さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

房総の旅はじまる

2017年08月09日 | 関東甲信越



今回は房総の旅。東京のお隣だというのに、すごく田舎なのが千葉。「東京ディズニー
ランド」、「新東京国際空港」、「東京ドイツ村」、「東京情報大学」、ぜ~んぶ千葉に
あるというのに、なんでも「東京」をつけたがるのが千葉。それならもうアクションスター、
東京真一でいってみよう!


というわけで、行程は高速バスで浜松町からアクアラインを渡って一気に勝浦へ。翌日には
外房線で北上して大原へ。そこからローカル線のいすみ鉄道で大喜多へ寄り、そのまま
終点の上総中野へ。そこから乗り継いで小湊鉄道で五井へ。内房線で千葉を回り、船橋に
寄って帰るというルートです。房総半島を横断するローカル線はどんな旅だろう(^益^)b



ここは浜松町のバスターミナル。あちこちへ向かうバスは5分おきに発車しています。
人もまばらなので列はできていない。夏休みなので、海水浴に行く子連れの家族旅行
なんてみんなしないのかなー。



最初は東京駅へ向かいます。朝のオフィス街を通る。働く皆さん、ご苦労様です^^



東京駅を出ると、次の停車はもう木更津。アクアラインを渡ると、特急列車よりも
早いのです。これからレインボーブリッジを渡り、台場を通過します。



むかしここをデエトしたなー。車で渡ったこともあるし、歩いて渡ったこともあり
ました。なーんか失った恋のお墓参りみたいな気分になるな。お盆も近いしな…。



北の豊洲方面。はるか向こうにスカイツリーが見えていますね。



台場の観覧車な~。乗ると、3時のところと9時のところでchuするんだよなー。
つい12時付近まで熱心にやっていると、隣の箱の客に見えてしまい、降りるときには
ほぼ同時だから気まずいんだよな~。



台場を過ぎると、もう羽田空港。着陸する飛行機が見えました。



そしてアクアラインに入ると、一気に海の上へ。東京湾の真ん中です。



東京湾は、いつも船が大混雑。



信号もない直線なので、あっという間に対岸の木更津に到着します。前にも驚きましたが、
陸路で東京湾岸沿いに進めば、東京、船橋、千葉、と順を追って田舎になっていきますが、
アクアラインを渡ると「どこでもドア」をくぐったみたいに、「あれっ!」と田舎に
なります。どんなに早い新幹線でも、景色は順を追ってゆくので、これほど劇的に
風景がガラリと変わるのは、これをおいて他にはないでしょう。



そしてバスは房総の内陸部に入ってゆきます。10分もかからずに、いきなりこうですぜ。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の中に自分がいる人、い... | トップ | 勝浦 八幡岬へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。