さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

会津飯盛山 さざえ堂

2017年05月15日 | 東北シリーズ



こちらは飯盛山の中腹にある「さざえ堂」。1796年に建てられた、六角3層
高さ16ⅿ、らせん形の昇降通路の造りになっています。



この入り口の前に切符売り場のボックスがあり、そこのおばちゃんが観光客が寄って
くると、「こちらは世界に例のない、らせん形の通路で・・・是非ご覧ください」
うんぬんと説明する。年季が入ってます。。。



これ、登りと下りが別々になっており、人がすれ違うことがありません。他に誰も
いなかったけど。ギシギシと音を立てて登ってゆきます。



ほどなく頂上に到達。いっぱいお札が貼ってあります。



で、下りの通路を回って降りて行くのです。ちょっと面白い構造です~(^益^)w



まち巡りバス「赤べえ」に乗って、街の西側、七日町にやってきました。これは
「なぬかまち」と発音されていました。

ここは駅前にある「阿弥陀寺」。



注目すべきは本堂の左側にあるコレ、実は鶴ヶ城の本丸にあった建物で、「御三階」と
呼ばれています。外観も名前も「3階」ですが、2階と3回の間に天井の低い部屋が
あるので、実は4階建てです。

おうむのショーコーが逮捕されるときに、こういった隠し部屋に潜んでいて、あっさり
捕まっていましたね^^; ここの最上階は、上からはしごを降ろさないと上がって
ゆけない仕組みになっており、密議所に使用されていたとか。



前回来たときにここらをぶらついて沢山写真を撮りました。こういう古くて味のある
建物が多いのです。これはいわゆる看板建築というより、2階は立派な部屋になって
いるのかな?



創業300年を超えるという白木屋。会津漆器の店で、今は資料館になっているそうです。



「呉服百貨店」、"Department Store"という横文字がハイカラですねー。ほれぼれ
する造りではないですかー。



正面には「第二営業所」と書かれていましたけど、横では「第二チェンストアー」
だってさ。すごくかっこいいけれど、看板建築って横から見ると、ちと悲しいよねー。
正面だけでなく、箱全部をこういう立派な造りにするって考えなかったのかなー。



奥に磐梯山、その前に猪苗代湖(言われないと湖はわからないよね)、手前左には
市の木、「アカマツ」だそうです。素敵なデザインですよね。「おすい」って言葉が
イメージを崩すけど^^;

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せつない飯盛山 | トップ | 会津若松の街を巡る »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。