さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

昭和レトロ商品博物館

2017年06月18日 | 関東甲信越



秋田の「レトロ博物館」、会津若松の「昭和なつかし館」もなかなか見ごたえがあり
ましたが、今回は青梅の「昭和レトロ商品博物館」です。青梅の名物である映画の
看板もいろいろ並んでいます。



これ系の博物館で、必ずあるのが駄菓子屋の展示。未就学児は3つまでタダ、小学校
低学年は、1つだけタダ、なんて店をやってみたいねえ。おかーさんに怒られるか?



コカ・コーラ関連商品のコレクターがいたようです。子供の頃によく飲みましたけれど、
あるときからパタッと加糖炭酸飲料は飲まなくなったなあ。酒飲むからかな?



チエゾウの大菩薩峠かー。小説も長すぎて途中で読むのが止まってるな。映画も
一部、二部と途中で途切れているんだよね。あれっというところで「第二部終わり」
とか^^;



「軍事将棋」が展示されていました。小さい頃にやりましたね。お互いに自分の駒が
相手に見えないように配置して、ぶつかったら、それぞれの駒の強さで勝敗が決まるの
です。大将は一番強いのですが、最弱のスパイにだけはやられちゃう。ヒコーキは
飛ぶことができて、地雷は動かせない。

相手の駒が何であるか推測して戦うゲームなので、審判が必要です。ぶつかったら
審判が「こっちの勝ち」と、負けた駒を取り除くのです。全滅させるか、相手の
総司令部を落としたらゲームに勝ちです。




これは普段触らなかったので、私の母や祖母などが懐かしく思うかもしれません。
富山に古い薬の商品が並んでいる博物館がありましたね。



あれっ!「キャンディ・キャンディ」なんて、「レトロ」じゃないんじゃ?!
でも原作者と漫画家との間の争いになって作品がお蔵入りし、それから長い年月が
経っているので、いまの若い人などは知らないかー。

「ウルトラマン80」も80年代なんだから、古くもないよなあ~。「セブン」のアンヌ
隊員だって、まだ元気だぞ?



2階に上がったら、ここは「雪女コーナー」でした。なぜ青梅に雪女なんだ?

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、日本中で昔話や伝説を聞いて回って再編集
しました。そのうちのひとつが有名な「怪談」です。その一編の「雪女」の舞台が
どうやら青梅なんですー。w(゚益゚)w

ハーンの作品の序文に、「西多摩郡調布村のある百姓が語ってくれた」と書いてあり、
ここ青梅は1951年の合併まで調布村だったのです。作品の冒頭には「武蔵の国」と
書いてありますね。川が出てくるから多摩川かぃ。ここは雪深い村だったのか?

ハーンといえば、熊本の住んでいた家を見物したし、ギリシャのナフプリオンの食堂の
おじさんは、突然ハーンの話を出したっけなあ(ハーンはギリシャに滞在し、そこの
娘と結婚したのです)。

静かな雪の夜、白衣の女が現れ、フッと息を吹きかけて老人を凍死させてしまう。
横で見ていた若者は美少年だったので、殺すのをためらい、雪女は「誰にも言っちゃ
ダメよ」と言い残して
消えてしまいます。

見たいー。色白の透き通るような雪の精。美少年は勘弁してくれるっていうしー(^益^)b



青年はその後、ほっそりとした美少女と結婚し、10人の子供が生まれて幸せに暮らし
ます(すごい精力だな)。しかしある夜、女房に雪女と出会った話をしてしまいます。

「誰にも言うなって言ったのに~~~!あれは私だったんだよ~。」突然怒り出す雪女。
でも子供が10人もいるので、男を殺さずに雪女は消えてしまうのでした。

禁止事項を破ってしまい、平穏で幸せな生活を失ってしまうという筋立ては「つるの
おんがえし」と同じですね。

私は思ったのですが、透き通るような美女がやってきて息を吹きかけて凍死させて
くれるのなら、おそらくお願いしたい男たちは山ほどいると思うけど。中央線に
飛び込んで大変なことになったり、病院でいつまでも管をつけられているよりずっと
いいよねェ?俺は「うっとり凍死」がいいな。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レトロな建物が並ぶ青梅街道 | トップ | 伝説の居酒屋 銀嶺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。