さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

むかし話には人間の本性が現れる(1)

2017年07月14日 | らくがき

「雪女」と「姥捨て山」

 友人と酒を飲んでいたら、いつまで酒を飲めるか、年金生活になったら難しいかもな、なんて話になり、そいつは「ジイさんたち、まとめて始末できませんかね」などと言い出した。古ぼけた居酒屋なので、まわりはジジーばかりだというのに。「物騒だな」と返すと、「だって俺らの年金はすげー減らされますけど、いまのジイさんたちはすげーもらってますよ」と不満を返してくる。「お前がジイさんになったら、若い連中に始末しろって言われるぞ」と言ってやると、「そうですね、がっはっは♪」と笑っていました。

 こいつは満員電車に乗るとき、「つめろよ」とムッとするけれど、乗り込んだ瞬間に、次に乗ってくる客に対して「次のにしろよ」とムッとするタイプでしょう^^;

 この話で思い出したのが、先日書いた「青梅の雪女」です。東京の青梅が舞台とされるラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「雪女」では、雪女はジイさんには息を吹きかけて凍死させますが、横にいた美青年は「若くていい男だから」と殺しません。ジジーはこの世に用無しってか?「姥捨て山」はババーを捨てるしな。こういうのを「棄老伝説」といって、世界中、どの時代にもその原型は見られるようです。

 むかし話、すなわち人々の間で長年語り継がれてきた民話というものには、人間の本性が基軸に描かれており、それはしばしば残酷であったりエグイものであったりするのです。

           

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天神橋筋商店街 天満酒蔵 | トップ | むかし話には人間の本性が現... »

コメントを投稿

らくがき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。