さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

アテネからナフプリオンへ

2016年10月15日 | ギリシャ



この日はナフプリオンへの移動日。バスターミナルは不便でわかりにくいところにある
ので、ホテルにタクシーを呼んでもらいました。それが前日に「8:30に」と予約
したのに、10分過ぎても部屋に連絡がないので、フロントまで降りてゆきました。

15分過ぎても来ないから、フロントのおねいさんに確認してもらいました。すると電話が
出ない。(若干不安になる) 9:30の長距離バスに乗るために余裕を持っていたの
ですが、30分経っても来ないので、さすがに心配すると、おねいさんはまた電話。
すると「いますぐ近くまで来ているけれど、工事現場があってひっかかっている」
とのこと。お蕎麦屋さんみたいだな、と思いつつも、すぐそこというならもう来るだろう。

しかしそれからなかなか来ない。「すぐそこ」なんて嘘くせ!さすがにおねいさんは
責任を感じてか、通りに出て心配そうにタクシーを待っています。(上の画像)

 結局40分遅れでやってきました。運転手は能天気にニコニコ。9:30のバスを逃すと、
次は午後の便なんだけどー。しかあし、タクシーはズカズカ進んでゆきます。
運ちゃんは「チケット買ってあるのか?」と聞くので、「まだだよ!」というと、
さらにスピードアップ!なんと10分あまりでバスターミナルに到着。すぐにチケットを
買い、 乗れちゃいましたー。ここは日本ではない。「南」はこんなものです。
「テキトーで、なんとかなるさー」です。



というわけで、バスは定刻に出発し、ハラハラどきどきもおさまって、なんとか
気分を取り戻す。



アテネからナフプリオンまで、4時間以上かかりました。



地中海の港町です。南国のリゾート地でもあります。



中心地は観光地気分でいっぱい。俺は遺跡を見に来たのだが、新婚旅行なんかにも
よさそうだぞ?



時間は午後1時を過ぎていたが、昼飯にはまだ早い感じのようでした。夕食なんか、
夜の8時半を過ぎてからぼちぼちという感じですから、だいぶ日本とずれてます。
まあそれでも「いいですか」と聞くと気持ちよく一番客として迎えてくれました。
頭上には花が咲き、いい感じでしょ?でもけっこうハエがいるんだなw



長い間バスに揺られたので、ビールははずせねえ。さらに赤ワイン。



右はナスのディップ。左はグリークサラダ。どちらも定番です。しかしこのギリシャの
サラダ、なかなか「ごっつい」。だってトマトとキュウリはまだいいけれど、ビーマンや
玉ねぎが大ぶりでなかなかきつい。シャキシャキかじると口の中が匂いでいっぱいに
なるので、ワインで流すしかねえ。さらにヤギのチーズも重いのです。これだけで
けっこう腹にくる。



サラダは添え物レベルの量でいいのになー、と思いつつ、メインに鶏肉のトマト煮。
肉でも魚でも、とにかくトマト煮なので、早くも少々飽きてくる。連日ではなあ。。。
米がついていて少し嬉しかった。トマト味の連続に贅沢を言っておりますが、
日本に来る外国人も、「また米かー」とか思っているのかもしれません。



とにかく好物のスイカがふんだんにあるので嬉しかった。いいぞ、ギリシャ!



満たされた気分で一服。外のテーブルだと、遠慮なく煙草が吸えます^^
ギリシャではあちこちプカプカやっているので、気遣いがいらないところもイイ(^益^)b 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アテネのシーフード | トップ | ナフプリオンのホテルとレス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。