さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

アテネのシーフード

2016年10月13日 | ギリシャ



アテネに帰ってきて夕食です。この日はシーフードで評判の店に行く。人気店だけに、
さすがに早い時間から席が埋まっておりました。

それにしても、ギリシャのレストランではみなさん外で食べます。室内に席があっても、
誰も座っていなかったりします。外のテーブルから埋まるのです。

しかし外だけに、ハエや蚊がいるわけです。蚊が多いのにはまいったなー。



さて何度か食べていて段々気づいてきたのですが、どこもハウスワインばかり。
つまり常に「赤」「白」「ロゼ」という地酒の選択肢しかないのです。決して味も
悪くはないのですが、アテネというギリシャの首都だというのに、立派な
レストランに入っても、高級なやつがない。ちと寂しい感じもするのでした。



「ザジキ」というギリシャの名物料理。ヨーグルトに胡瓜です。オリーブオイルと
ニンニクが入っています。これが意外とおいしい。気に入ったので、帰国して
作ってみました。ヨーグルトの水分をとるのがポイントですね。



これまたギリシャ料理定番の「サガナキ」という料理。チーズとトマトを使った
鉄板焼きです。このときはエビ。この味、一度目はおいしい。二度目はめずらしさが
なくなってきて、三度目には飽きてくる。しかしギリシャでは、どこにいっても
このチーズとトマトの鉄板焼きが出てくるのだ。シーフードといっても、どこも
イカ、タコ、エビばかりなので、これも少々飽きてくるのでした。。。



ムール貝のリゾット。これも美味しかったです。ムール貝といえば、大船渡の
仮設復興バーを思い出すなあ。新聞で見たけれど、その後ムール貝を養殖して、
各地に広めて売り込もうと頑張っているらしいです。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エギナ島からアテネへ帰る | トップ | アテネからナフプリオンへ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。