さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

会津若松の街を巡る

2017年05月17日 | 東北シリーズ



昼飯にラーメンでも食べようかと、「くるくる軒」にやってきました。私はよく昼に
ラーメンを食べるのですが、会津若松ではとんこつやら何やら、凝った店が多い印象で、
普通の(?)さっぱり系がなかなか見つかりませんでした。ここは白味噌でしたね。



ここも人気で、ちょっと並びました。ところで右のほうに「てんぐ屋」という居酒屋の
看板がありますよね。この奥にある店、今回は2泊なので行けませんでしたが、なかなか
良い居酒屋なのですー。



ホテルに帰ったら、まだ部屋の掃除ができていなくて入れませんでしたw
連泊なんだけど、チェックイン時間の15時前でしたからね。しかたなく、喫茶店「蔵」
へ。ここは名前の通り、蔵の内部を改装した店です。なかなかいい感じで、いつも
使っています。



カップをくるり。デザインもいい感じですよね。ケーキも頂きました~^^



時間もあるので、ぶらりと鶴ヶ城へ。このお城を見ると、戊辰戦争でひどい砲撃を受け、
ボロボロになった写真の光景を思い出してしまいます。大山捨松さんが、幼少の頃に
この内部にいて、濡らした布団を砲弾にかぶせたのです。そして今回飯盛山に登り
ましたが、その光景を白虎隊の少年たちが見たのですね。。。



いまはきれいになっていますねェ。



お城の近くに、会津藩の藩校、日新館の跡地に碑があります。この学校は、上級藩士の
子弟が通ったのです。礼法、書学、武術などを学び、成績優秀者は上級の学校へ入り、
そこでも優秀だと江戸や他の藩へ留学できたとか。素晴らしいシステムだなあ。



戊辰戦争で校舎は焼失しましたが、この天文台の跡だけは残りました。「天地明察」で
出てきた渋川春海の暦なんかも学んだのでしょうか~。



一階は改装してとっぱらっちゃったのでしょうね。だってたくさんの窓が立派ですもの。



2階の窓を見てみると、あれれ、人はもう住んでないのかしら?凝った窓枠ですよね。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津飯盛山 さざえ堂 | トップ | 会津若松 夜の酒 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。