さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

オリンピアへ向けてトリポリを通過

2016年11月07日 | ギリシャ



ナフプリオンから、とりあえずトリポリへ到着しました。さてさて、ここからオリンピアへの
バスはあるのか…?



すぐにチケット売り場の窓口へ。すると12時発、2時間後にオリンピア行きがあるでは
ないですか。とりあえず今日中に行けるとわかって安心する。バスのタイムテーブル
くらい、HPですぐにわかるようにしてほしひ。オリンピックのときもこんなんだった
のかいー。



ひまなので、中をうろつく。トリポリはあちこちへ行くバスの発着場所なので、
バスを待っている人がたくさんいるのです。

こういう場所を「ハブ」と言いますよね。車輪の中心部で、車輪の外周と車軸をつなぐ
スポークの集中する部分です。ネットワークでも、様々な装置をつなぐ集積装置が
ハブと呼ばれます。

私はいろんな人と酒を飲んで、そんなときによく間接的な知り合い、他の人の様子を
聞かれることがあります。友人に「さきち・さんはハブだから」と言われたことが
あります。

この言葉にどきっとしたら、それは若い人(^益^; 若者言葉で、「ハブ」「ハブにする」
というと、「はぶく=省く」すなわち「仲間はずれにする」なんですよねー。

きれいな女の人たちのハブならええのお(*´Д`)
いや、ハブにされるとかじゃなくて・・・



例の固いパンを買う。ウィーンでよく食べました。もちがいいので、ホテルの朝に
とっておけるのです。あちこちでタバコをプカプカしています。いいねえ(^。^)y-.。o○

最近東京では、喫煙エリアがどんどんなくなり、路上も禁煙だし、まったく途方に暮れて
彷徨うことしばしば。どこか田舎に移住しないと息苦しいのう。



さぁてバスが出発。席はなんと最前列でした。景色が良くてゴキゲンです(^益^)b



ガラス越しでもわりと良く撮れているでしょう?カメラのオートフォーカスも
なかなかよく働いてくれたのです。



ちなみに土地勘がないので、どこをどう走っているのやら全然わかりません。
ギリシャ語はアルファベットもわかりませんので、標識、看板も読めないのです。
そういえば、「アルファベット」って、ギリシャ語のアルファ"ἄλφα"、ベータ"βήτα"
からきてるんだよねェ。




どこを走っているのか、何時に着くのかもわからない~w



バスは山を越えてゆきます。山の下に小さい家が見えているの、わかりますか?
PCなら、クリックして大きくして見て下さい。絶景です。 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピアへの長距離バスは | トップ | オリンピアに到着 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。