コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ中心に感想レビューしています。今期は牙狼<GARO>魔戒ノ花・Free!2期・花物語で!

ひぐらしのなく頃に解 第24話(最終回) 「オシマイ」  感想

2007-12-19 18:37:18 | アニメ・ゲーム感想など

 ひぐらし最終回だけでも感想を書いてみようと思います。この半年間、毎週ひぐらしが楽しみでした。結末も待ち望んでいたものを見れて満足でした。皆が救われて良かったです…。
 今回書き上げるのに妙に時間がかかってしまいました。何だかんだで二日かかりました…。最終回は語ることがたくさんで大変です。


 正直、最終回を見るまで、その前回の展開が終わる雰囲気とは思えず「次で本当に終わるのだろうか…」と心配していたのですが、無事にまとまってよかったです。まあ原作の良いシーンがはしょられてはいるんだろうな…とは原作をやっていなくても感じますが。
 その最終回では富竹、赤坂の逃走劇、そしてそれを銃で見事に援護する詩音、葛西と見所はたくさんありました。途中の梨花、赤坂の再会シーンはこの2人好きな自分としては嬉しかったですけど、何だか違和感を感じていたり。アニメには何か途中の過程が足りないと思います…。

 印象的だったのは部活メンバー達と鷹野が対峙するシーンでした。部活メンバーの皆が怯むことなく、鷹野の銃の前に立ったシーンにはああ、皆成長したんだな…という実感が。特に魅音が部長として皆の前に

「皆を守れるなら、こんなに嬉しいことはないね」

 と立つシーンが良かったです。カッコ良すぎ…。この後鷹野が1発しか入っていない銃を発砲するシーンはドキドキしました。皆に当たらなくて良かった…。奇跡ですね。
 途中のババ抜きとジジ抜きの話は始め聞いた時はどういうことかピンときませんでしたが、最後の方の方になって不幸になる人がいなくなることだと気付いて、この作品の奥深さを感じました。単に悪を討つというだけではなく、犠牲者を出さないようにするというのはこの作品ならではのもので良かったと思います。ただ鷹野はいつ雛見沢症候群にかかったのか謎でした。前振りがなかったような…。
 ここのシーンは鷹野を演じる伊藤さんの演技が素晴らしかったです。ひぐらしは声優さんがベテランの方ばかりで、演技面は文句なしでした。

 そうして鷹野との戦いも終わり、綿流しの祭りに。もう誰も殺されないですむんだ…と思って見られることが、こんなに安心するとは思えませんでした。素晴らしい世界です。皆が祭りを楽しむシーンには癒されました。まあそれでも今まで溜めてきた分、ちょっと喜びを分かち合うシーンが少ないと思いましたが、そこは原作で補完していきたいと思います。アニメも終わったことですし、そろそろやってみようと思います!原作ではこの辺もバッチリだそうなので。
 最後、梨花と羽生がカレンダーをめくるシーンは2人の笑顔が最高でした。誰よりも嬉しいのはこの2人ですね。やっと未知の7月が〜。これから皆で幸せに暮らしていって欲しいです。
 
 流石に最終回はCパートはないかと思っていたら、最終回にもCパートが。ここでは両親が事故に会う前の美代子、そして大人梨花が登場してきてびっくりしました。大人梨花は思ったより素敵でした。…黒梨花モード全開で怖いですけど。胸は大きくなっていたのかどうか…。初めてこのシーンを見たときはびっくりしました。この2人のやり取りがどう実現したのか気になるところです。そもそも今思えばこの人物は本当の梨花なのかも謎に思えます。ここでは大人梨花の、

「…あなた、生きたい?死にたい?」

 という問いかけが印象に残りました。どうやら大人梨花は運命を変えようとここに来たようですが…。大人梨花のそっけない態度が個人的に好きです。
 そしてこの2人の会話により鷹野の悲劇は回避され、家族皆無事にその日を生き延びることはできたようです。途中、何だか事故っぽい描写がありましたが、美代子が何事もなかったかのように、お子様ランチの旗を集めているのを見ると、助かったようです。とにかくこれで惨劇の元の原因もなくなり、良かったと思います。皆の救いというのは、こういうことだったんですね。まさかここまで描かれるとは思いませんでした。これを見て大人梨花は微笑み、去っていきます。これで美代子も本来の運命よりは幸せになれるといいですね。ここで話もおしまいに。
 
 こうしてすっきりと締めて2期は終わりましたが、どうやら3期制作が決定したらしいですね。驚きました…。でも普通にCMでさらりとやってしまうので、「これ本当なのか…?」とTVで見ていた時は疑っていました。放送の終わりにやってくれれば実感もあったと思いますが、CMでやられてしまうと…。で、それからネットで色々ニュースを見ていくうちに本当だと実感しました。ちなみにこのCM面白いので、1度是非見てみて下さい。特に映画の告知のレナの「嘘だ!!」が最高でした。皆が言いたいことをいってくれました!
 でも正直2期までやったのに、3期をやるというのはどうかなーと思う部分もあります。2期が上手く終わったのもあって。やるとしたら本編以外のものになりそうですし。アニメは最大でも4クールぐらいが丁度良いと私は思います。あまりやりすぎるとなんだかありがたみが…。

 とりあえず半年間無事に放送が続いてよかったと思います。途中放送が中断してしまった局があったのは残念でしたが。ひぐらしの本当のテーマが、残虐的なものでなかっただけに残念でした。沙都子を皆で助けようと、皆一丸になって頑張る話では、これがひぐらしの伝えたいことなんだろうな…と感じていただけにショックでした。むしろこの話を今の世の中の多くの人に見てもらうべきなのではないかと思います。
 その中で放送を続けてくれたチバテレビには感謝します。チバテレはいつもこういう時、よくやってくれますね。チバテレなしではアニメはもう見れません。


 では半年間楽しませて頂きました。2期は画のクオリティが高めで良かったです。話も2クールだったからか、1期よりはじっくりやってくれたような気がします。1期は本当にはしょりすぎでよく分からないところが…。さて、3期はどうなるのでしょうか。大人梨花の辺りをやってくれればいいのですが。
 では3期も始まったらチェックしていきたいと思います!

ジャンル:
アニメ
コメント (2) |  トラックバック (22) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 機動戦士ガンダム00 第11話「ア... | トップ | ジャイキリ絵 その1 椿 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ヴァイ)
2009-10-01 22:34:19
梨花の胸のことはツッコマないであげて下さい。w

まぁ確かに無かったけど。。。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2009-10-06 23:37:55
 ヴァイさんコメントありがとうございます〜。こちらこそはじめまして。
 梨花の胸はチャームポイントみたいなもので、これはこれでいいんじゃないかなーと思います。…確かにかわいそうですけど。成長したらそれなりに大きくなっているようだったので安心しました。
 ではでは〜。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱 「オシマイ」(最終回) (* Happy Music *)
葛西さんの援護射撃と、園崎家御用達の防弾仕様の車のおかげで、無事に村を脱出できた、赤坂さんと冨竹さん。 そして富竹さんは、戦闘エリート部隊である番犬部隊を呼ぶ事に成功す...
ひぐらしのなく頃に解 #24(終) 祭囃し編 其の拾壱 「オシマイ」 (月の静寂、星の歌)
 いつの世も穢れは一つに集められた。  それを誰かが背負って消えていく。  犠牲と共に守られる、そんな世界。  一対であるべきカードが欠けた時に生じた運命の歪みは、  幾度も反転を繰り返し、次第に穢れを濃くしていった。  間もなく一つの世界で、一つ...
ひぐらしのなく頃に解 第24話 『祭囃し編 其の拾壱 オシマイ』 感想 (荒野の出来事)
 ひぐらしのなく頃に・解  第24話 『祭囃し編 其の拾壱 オシマイ』    えーと・・・ エピローグは??  ※しかしCMに偉いことが書かれていた・・・。  基本的には、攻...
ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱 「オシマイ」 (最終回) (アニメって本当に面白いですね。)
ひぐらしのなく頃に解   お勧め度:お勧め   []   チバテレビ : 月曜(07/09) 26:10〜   サンテレビ : 月曜(07/09) 26:10〜   AT-X : 水曜(07/11) 09:30〜   KBS京都 : 金曜(07/06) 26:30〜   テレビ神奈川 : 土曜(07/14) 25:30〜   東海テレビ ...
スケッチブックのなく頃に 12話と最終話 (白狼PunkRockerS)
熱い風を振り切って 走れ 気持ち 止まらずに 夏の記憶 1人抱きしめて 君を超えてゆけるかな 光射す道を ずっと進んでゆこう 空のむこう側まで 来週でラストなのにOPが...
ひぐらしのなく頃に解 第24話【終】感想 (AAA〜悠久の風〜)
ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱 「オシマイ」 感想いきます。
ひぐらしのなく頃に解 第24話 「祭囃し編 其の拾壱 オシマイ」 (ネギズ)
ついに最終話! それでは感想行きます。
ひぐらしのなく頃に解第24話・祭囃し編其の拾壱「オシマイ」 (アニメのストーリーと感想)
 入江診療所で拘束されていた富竹を救出した赤坂は、興宮に向かい車を飛ばす。しかし その前には対戦車ミサイルを持つ山狗が待ち受け、ミサイルを発射しようとした。その瞬間 山狗メンバーの右肩をライフルの弾丸が射抜いた。「銃声はなかった距離400以上だ!」離れ...
ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の 拾壱 「オシマイ」 (ムメイサの隠れ家)
葛西の狙撃の援護で無事封鎖線を突破した富竹は番犬部隊を呼び寄せる。その事で小此木を始め山狗は皆投稿の意思表示、そして追い詰められた鷹野は・・・ 魅音の見せ場の小此木と...
ひぐらしのなく頃に解 24話 (自己満足)
祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」 いよいよ最終話。まぁいいたい事は別欄に記したので軽く話の流れ。 葛西の援護射撃により山狗の検問を突破する富竹と赤坂。富竹の東京への通報により戦闘部隊の番犬部隊を呼ぶ事に成功する。 一方で部下に撤退を命...
ひぐらしのなく頃に解 第24話 「祭囃し編 其の拾壱 オシマイ」 (リリカルマジカルS)
ロケットランチャーに狙われたトミーは大ピンチでしたが、葛西の驚異的なスナイパー射撃で難を逃れましたw 銃をも弾く装甲車並の自動車とかピンチがピンチじゃない展開に少々げ...
最終話(第24話) ひぐらしがなく頃に解 祭囃し編 その拾壱 「オシマイ」レビュー。 ((*´0`*)おはよーブログ)
あなたの亡骸に土をかける― それが禁じられていたとしても― 純粋なまなざしの快楽には― 隠しきれない誘惑があった― どうして罪があるのだろう― どうして罰があるのだろう―...
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の拾壱 オシマイ (Ηаpу☆Μаtё)
三期決定〜!!
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の拾壱『オシマイ』 (風庫~カゼクラ~)
遂に最終回を迎えた「ひぐらしのなく頃に解」ですが、 アニメ第3期制作決定とな?! いや、フツーにビックリしたさ。 だって今回である意味キチンと結末を迎えてないか? 第3期ってナニがどうなるんだろ。 ↓ 全 力 で 応 援 中 ! ↓
(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第24話 「祭囃し編 其の拾壱 オシマイ」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産> 雛見沢村の通信網は山狗によって遮断されていた。そのため富竹は、自衛隊と連絡を取るべく村の外へと向かう。だがその途中には、山狗がバリケードを張っており、富竹は行く手をふさがれることに...
ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」 (●○PEKO LIFE●○)
☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
ひぐらしのなく頃に解 第24話 (本を読みながら日記をつけるBlog)
「祭囃し編 其の拾壱 オシマイ」 「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>保志総一朗 中原麻衣 雪野五月 フロンティアワークス 2007-11-21売り上げランキング : 1103Amazonで詳しく見る by G-Tools 赤坂達の乗る自動車に向けられた対戦車...
ひぐらしのなく頃に解 24話と総括 (さすらい旅日記)
「祭囃し編」其の拾壱「オシマイ」。 内容云々よりもまず第三期制作決定というCMにビックリ。 ここに来て「澪尽し編」やってもまったく意味ないでしょうし、まさか「賽殺し編」を ...
【ひぐらしのなく頃に-解】梨花illustと24話〔祭囃子編 其... (くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】)
〔ひぐらしのなく頃に-解〕24話(最終話)〔祭囃子編 其の拾壱 オシマイ〕ヤクザに狙撃なんて出来るんだ。凄いね。先々週富竹が捕まり縛られ猿轡になった時には、トミーはまた死ぬのかなって思ったのだけれど(トミーごめん)、富竹と赤坂の活躍で、番犬部隊への要請が....
「ひぐらしのなく頃に 解」祭囃し編最終話 〜御子様定食に立てられた旗の奇跡は〜 (混沌と勇気日記。 〜聖職者に告ぐ、永遠なき誓いを〜)
興宮へ向かう車に向かって、RPG-7を構えている山狗が突然何者かに肩を撃たれた。 銃声がしなかったため、一人の山狗が狙撃手が400メートル先にいるといった。 構わず、山狗は自動小銃を出しては発砲する…が、“車に傷一つすら与えられなかった”。 詩音「そりゃそ...
ひぐらしのなく頃に〜解〜祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」 (月の満ち欠け)
2クールにわたって繰り広げられた鷹野との戦いも今日で終了。 第三期決定!…って何をやるんだろう??
『ひぐらしのなく頃に 解』 古手梨花 (ゆったりイラスト空間)
< 『ひぐらしのなく頃に 解』の梨花ちゃんです。 “解”シリーズに突入して以降、より一層≪表≫の顔と≪裏≫の顔の混在を見せる彼女。 ...