「俺達は変わる。
 変わらなければ、未来とは向き合えない」

 こう聞くと本当に最終決戦間近なんだなーという感じがします。皆、それぞれ明るい未来を目指しているところが良いと思います。あとそれぞれ目的が少し異なっていて、これまでの話がようやく繋がった気がしました。
 またここで休んでいたラッセも操舵士として復活!

「ここにいるだろ」

 ラッセも復活してきて良い流れに。また皆がひとつになってきたような気がしました!これならイノベイターにも負けない気がします。
 最後に刹那が皆の結束をまとめます!

「行こう…月の向こうへ」

 この時、ようやくソレスタルビーイングがひとつになった気がしました。皆の結束も固まってきました。月の裏側で何が待っているのでしょうか。


 一方グラハムはあの刹那の戦いに敗北したのに、こう生き延びていることを悔いて、

「武士道とは…
 死ぬことと見つけたり…」

 と、武士らしくと、短刀を握り、自害しようとします。でもそこで頭によぎってきたのはあの刹那から言われた「生きるために戦え」という言葉。これにグラハムはどうすることもできず、短刀を落とし迷います…。

「くっ…武士道とは――」

 グラハムもまた刹那によって変化がもたらされそうな気がします。あの刹那の言葉がグラハムを良い方向に導いてくれればいいと思うのですが…。とりあえず戦って死ぬ的な展開にならないように祈っています。ここまできたら何か違う結果が見たい気がします。


 ダブルオーガンダムへ出撃準備へ向かう刹那。と、そこにフェルトが声をかけてきます。本題に入る前にマリナは彼女?と聞かれた時、刹那が真っ先に否定していてちょっとマリナが可哀想に思えてきたり。マリナも同じようなものですが、もう少しデレがあってもいい気が。これでいいんでしょうか…。
 それからフェルトは刹那へ花を差し出します。それは刹那の故郷にかつて咲いていた花でした。その花に刹那も何か想うところがある様子…。この花もまた、これからの戦いに大事な役割があるような気がします。
 そしてフェルトは刹那に生きて戻ってくるようにとお願いをします。フェルトも良い子ですね…。それに刹那も頷きます。

「あっ…死なないでね。刹那」
「了解」

 刹那にも帰りを待ってくれる人がいました。こうなると刹那にはどうにか生き残って帰って来てほしいと思いますが…さてどうなるんでしょう。様々なキャラの想いが交錯する中、また戦いが始まります――。


 後半はソレスタルビーイング対グットマン率いるアロウズとの戦い。戦力的にはアロウズの方が上のように見えますが、ダブルオーライザーを持つソレスタルビーイングの方が優位に思えました。実際戦いが始まってしばらくはダブルオーライザーが活躍していました。
 が、アロウズもそれに対し対策をとっており、アンチフィールドが発動された瞬間、ダブルオーライザーの粒子ビームが使えなくなり、マイスター達は苦戦を強いられることに…。苦しい戦いが続きます。
 その最中、プトレマイオス2にも敵MSが迫ってきてスメラギ達も追い詰められていきます――。が、そこにクラウス率いるカタロンの部隊が現れ、ソレスタルビーイングを援護!初めてカタロンが頼もしく見えました~。これによりプトレマイオス2は危機を逃れます。ですがスメラギはまだある人物が援軍に来ると信じていました。
 するとその後これまで身を潜めていたマネキンの部隊もソレスタルビーイングを援護するために駆けつけてくれました!マネキンもまたカタロンのやり方に反発し、反カタロンを掲げる同士と共に立ち上がりました!

「我々は決起する。
 悪政を行う連邦の傀儡となった
 アロウズはもはや、軍隊ではない。

 世界の行く末は、
 市民の総意によってのみ、決められるものだ。

 我々は貴様らの蛮行を断罪し、市民にその是非を問う!」

 マネキンがようやくいるべき場所へ収まった気がしました。やっぱりマネキンにはアロウズは似合いません。
 で、マネキンがいるということはコーラも!コーラサワーもまたMSで戦いに参加します!

「不死身のコーラサワー!ただいま参上!!」

 久しぶりのコーラの出番に癒されました~。コーラもやっぱり00にある意味で必要なキャラだと思います。とりあえず不死身っぷりで頑張って欲しいです。

 と、援護に2つの部隊が駆けつけたことで、ソレスタルビーイングが形勢逆転。粒子アンチフィールドもなくなった後、ダブルオーライザーはグットマンがいた艦を真っ二つに。その中で部下も捨て、醜く逃げまとうグットマン。ですが、艦の崩壊に巻き込まれ、グットマンは艦と共に死を迎えてしまいます――。
 ここでようやくグッドマン死亡。メメントモリ掃射時からどうにかしてほしいと思っていたのでスッキリしました。今までの非道な行いを思い出すとリント動揺、当然の報いを受けたと思います。こうしてまた一人作中の悪が一人消えました。
 こうして戦いはソレスタルビーイング側が勝利。ヴェーダ奪還へ向けてまず一歩前進です。果たしてソレスタルビーイングはヴェーダを奪還することはできるのでしょうか。


 Cパートはリボンズ・リジェネのやり取りが。リボンズがここでようやくリジェネのこれまでの行動が筒抜けだったことをリジェネに告げます。これにリジェネは動揺…。むしろ気づかれない方がおかしかったかも。
 そして自分をバカにするリボンズにリジェネは怒り、リボンズへ向けて銃の引き金を放ちます――。

「僕だ…僕なんだ。
 人類を導くのはこの僕、リジェネ・レジェッタだ!」

 結局リジェネもリボンズと大差がなかったような…。考えがリボンズそのものですね。徐々にリジェネにも小物→死亡フラグがたってきたように思えました。
 頭を撃たれたリボンズは血を流し死亡――。まさかのリボンズの死でした。でも体のスペアがまだありそうな予感が…。リボンズはこんなことでは死なない気がします。何というかまったく死んだ気がしません。
 最後はそんなニヤりとするリジェネで終わりに。また銃撃ED…。ちょっと最近引きがマンネリしている気が…。どうにかならないものでしょうか。


 次回は「命の華」予告にリボンズが出ている件。せめて予告では隠しておくべきだったような。いよいよイノベイターも動いてくるようでこれまで以上に戦いが激化していきそうです。これから退場者がどれくらい出てくるかも微妙に気になります。リジェネはもうリーチがかかっているような気が。
 あとブシドー語録、4クール目もようやく記事にできました。これまでの記事のまとめです。こうして振り返ると、着々と刹那の戦いへ向けてブシドーは進んでいたんだなと改めて感じました。

 ガンダム002期の小説読みました。1期の時もキャラの描写が詳しく書かれていたので2期も期待していましたが、2期の方もしっかりしていて良い感じでした。特にルイスのアロウズに入隊するまでの経緯がおおまかに書かれていて納得しました。やっぱりリボンズにそそのかされていたようで…。すべての元凶がリボンズなんだと改めて感じます。あと沙慈のメールをアロウズに入隊するまでの2年間、そこに集中するために読んでなかったことが分かってよかったです。アニメでもルイスのアロウズに行き着くまでの経緯はある程度やってほしかったです。
 あと相変わらずブシドーの描写が熱いのも良いです~。何かここだけ文の熱量が違うような…。アニメではなかなか説明がないところも結構詳しく説明されているのでノベライズ版オススメです~。

 ハガレンの予告も新しいものになっていました。でもエド&アル以外の声はだいぶ変更になるようでショックです。特にロイが三木さんぽいとかで…。大川さんのロイが好きだったので残念です。原作ベースに進むと聞き期待していましたが、やっぱり声が変わるとなると不安ですね…。

 ではまた次回に!

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CLANNAD~AFTER STORY~ 第21... | トップ | 宇宙をかける少女 第10話 「... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あと3話! (ごろー)
2009-03-09 00:44:06
こんばんは。いつも丁寧な感想を素早くUPしていただきありがとうございます!
あと残すところ3話!頑張ってください!!

☆気になった点
▼イオリアの計画
結局の所、人類に精神的(他者との共感)・肉体的革新を促すことで、1ランク上の存在に覚醒させ、世界から戦争を根絶させたかったのでしょうか?!
=人類総ニュータイプ(&コーディネーター)化計画?!「逆襲のシャア」でアムロとシャアもそんな言い争いをしたような気がします。
▼刹那=純粋種
前回から出てきた「純粋種」という言葉。作中では、『(デザインベビーや薬物等の力を借りず)自己の力で覚醒する存在』のようです。GN粒子に助けられはしましたが、刹那は自らの力で素質を覚醒させ、超人類になったようです。
イノベイターとは「精神的、肉体的に革新した存在」のようです。他のガンダム作品でいうところのニュータイプ(精神)+コーディネーター(肉体)のような存在だと思いました。
イノベイターも、イオリアに創造されたリボンズ=第1世代、リボンズに創造されたリヴァイブ達=第2世代、さらにルイスのような薬物等で強化された第3世代がいるようですが、結局は「純粋種」の方が優れているようです。
所詮はリボンズも「作られた革新者」=「偽物」にすぎないと思います。リボンズ本人も「作られた存在」と認めているようですが…
▼刹那&フェルト
ビックリ!
刹那、マリナ、フェルトの三角関係が気になります。フェルト、ロックオン(ニール)→刹那と結構ちゃっかりしています^^;
▼ブシドー
「極み」とか「武士道とは…」とか、一言一言がいちいちカッコいいです!。愚直なまでに戦うことにすべてを捧げた姿が、潔くて純粋で逆にカッコいいです!!
▼マネキン
アロウズにクーデターを起こしました。1期の敵キャラは良識のあるキャラが多く2期では素敵です!正直、1期は(敵として)嫌いだったコーラサワーも今回大好きになりました!!
▼ルイス
病んでます…。「ざまあみろ…」とか怖かったです。
ただ、命の心配はないと思います。レグナントを倒せるような兵器って、00かリボンズの最終兵器(?)くらいだし。。。刹那がなんとかしてくれそうです。
※前回のルイスは最高でした!!悪辣なネーナに鉄槌を下し、ネーナもその悪行にふさわしい見事な散り際(自らが行ったと同様に圧倒的な力で命を踏みにじられる)で1期からの溜飲が下がりました!復讐を果たした後のルイスの壊れっぷりも最高の演出でした。
▼留美
自分の境遇を呪う、唯のわがままっ子でした。理由しょぼ過ぎ…ただ悪戯に世界を混乱に巻き込んだ罪は重いと思います。同情の余地もありません。。。
00は名作と思いますが、期待を膨らませておいて、雑な伏線回収も結構ありますよね…「監視者」(CBを監視してたのに今は放置?)とか「悪ハロ」(結局何よ?!)とか「ラグナ」(最近のCBは情報漏らしまくってるし、大した謎ではなかった。沙慈のお姉さん無駄死に!)とか「ネーナのヴェーダ接続」(これは脳量子波か)とか…
▼リボンズの「悪ハロ」操作
前回の「悪ハロ操作」は怖かったです。
で、ふと思ったのが、トリニティが教授を襲った際の「あなたは知りすぎた」はひょっとしてリボンズからのメッセージなのかと一瞬思いました。(普通に考えるとヨハンですが…)

00も小説は良い出来なのですね。アニメでは描けないところを丁寧に描かれると得した気分になりますよね!
昔の作品ですが、個人的には、ガンダム0083やガンダム0080が良い出来でした^^
特にガンダム0080はアニメの悲劇を、最後の数行でハッピーエンドに変えてしまった愛すべき準公式です^^
未来のために ( ヒム)
2009-03-10 17:23:29
 リジェネとリボンズは一見して同じような野心家に見えるのですが、両者は全く異なっているように感じています。イノベイターはいかにも人間味に溢れていますが、リボンズ・アルマークだけはその存在の持つ意味が違う様に思っています。たぶん、あの時リボンズは激昂していましたが、実は最初からツインドライブのことを知っていたのではないでしょうか。その辺りが“イノベイター(というよりリボンズ・アルマーク)が考えることは人間には到底理解できない。”という話によく出て来るセリフに結び付くのではないでしょうか。









ブシドー (通りすがり)
2009-03-11 10:39:03
「武士道とは…」と言って死のうとしましたが実は死ぬ気で戦えば活路を見いだせる(死ぬのを怖がって戦うと逆にあっさりと死んでしまったり)という意味合いで死ぬ事が美徳と言うことでは無いらしいです。
つまり刹那がいっていることの方が武士道に近いとも言えるかもしれません。
この後ブシドーが戦いの中で死ねるならかまわない。から生きる方に向かうと良いのですけどね
本当の激戦は次回から…。 (成実)
2009-03-11 15:30:17
ソウキさん、こんにちわ!!

リジェネが遂に、造反しましたね♪
ティエリア&リジェネをツボにしている私としては、凄く嬉しい限りなんですが…リジェネの行く末が、益々心配になりました…。(泣)
次回以降(個人的希望を含めて)ティエリア(CB)の味方になってくれれば良いんですが…そう簡単に行くかどうか…。(リボンズが、あのままリジェネを放っておくとも思えないので。)

私的には、リジェネはティエリアに感化されて“歪み”を浄化してほしいんですよね!!(切実)
「“イノベイター”であり“人間の心”を持つティエリアならリジェネを救えるのではないか!?」という…願望ですが。堕ちる天使を救えるのは堕天使だけ??(苦笑)
EDで、ティエリアのジャケットと共に沈む眼鏡がリジェネの物だと信じている私としては余計に!!
それに、リジェネはティエリアに執着している部分が有る様に感じるんですよね。
単独行動で勧誘したり、VSブリング戦での決意を楽しんだり。
この二人の(心含む)交流が無いと「態々同じ顔にする必要無かったじゃん!!」という意見が飛び交いそうですし…。(苦笑)

リジェネの場合「計画に対する純粋な想い」(これは、イノベイター全員ですね。)と「上位種・リボンズに対する劣等感」が有るのかも!?
多分、リヴァイヴ(初登場時)を嫌っている理由は「何の疑いも無くリボンズに従っている」だと思うんですよね?(まだ小説読めて無いので、違うかもしれませんが…。汗)
「イオリアの計画を完遂させたい」けど「リボンズのやり方(計画)には賛同出来ない」だから「せめて対等な立場で高みの見物」をしたけど、やっぱり賛同出来ないから「壊したい(止めたい)」という思いが募ってしまった。
ラジオで朴様が仰っていた通り“子供”ですね。実際に、リボンズ製作のイノベイターは10年強の年月しか生きていないと思うので。(製作が何年前で、目覚めたのがいつなのか解れば良いのですが…。)
「大人の頭脳を持った(小さい?)子供」と言ったカンジでしょうか?

反対に、リボンズの場合、「イオリアの計画を完遂させる」使命(思い)と「自分の思い通りに遂行させる」という黒い思惑が有るカンジに観えるんですよね。まさしく「独裁」的思想。
なので、リジェネを今まで同類故に寛大に見ていた事と今回、挑発して完全に造反させた事は、全て計算ずくの可能性が有りそうで…怖いですが…。(汗)

…って、リジェネの(擁護!?)話ばっかりになっちゃってスミマセン…。しかも乱文気味…。(汗)
残り3話で淋しいですが、どうなるのか凄く楽しみですねぇ☆ 待ち切れません!!
勿論、感想も楽しみにしています!!

PS.『鋼錬』エド&アル以外のキャストが大半変わるんですか!!?(驚)
残念ですが…三木さんのロイなら凄く聴いてみたい♪(笑)
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2009-03-12 23:07:52
>ごろーさん

 ごろーさんコメントありがとうございます~。残りも全力で頑張ります!

・イオリアの計画についてはそういう感じじゃないかなーと思います。やっぱり話的に行き着くのはそこになりそうですね…。それを果たした時、人類がどうなるのか気になってきます。

・刹那はイノベイターと言われていますが、確かに純粋種といわれるように、リボンズとはまた別の存在のように思えます。それだけにリボンズをどうにかできるかもと希望を感じます。きっとこの作品におけるニュータイプはイノベイターなんでしょうね。その力に目覚めた刹那が今、リボンズを倒すことができるのか気になるところです。
 リボンズもやっぱりイノベイターとして作られたということはやっぱり作り物でしかないようで…。刹那対リボンズの戦いの行方も気になってきました。

・刹那・フェルトは何故か終盤になると妙に接近しますよね~。何だかマリナ以上に恋に発展する可能性を感じます。刹那も意外とちゃっかりしていますよね…。

・ブシドーはもう毎回見るたびにシビれます!今回本当に武士道を極めようとしているのも分かり、更にカッコよく見えてきました~。今後の動向からも目が離せません…!

・マネキンも遂にクーデターを起こしたりと動いてきましたね。これまで出番がない時が続いていたので、出てきた時はとても嬉しかったです~。ようやく良識人なマネキンにふさわしい場所に落ち着いたなという感じがします。
 コーラサワーもマネキンが出てきてから見方が良い方向に変わっていましたが、今回味方になったことで私も更に好きなキャラになってきました~。何か妙にカッコよく見えてきます。マネキン・コーラの今後の活躍にも期待しています。

・ルイスは今後更に病んできそうで怖いです…。嫌な可能性も思いつきますが、とりあえず刹那・沙慈がどうにかルイスを救ってくれることを祈るばかりです。最後まで生き残ってくれればいいのですが…。

・留美に関してはもう救いようがなかったですよね。確固たる意思があるかと思っていましたが、すべては留美のわがままのためだったとは…。これは擁護しようがないです。最後はまあガンダムという作品らしい末路だったと思います。留美に関してはもう少し何か掘り下げあったほうが良かった気がしました。
 確かに00は1期に比べてだいぶ面白くなったと思いますが、ソレスタルビーイングの面々・沙慈・ルイスサイド以外はちょっと尺の問題なのか、伏線回収に荒がある気がします。確かに悪ハロやら絹江の死もあまり意味が今あるとは思えませんね…。もう少し制作期間があればまた話も変わってきたのかもしれませんが、話が面白いだけに残念なところだと思います。
・悪ハロ操作も怖かったですよね…。リボンズが更に恐ろしく感じてきました。今思うと確かにトリニティが教授を殺した際のセリフはリボンズの意志っぽかったですね。あの時のメッセージも今思うとまだ謎が多い気がしました。

 00の小説は黒田さんも監修されているので、結構面白いと思います。アニメでは語られていない設定なども詳しく説明されているのでオススメです。ガンダムの小説には過去そんなことも…!そうだとしたら、すごいですね…。その辺りのガンダムはまだ見たことがないので、これを機にいつか見てみたいと思います。

 ではでは~。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2009-03-12 23:09:01
>ヒムさん

 ヒムさんコメントありがとうございます~。
 リボンズとリジェネは考えは似ているように見えますけど、確かにリボンズの方がリジェネより更に上を行っている気はします。もしかするとその考えの先にあるものはまた違うものなのかもしれませんね。
 確かに2期はじめではリボンズはツインドライブのことは知らなかったように見えましたが、まだ色々分かりませんね。曲者です…。終盤、リボンズが一体どんな思惑で動いていたのかも見ていきたいと思います。
 ではでは~。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2009-03-12 23:09:24
 通りすがりさんコメントありがとうございます。
 今回グラハムが本当に武士道を志そうとしようとしていたことが分かったり、興味深い回でしたが、あのダブルオーライザーに負けて切腹しようとするシーンは何だか切なくなりました…。
 確かに今回ブシドーがあそこで見出した武士道は美徳とは限らないかもしれませんね。どこか間違った武士道だったのかもしれません。言われてみると刹那の方が武士道に近いですよね。最近の刹那は本当に達観し過ぎているようにも思えます。それだけに刹那ならブシドーを何とかできるかもしれないと期待できるような気もしてきます。
 では、ブシドーが戦いで死ぬ道から、行き続ける道を選び取ってくれることを祈りつつ、残り話数も見ていきたいと思います!
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2009-03-15 01:25:12
 成実さんコメントありがとうございます~。コメント返しが遅れすいませんでした。
 リジェネ反逆きましたね~。これまでフラグが立っていたのでようかくきたかという感じでした。でも予告を見る限り不安がどうにもたえませんね。生き残ってくれるといいのですが…。このまま死んだらティエリアと同じ顔である意味もあまりないですし…。2人が協力するシーンは見て見たいなと思います。リジェネの今後には期待しています。

 リジェネの反逆理由はやっぱり劣等感っぽいですね。イノベイターも結局は人間と同じようなものだったのかもしれません。あとはやっぱりイオリアの計画には賛同しているものの、リボンズのやり方が気に食わなかったというのもありそうな気がします。それが反逆のきっかけになってしまったのかもしれません。あとやっぱりリジェネには私も何か裏の目的がありそうな気がしますが、どうなんでしょうね。
 あとたしかにリジェネは子供っぽいですよね。成実さんの言う通り、目覚めてからリジェネはまだそんなにたっていないかもしれません。まだ外見・知識はそれなりなものの、思考の方が伴っていない感じがします。次回が楽しみになってきました~。

 ハガレンのキャストは一部のキャラを除いてほぼ総入れ替えらしいですよ。三木さんのロイはイメージ的にどうなんでしょうね。ロックオンのイメージが今は強いのでまだイメージがわかないのですが…。とりあえずまずは放送を見て見たいと思います!

 ではでは~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第22話「未来のために」 (MAGI☆の日記)
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第22話を見ました。第22話 未来のためにグラハムと刹那はお互いにトランザム化してぶつかり合う。「少年はかつて私に歪みがあると言った。だが、彼とて戦うことしかできない存在。だからこそ私は望む、君と戦うことを。この極みにある勝....
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第22話 『未来のために』 (SERA@らくblog 3.0)
生きて明日を掴む――。 グラハムを破った刹那は止めをささずに生きろと…。 月の裏側にあると判明したヴェーダの所在。 それぞれの明日の...
機動戦士ガンダム00 2nd season 22話「未来のために」 (Spare Time)
『連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイング殲滅のため集結しつつあった。最後の決戦を前に意気込むグッドマンたち。プト...
ガンダム00 2nd 第22話「未来のために」 (見ていて悪いか!)
グラハムのちょっと間違った東洋かぶれは、どうやらカタギリ指令の影響だったようです。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22 「未来のために」 (ゼロから)
真剣白刃取りをする刹那・F・セイエイ。これには、Mr.ブシドーも吃驚。Mr.ブシドー、戦死を免れました。
『機動戦士ガンダム00 2nd』#22「未来のために」 (ジャスタウェイの日記☆)
「俺達は未来のために戦うんだ」 アバンで、裸祭りの続きをするとは思わなかったけれど… 純粋種となった刹那の光る目を見てこれが、彼が...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第22話「未来のために」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
イオリアの目的は、人類を革新に導くこと----------。俺は変革する-----!!ブシドーの願い。戦うものだけが到達する極み。だが刹那は勝利だけが望みではない。「未来へと繋がる明日だ----!!」「切り捨て御免!!」でもその攻撃も刹那ってば、白刃取りでかわす!!(あ....
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第22話 『未来のために』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
ちょっと!ちょっとちょっと!!滝行してるよブシドー! これ何のギャグだよwww あの師匠とおぼしき日本人のおっさん(カタギリ父でした)の所為で、グラハムのキャラ崩壊が始まったのか…トホホホ…。
【機動戦士ガンダム00】第22話「未来とそして愛する大佐のために」 (今夜の番組から…。)
※個人的事情により、未来記事を事前にアップしています。よかったら、トラックバックセンター的に活用してください。 [ストーリー] クーデ...
ガンダム00 2nd #22 未来のために (ビヨビヨ日記帳2)
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない...
「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」22話 未来のために (蒼碧白闇)
刹那とミスターブシドーというかグラハムの戦いはあの世界から飛び出した後はわりとあっさりと決着がついた。 グラハムはあそこで散ってはい...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第22話 (新・たこの感想文)
「未来のために」 イオリアの目的は、人類そのものの変革。刹那の示した結論。グラハムとの決着をつけた彼だが、既に、ルイスの姿はない…...
機動戦士ガンダム00 2nd 第22話「未来のために」 (いとちゃん徒然草)
「俺は生きる。生きて明日を掴む。  それが俺の戦いだ」 果し合いに負け、独りで宇宙空間に漂うMr.ブシドーに 「生きるために戦え・・・」 と告げる刹那の呼びかけ。 「俺たちは、未来のために戦うんだ!」 出撃前、砂漠の戦場でも咲いていた黄色い花を フェ...
機動戦士ガンダム00 2nd Season #22 未来のために (Ηаpу☆Μаtё)
月のむこうへ・・・
機動戦士ガンダム00 2nd 22話 未来のために (欲望の赴くままに…。)
…ポポポポポ( ゜д゜)゜д゜)゜д゜)゜д゜)゜д゜)ポカーン…もう何が何だか  グラハムと刹那の戦いが間違った意味で凄すぎて呆...
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第22話「未来のために」 (WONDER TIME)
「俺達は変わる、変わらなければ未来と向き合えない」 アロウズとの全面対決っ!! 意外な援軍まで来ましたw グラハムと刹那の戦いの結末は…...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第22話『未来のために』の感想レビュー (gurimoeの内輪ネタ日記(準備中))
『僕は君達の上位種に当たる。創造主とも言える!』(Θ_Θ) やっぱり!なリジェネの離反と、まさかのリボンズ死亡?にドキドキなお話です。 アロウズがやられても手駒は十分、いよいよラスボスが重い腰を上げるか?と思った途端に即退場とは! 嘘だと言ってよ、バーニィ...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話 「未来のために 」 感想 (この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・)
  生きて明日を掴む。 それが俺の戦いだ! 機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話 「未来のために 」 の感想です。 今回の話に関するネタバレ...
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第22話「未来のために」 (アニメのストーリーと感想)
 プトレマイオス2に向けて宙域ポイントだけが表示された暗号通信が届いた。ポイントはラグランジュ5に存在する建設中のコロニーエクリプス。情報提供者はヴェーダの所在をソレスタルビーイングに教え、自分の目的を果たそうとする王留美。そうとは知らないスメラギは、...
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第22話「未来のために」 (破滅の闇日記)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD](2009/04/24)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る トランザム状態の2機がぶつかり合い、刹那とMr、ブ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第22話 「未来のために」 感想 (新・天の光はすべて星)
ROBOT魂<SIDE MS> ガラッゾクチコミを見る僕らのヒーロー・グラハムさんはアバンで早くも決着。滝修行なんてしてたのかwwwスサノオの顔がもろカスタムフラッグでしたね。彼はせっちゃんに見逃され生き恥を晒すことに。負けた敗因は明日を目指し戦ってい...
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第22話 「未来のために」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/06更新>前回(第21話 「革新の扉」)の感想をポットキャストにて収録! 「人類初のイノベイターとは?」、「マリナの歌のシュールさ」、「この先にあるのは人類補完計画?」等、アニメブロガーが集...
機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #22「未来のために」 (無限回廊幻想記譚)
「遂に審判が下される。 純粋種として変革した刹那・F・セイエイか、僕たちか。 そのどちらかが人類の行く末を決める…… それで良い」イオリア・シュヘンベルグがGNドライブを作った真の目的が人類を革新に導く事だった。グラハムはソレスタルビーイングが再び出て...
機動戦士ガンダムOO 第22話 「未来のために」 (アニメって本当に面白いですね。)
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ制...
機動戦士ガンダム00 2nd #22「未来のために」 (White wing)
盛り上がって来ましたね。何時もと同じオープンニングなのに何故か涙が出そうになった(笑)。
機動戦士ガンダム00 2ndSeason #22『未来のために』 (風庫~カゼクラ~)
グッドマン、散る…!! メメント・モリを撃ちくさったりしたお陰で巷の評判は宜しくない彼でしたが 個人的には「軍人らしい軍人」として結構好きでした。 あの体型も親近感を覚えるというか何と言うか(笑) 生き残るキャラとは思ってなかったですが、アロウズには必須...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第22話 『未来のために』 感想 (メルクマール)
「武士道とは、死ぬ事と見つけたり」の葉隠思想は、ミスターブシドーにふさわしいと思いましたよ。機動戦士ガンダム00 2nd Season 第22話 『未...
今日のガンダム00 #22 (地下室で手記)
「未来のために」前回の裸祭の続き。刹那はイオリアは人類の革新を狙っていて、現に自分は革新しつつあるとするが、勝負バカの乙女座仮面は勝負しか頭にありません。どうやら、乙女座仮面になるために修行をしていたようですしね。何故滝に打たれるだのそっちの方向にいっ...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン#22話「未来のために」 (塵を積もらせて山を築く)
刹那VSブシドーは刹那の勝利に終わる。 ダブルオーガンダムに勝てる機体はないでしょう。粒子になるし。 ブシドーは結局生かされちゃって「...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」 (ミナモノカガミ)
それぞれの理由。
[ガンダム00]ミライ・ヤシマのために 2nd第22話 (世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 考えてみればガンダム世界の政治ってとんでもないよね。  まず1stは地球連邦、トップは一体誰なんですか?レビルさんはあくまで軍の...
機動戦士ガンダムOO 2nd 第22話 「未来のために」 (リリカルマジカルS)
「不死身のコーラサワー、ただいま参上!!」 サワーさん久しぶりに登場したと思ったら、カタロンの一員になってて凄く驚いたw
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第22話 「未来のために」 (★一喜一遊★)
1カット目で笑ったのは初めてだ{/nezumi/} 滝に打たれてる(笑) あれ……ユニオンの人だったよね??? 修行は和風なのか{/face_ase2/} 「生きるために戦う」とか、最近の刹那はホントにイイ事を言いますね~{/3hearts/} 別々の目的。 みんな目的は違っても、一つに...
機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第22話「未来のために」 (黙々読書)
生きるために戦え! 第22話「未来のために」 今回はちょっと趣向を変えて最初に刹那のセリフを持ってきてみた。 生きるために戦え   ...
「機動戦士ガンダム002ndseason」第22話 (日々“是”精進!)
  第22話「未来のために」連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイングを全滅させるために集結を始める。そんな中、グッドマンたちは最後の決戦を前に意気込みを見せる。プトレマイオスでは戦いの決着をつけるため刹那たちが互いの決意を口にする・・・...
【機動戦士ガンダム00】 第22話 ~未来のために~ (エコロジー研究所)
Mr.武士道はいとも簡単にセツナに敗れて自害するかと思われた所で彼から言われた言葉を思い出して踏みとどまるか? どうか? リボンズはあっ...
ガンダム00 第22話 未来のために キャプ+++ (ゴマーズ GOMARZ)
機動戦士 ガンダム00 第22話 未来のために 残り話数もだいぶ少なくなってきてそろそろ戦って戦って戦いまくり になってくる時期ですね 予告編で死にまくりそうなことを言ってましたが どうなるんでしょう リジェネに撃たれたリボンズも予告に出てたような 気がしまし...
機動戦士ガンダム00 2nd seazon 22話『未来のために』 (Girlish Flower)
アバンがいきなり前回の裸祭りの続きでびっくりしました。 まだ裸祭りしてたのかー!
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第22話 「未来のために」 (紅蓮の煌き)
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第22話感想です。 武士道とは死ぬ事と見つけたり――――――
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第22話「未来のために」 (Happy☆Lucky)
 第22話「未来のために」
機動戦士ガンダム00 2nd season #22 「未来のために」 (徒然なるままに。)
いよいよ最終決戦ですね。 刹那vsブシドーの戦闘ですが、まさかアバンで決着するとは思いませんでしたw これ程までに実力に差があったとはw これから彼がどういう行動に出るのか…気になりますね。 個人的には味方になって0ガンダムに乗ってほしいな~^^ にして...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」 (はじまりの渓谷)
リボンズ「ライセンサーならこれ位の事はできないとね・・・」 グラハム「なっ?分身の術だと!」
武士道とは死ぬ事と見つけたり (*nicoponism)
[機動戦士ガンダム00] #22 「未来のために」 視聴メモ えーと、すみません。KO-FUNしすぎてなんだか意味わからんメモになっております。かすかな記憶を思い出しながら書いたので色々間違ってるかも
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」 (a cup of tea)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD](2009/04/24)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る いよいよ最終決戦に向けて動き出しましたね!盛り上...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」 (a cup of tea)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD](2009/04/24)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る いよいよ最終決戦に向けて動き出しましたね!盛り上...
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」 (a cup of tea)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD](2009/04/24)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る いよいよ最終決戦に向けて動き出しましたね!盛り上...
ガンダム00 セカンドシーズン22話 (ハルジオンデイズ)
22話「未来のために」
機動戦士ガンダム00 2nd 第22話 (雲の上からHello!)
あれ、リボンズさん!? 機動戦士ガンダム00 2NDシーズン #22 「未来のために」 刹那対ブシドーの一騎打ちの続きから。ってか、裸祭りの続きから(笑)。未来のために戦う刹那と勝利のためだけに戦うブシドーでは結果は見えていたのかもしれません。...
『機動戦士ガンダム00』#22『未来のために』 (なまけもののひとりごと)
ブシドーを撃破寸前まで追いつめた刹那でしたが、勝利に固執する彼にとどめを刺さず、 「生きて明日をつかむ。それが俺の戦いだ。生きる為に戦え」 と言い残して、去りました。 本日カップリング語りを展開しています。 特に刹フェルを受け入れられない方は、続きを...
ガンダム00 セカンドシーズン ♯22 未来のために (つれづれ)
 グラハムは相変わらず変な方に突っ走っていますね。逆に安心できますが。何だか後半の展開がめまぐるしかったです。
機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話 感想 (荒野の出来事)
 機動戦士ガンダム00 2nd season   第22話 『未来のために』 感想  浩Cアワードダブル受賞おめでとう!!     -キャスト-  ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22「未来のために」 (* Happy Music *)
おいおいグラハムさんよ、滝修業って何ですか・・・まあ刹那と戦う事が、彼の望みだったわけですが。 結局ハムさんは負けてしまったけど、刹...
機動戦士ガンダム00 2nd22話「未来のために」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
終局バトル、第一ラウンド なんかよくわかんないけど、最終決戦、始まりました。 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD] ¥4,618 Amazon.co.jp ・「極み」を求めるブシドー。 ・激突の後、00に敗れるマスラオ(スサノオ)。刹那はブシドーに...
機動戦士ガンダム00 2nd season#22. (色・彩(いろ・いろ))
「未来のために」 最終決戦へ。 アバンはいきなり刹那とグラハムの裸祭り(おい)の
今日のガンダム00[セカンドシーズン] 第22話 (玩具やプラモのガラクタ倉庫)
今日のガンダム00、先週ラストの裸祭りから2人とも一週間裸でご苦労様です、風邪ひいてませんか?連結したGNソードIIから発せられたプチトランザムライザーを受け流してGNソードIIを弾くものの、こちらの攻撃を白羽取りされた上折られてしまうグラハム(変態)意気...
■機動戦士ガンダム00 2nd season【#22】未来のために (此方彼方何方-コナタカナタドナタ-)
機動戦士ガンダム00 #22の視聴感想です。 総力戦。 戦う理由。 戦術予報。 援軍来る。 生きて明日を掴むことが戦い。 ↑さぁポチッとな
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第22話「未来のために」 (たらればブログ)
 マネキンとコーラがようやく戻って来ました!! ラストまで放置されたらどうしようかと思ってましたヨ。良かった、良かった(ホッ)  ミスター・ブシドーさんと刹那の対決は…あっさりとアバンで終わっちゃいましたね!! とどめを刺すように言ったブシドーさんに...
レミングス置鮎の逆襲(機動戦士ガンダム00 第22話レビュー) (徒然きーコラムヱボリューションターボタイプB)
機動戦士ガンダム00 #22「未来のために」 ★★★★★
ガンダム002nd#22「未来のために」 (シバウマランド)
おwミスターブシドー滝にうたれてましたw戦いは刹那の勝利止めを刺されませんでした…屈辱的ですねどうするのでしょうか。。ヴェーダへー皆それぞれの目的のために…最後の戦いですねフェルトと刹那はいい感じ?何かリボンズの後ろにいっぱいいますねーイノベーターwい...
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン」第22話:未来のために (伊達でございます!)
登場人物がひとりずつ、それぞれの思いと戦うための目的を、みんなの前で宣言。イノベイターの支配から人類を開放すると。「ダブルオー」って、そういう物語でしたっけ?
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第22話 (ラブアニメ。)
「未来のために」 マリナはヒロイン降格ですか? すっかり主人公らしくなった刹那と、本気で武士道を極めようとしてたんだね、なブシドー...
機動戦士ガンダム00 2nd 第22話『未来のために』 (アマデウスの錯乱?)
機動戦士ガンダム00 2nd 第22話『未来のために』
機動戦士ガンダム00 2nd Season#22 「未来のために」 (かきちらしせらぴぃ)
感想というか、メモ うーむ、どうにもseed臭が。 ここまで、武器を取るキャラクターは増える一方。 詳細は、コツコツ一直線、コトマニ。 カティ・マネキンは普通にカタロンと組んで戦闘参加。 1部隊と共に抜けてた。 ミスター・ブシドーは刹那に負けて諭されて...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22 「未来のために」 (らしんばん@うぇーぶ)
偽武士道はホーマーのせいだった!! どうみても真の武人は池田リポーターですが、何か?
ガンダムOO 未来のために ストーリーと感想 (おもむくままに)
OOの世界からこんにちは。 刹那の変革宣言を受けてグラハムさんは… 「それが君が会得した極みだというのか?」 なんか違う気がする。 グラハムはホーマー・カタギリ家であんな日本かぶれになったのか。 「復讐か…」と言うホーマーに対し 「私が求めるのは戦うも...
機動戦士ガンダム00 2nd season「未来のために」 (獄ツナBlog5927)
アニメガンダム00感想。[:hide:] ミスターブシドー、結構\、可哀想な……。 さんざん狂言回しを担当した挙句、敵には「俺は生きる」って言われて放置だもんなー。 月の裏側へー。 ルイスは、すっかり悪役っぽくなってました。 ネーナの家族、
『葉隠』を誰の翻訳・解説で読んだんだ?・・・ガンダム00 2nd 第22話「未来のために」 (ゆぐどらしる えくすぷれす Ver.2)
注目の刹那vsグラハム ・・・ えっ? アバンで終わりぃ~?! そりゃヒーローとラスボスの対決というわけではないですが、1期1話から引きずってるんですもん、おそらくこの2人...
機動戦士ガンダム00第2期22話「未来のために」 (空想野郎の孤独語り)
滅茶苦茶レビュー更新が遅くなってしまいました。汗 今回は「グラハムくん、日本一のブシドーになりなさい」と、 刹那と沙慈の「主役&ヒロイン」関係が濃密に描かれて大満足♪ 今回は重要なポイントというか、個人的に注目してる箇所、 人間関係は全てアバンに集...
機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 22話 (ワタクシノウラガワR)
#22 「未来のために」 満を持して…? マネキン大佐登場! 姿を消したと聞いた時から、こんな風に現れてくれる事を期待していました。...
予定よりも早く宇宙花火大会緊急開幕!!三木さんのサンライズロボットアニメレギュラーの法則は次回、3度目の発動がされるのか!? ガン... (シュージローのマイルーム2号店)
 今回から、緊急で宇宙花火大会が開催されちゃいましたガンダムOO。  しかも次回からは、トレミー軍らにも死亡者が次々と出てくるみたいで...