さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

ビザンティン&クリスチャン博物館

2016年12月10日 | ギリシャ



ビザンティン&クリスチャン博物館にやってきました。「ビザンティン」とは、
東ローマ帝国で栄えた文化のこと。古代ギリシャや古代ローマに、キリスト教や
東方のイスラム文化などの影響が加わったものです。

まあギリシャといえば古代ギリシャの文化を想像しがちですが、そのあとのキリスト教
文化と、東のトルコ(当時の東ローマ帝国で、首都はコンスタンチノープル、今の
イスタンブール)やペルシャ(今のイラン)の影響が入ったものです。つまり
ハイブリッドだから面白い。



これだけみると、まるで中世イタリアの絵画館みたいですよね。



イッちゃってますw(゚益゚)w 神様と交信しているのは、イッちゃってるってこと
ですから。古代ギリシャの神々は、人間とセクースしたりしましたが、キリスト教の
神様は交尾せずに受胎したりしますからねー。



文様といい、顔つきといい、こりゃどういう分類がされるのかしら。説明書きを
いちいち全部読みませんし、覚えてもいないのでスミマセン^^;
でもさ、こういうところで、展示品よりも説明書きを熱心に読んでいる人って
いますよね^^;



目、でかっ! アタックNo.1の鮎原こずえさん並み?



やぶにらみに目がいきますが、その次に鼻の穴でかっ!となりますよね(^益^)w



お地蔵さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━‼!! 十字架もってるし…

  

じーざす、絶対ジム通ってるよね。腹筋だけでなく、腕も鍛えなよー。バランス悪いぞ。



ホントにこんな迫害したの? アヒー、夢に見そうw



ちびまる子ちゃんで、ズバリこういうのいたよね!

うー、なんだか高尚な前置きで始めたのになー・・・

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リカヴィトスの丘からの眺め | トップ | モナスティラキ広場 繁華街... »

コメントを投稿

ギリシャ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。