さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

高知のバー「フランソワ」で老バーテンダーに会う 17

2017年03月30日 | 四国・中国地方



葉牡丹を出て、しばし夜の繁華街を彷徨う。高知の夜は、なかなか賑やか。



こういったディープな路地裏も魅力的なのだが…。



日曜でも営業しているバー「フランソワ」に入る。



すると客は誰もいなかった。老バーテンダーがひとり。しぶい。一杯目はライムの
カクテル。シェイカーの振り方がさまになってるぜ。



2杯目は何を飲もうかと向かいの棚を見ていて目についた一本。「あれはチェリー・
ヒーリングですか?」と聞くと、「それはこっちに」と並んでいる瓶の奥から出して
くれる。これはコペンハーゲンのバーで飲んだサクランボのリキュール^^

かなりのベテランだな、と思って「何年くらいやってらっしゃるのですか」と聞くと、
「50年以上」ときたもんだ。「高知はハイカラなものが好きなので、戦後から流行った
んだよ」ということでした。それからしばらく長い歴史の一端を聞かせて頂いたの
でした。



そしてオレンジにアプリコットのリキュールをアレンジしたカクテルを所望。いまは
日曜だけここに立っているとのことでした。高知のレジェンド、実にいいタイミングで
訪れることができたのでした。



夜も更けて、はりまや橋もひと気がなくなるまで飲み歩いたのでした(^益^)b

居酒屋「葉牡丹」もバー「フランソワ」も実によかった。充実した夜でしたなあ。

そういえば、酔っ払って方向がわからなくなり、女の子3人組に「ここはどこですか」を
やってしまった記憶あり。いくつもの飲み屋の印が書いてある、やや恥ずかしい地図を
見られて「このホテルはずっとあっちよォ。タクシータクシー」と言われましたが、
ヲヂチャンは2~3㎞ならすぐに歩いてしまうのですよォ~(^益^)w

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知の居酒屋 葉牡丹へ 16 | トップ | 桂浜から浦戸大橋を徒歩で渡... »

コメントを投稿

四国・中国地方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。