さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

旧玉ノ井をぶらついてみたが

2017年07月27日 | 関東甲信越



「とうきょうスカイツリー」から2つ目の駅、「東向島」へやってきました。
「業平橋」から「玉ノ井」といったほうがなじみがあるのだが。



よく見れば、小さく(旧玉ノ井)と表示されています。ちいせえ~!
「玉ノ井」という地名が、赤線地帯を連想させるから改名したと聞きました。
そんなんで由緒ある地名を変えますかねー。じゃあ「歌舞伎町」とか「目白」も
変えねーのかってか。



しばらく歩いてみましたが、さすがにバブルを通過した東京では、昔日の面影を
残す建物はほとんど発見できませんでした。

「玉ノ井カフェ」とありました。「カフェ」ってむかしの風俗店ですが、いまは
普通のカフェですよねえ。たしか永井荷風が、カフェにはいっていくらから払うと
「くわえてくれる」なんて書いてありましたね。

ここの2階の窓枠は、そういった建物の名残りなのかしら?



裏道に場末のスナック。こういう建物も、そういう店だったのかな?



スナック「プリンス」ですが、メニューの左がアルコール飲料、右にはおにぎりや
焼きそば、焼きうどん?

隣はスナック「せいこ」かー。その名の、白百合のような可憐な女性を知っています
が、商標登録しているわけでなし、いたしかたなしか~。



曳舟駅まで歩きました。おお、鉄道博物館なんてあったのか。しかしこの時点で
もう16時。16時半までとあったので、今回はやめておきました。この車両は
日光のローカル線ですか。



特急「けごん」って、「華厳の滝」を省略したものなのですな。あと「きぬ」って
ありましたけど、「鬼怒川」なのでしょうな。私が通学しているとき、たしか8:05の
電車に乗っていて、隣が8:00発の特急で、この車両によくガイコツ人が乗って
いましたね。その頃の海外からの旅行者は、ほとんど白人だったように思います。
浅草を見たあと、東照宮なんぞを見たんだろうなあ。



曳舟から2両編成のローカル線、亀戸線に乗って通学路をたどりました。むかし
通った高校の建物がちらりを見えましたが、もう合併されて名前も変わっています。
ちなみに私の卒業した小学校、中学校、高校、すべてなくなっています。そういえば
同窓会もないなあ。

さて錦糸町に移動して、「馬刺し居酒屋」にやってきました。なんか固有名詞らしくない
ベタな店名ですよねえ。熊本料理を出す店で、「一文字ぐるぐる」も食べました^^



下町方面に行くと、スカイツリーはどこからでも見えますねー。高いからなあ。

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅草の天丼 | トップ | 自分の中に自分がいる人、い... »

コメントを投稿

関東甲信越」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。