さきち・のひとり旅

旅行記、旅のフォト、つれづれなるままのらくがきなどを掲載します。 古今東西どこへでも、さきち・の気ままなぶらり旅。

北方文化博物館 新潟分館

2017年05月25日 | 山陰・北陸日本海



この日は、朝から一日新潟の街を見物する予定。古い建物でも見ることにする。



「北方文化博物館」の分館に行く途中、こんな写真屋さんの建物を見かける。
今や写真屋は時代遅れになり、絶滅危惧種になりつつありますが、地方都市に行くと
ハイカラな建物が残っていたりしますね。



さてこちらがその博物館。といっても、伊藤文吉という新潟の大地主、豪農の別邸
だったのです。明治時代の建築だそうです。

右側に洋館が見えますね。あれは昭和に入ってから増築されたもので、會津八一という
歌人・美術史家・書家がここを買い取って住んだという建物なのです。



例によって見物客も少なく、とても丁寧に応対して頂けました。やっぱりこういう
所で働いている人たちって、丁寧で上品な人たちが多いですねェ。



八一さんが使っていたという洋館の書斎に入りました。いいねェ。



枯山水の庭が見えます。ヲ金持ちはいいなー。



日本家屋の主屋のほうに。木の廊下が和室を囲んでいます。贅沢な造りです。
お手伝いさんがいないと、掃除も大変でしょうけどね^^;



全面ガラスだから、とても明るい。庭をパノラマビューってかー。



一階には小さな電話コーナー。むかし俺のうちに電話を引いたとき、茶の間の真ん中に
あったもんだから、女の子と話をしているときなんか、家族に囲まれて話をしなければ
なりませんでした。当然みんな耳がダンボ状態だったぞぉ~w(゚益゚)w



ひーろーいー! 狭い部屋にいろんなものがぎっしりの部屋で暮らしているので、
これじゃあ落ち着かない?本棚や机なんぞはどこに置けばいいんだろう?
住めるわけねーから、かんけーないか~^^;



庭に出てみます。奥には座って休むベンチやら、茶室なんかもあります。歩き回れる
庭があるなんて別世界です。



建物を振り返る。家族は主屋で、自分は洋館の書斎なんていいねー。



ほれぼ
れ・・・。ま、大地主&豪農ですから。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟の居酒屋さん

2017年05月23日 | 山陰・北陸日本海



滞在したホテルは駅前。新潟の繁華街は信濃川の向こう側にあるので、萬代橋を渡って
いかなければなりません。この石造りのアーチは、国の重要文化財になっているんだって。



古町の繁華街に入り、路地を入るとこの通り、夜の街になっております。



おおお。こりゃあスゴイ。このあたりは古い花街なのです。歩いていたら、次々に客を
乗せたタクシーが狭い路地を通ってゆく。ボンビーな風来坊には「どけよ」と言われて
いるような気になる。この豪華木造3階建て、一見さんお断り系の店の前にタクシーが
止まると、立派なナリをした店員が数名出てきて、車を降りた客を迎える。「見るなよ」
と言われているような気になる。あとで調べたら、ここは「鍋茶屋」という老舗の料亭。
建物は有形文化財に登録されており、明治天皇の料理を出したんだってよ。



うはー。こっちも敷居が高いね。ブラブラしてたら、すんごいおべべとお化粧をした
若い芸妓さんとすれ違いました。こういう感じのところのお座敷に行くのかー。



そんな通りを通過して、街はずれの居酒屋へ向かう。目当ての店に、開店時間10分前に
到着し、一服して開くのを待っていると、なんと「本日貸し切り」ときたもんだ!
30分も歩いてきたのに!
w(゚益゚)w

まあよくあることです。。。 次候補は頭の中の地図にぼんやり。このあたりかな、と
彷徨うが、なかなか見つからず、そのうち雪がひどくなってきて散々な目に。3月末
だってのに吹雪かよ!



頭に雪が積もった状態で「こばちゃん」に。居酒屋の明かりは、救いの灯だのう。



まずは熱燗である。たまらん寒さだ。酒にはホタルイカ。これが我が人生で最大の
大きさであった。ここの主人は佐渡出身で、酒も料理も佐渡のものでした。



というわけで、このワカメも佐渡島産。



酒は佐渡の地酒、「真稜」。魚はなんだったっけな?家族経営で、みなさんせっせと
働いている良いお店でした^^



夜も更ける。バーに行こうと思ったが、宇都宮や会津若松と違って、新潟にはバーの
数が少ないのかな。帰り道の途中にある、ネットに載っていた店を通ったら、なんか
イタリア料理の店だったしなあ。



ううむ、新潟初日の夜はこんなもんかー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津若松から新潟へ

2017年05月21日 | 山陰・北陸日本海



会津若松から、磐越西線(森と水とロマンの鉄道)という名の路線で新潟へ向かい
ます。1日に2本だけ新潟行きがあります。1本目は早朝5時28分の始発で各駅停車。
というわけで、2本目の11時2分発の快速に乗るしかない感じです。



この日は3月27日。山ではまだまだ雪が残っています。実に4月11日に草津へ行った
のですが、そのときには大雪。桜が咲き始めている東京からは、ちょっと驚きました。



森と水とロマンですなあ^^ ローカル線ののんびり旅は、景色が楽しくて本を
読んでいられません。

ここはイザベラ・バードが進んだ道なのですね。日光→会津→新潟と行ったはず
ですから。



新潟が近づいてくると、平野になって田んぼが広がります。米どころ、酒どころ
ですからね~。空も青空になってきました。



地方の駅は、どこもこんなふうに豪勢な改装をするよねェ。個性がなくて、私は
あまり好きではないです。街が分断されて視界が遮られるし。



駅前は賑やかで開発されていますが、探せばこんな古風な喫茶店がありました。
喫茶店とくれば「ナポリタン」。ランチタイムには、こんなおにぎりと味噌汁が。
このあとでコーヒーが出てくるので、味噌汁は…。あと、どれにでもついてくる
つけあわせが、パスタのサラダというのもかぶるなあ(^益^)w



駅に近いビジネスホテル。大浴場がついていて嬉しいのですが、さらに何千冊と置いて
ある漫画コーナーがありました。これがその部屋で読んでもいいのですが、自分の
部屋に一回5冊まで持っていっていいのです。返却はエレベーターホールにある
棚に返せばいい。朝になると、そのエレベーター前にある棚に沢山の漫画が。
みなさん、精力的に読んでいるようです。私もたっぷり読みました~^^



窓からはこんな景色。新潟は都会でした。あ、私は今回初めての地です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津若松 夜の酒

2017年05月19日 | 東北シリーズ



何度も乗った、会津若松の街めぐりバス。運転手には「地元のおばちゃん♪」という
感じの人もいました。思い起こせば、東北のとある町ではアイドルみたいな長い髪の
お嬢さんがバスの運転手をしていたなあ。最近は都内の電車の車掌さんも若い女性が
増えています。電車の運転手だって、若い女性がでてくるのもまもなくだろうか。
そうしたら「撮り鉄」が増加したりして?



この日は、気になっていた「桜鍋 吉し多」に行ってみた。ナイスなじーさんが
カウンターの向こうにいる店でした。気さくなザ・職人という感じ。



会津に来たら食べねばならぬ「ニシンの山椒漬」。郷土料理を出すならどこにも
あるが、その店それぞれの微妙な味わいがあるのがこれ。おそらくは地元の酒飲みの
みなさん、「俺はここのが好きだ」「俺はあそこだな」なんて言っていることでしょう。

ここの売りである馬刺し。これはとろけるように柔らかかった。ここでは寿司ネタにも
されるのです。いままで何十軒の馬刺しを食ってきたことか。ホントにピンキリ。
どこにでもあるが、「これはイイ!(=゚益゚):;*.’:;」と思い出せる店は数軒。ここが
そのひとつに加えられました。



そしてバー、コージーへ。人気店だけに、早めの時間でも結構混んでいたなー。
例によって、一杯目はフレッシュ・フルーツのカクテル。



目についたのがこの「山桜」という聞いたこともないウィスキー。なんと福島。
笹の川酒造という1765年創業の、老舗の酒蔵が作っていた。ウィスキーは1946年、
なんと戦争でズタボロになった直後に造り始めている。

ピュアモルトで、15年樽で寝かせたものだ。「これ飲める?」と聞いたら、「一杯
1500円ですけれど、いいですか?」と聞かれる。盃欄処でもそうだったが、会津では
1000円を超える酒は確認を取るらしい。

貴重なレア物を、思いもよらずに安価で飲ませて頂きました。良く言えばバランスの
とれたウィスキー。私としては、「おお、ピートのきいたスモーキー」とか、「香りが
豊かだなあー」とか、「喉を通ったあとに広がる味わいの余韻」だとか、なんかもっと
記憶に刻まれる個性がほしかったような^^;



「なんかお勧めのカクテルを♪」という困った注文をしました。普通はせめて方向性とか
酒の種類とかぐらい言ってくれないと難しいよね^^;

すると「サンセット・ブリーズ」とかおっしゃったようなコレが出てきました。
「おそらくはお酒(日本酒)をたくさん飲んでらしたでしょうから、さっぱりと…」
と気をきかせて頂いたのです。

前日に反省したのですが、この店には、いつも会津の地酒を何種類も飲んだあとに、
かなり酔っ払ってから来ていたのです。だから一軒目の「吉し多」ではビールの次に
酒を一本だけ、という奇跡的に少ない、ほとんど酔ってない状態で来たのです。

しかし、よっぽどいつも「かなり飲んできてるな」、と思われていたのだな…w

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津若松の街を巡る

2017年05月17日 | 東北シリーズ



昼飯にラーメンでも食べようかと、「くるくる軒」にやってきました。私はよく昼に
ラーメンを食べるのですが、会津若松ではとんこつやら何やら、凝った店が多い印象で、
普通の(?)さっぱり系がなかなか見つかりませんでした。ここは白味噌でしたね。



ここも人気で、ちょっと並びました。ところで右のほうに「てんぐ屋」という居酒屋の
看板がありますよね。この奥にある店、今回は2泊なので行けませんでしたが、なかなか
良い居酒屋なのですー。



ホテルに帰ったら、まだ部屋の掃除ができていなくて入れませんでしたw
連泊なんだけど、チェックイン時間の15時前でしたからね。しかたなく、喫茶店「蔵」
へ。ここは名前の通り、蔵の内部を改装した店です。なかなかいい感じで、いつも
使っています。



カップをくるり。デザインもいい感じですよね。ケーキも頂きました~^^



時間もあるので、ぶらりと鶴ヶ城へ。このお城を見ると、戊辰戦争でひどい砲撃を受け、
ボロボロになった写真の光景を思い出してしまいます。大山捨松さんが、幼少の頃に
この内部にいて、濡らした布団を砲弾にかぶせたのです。そして今回飯盛山に登り
ましたが、その光景を白虎隊の少年たちが見たのですね。。。



いまはきれいになっていますねェ。



お城の近くに、会津藩の藩校、日新館の跡地に碑があります。この学校は、上級藩士の
子弟が通ったのです。礼法、書学、武術などを学び、成績優秀者は上級の学校へ入り、
そこでも優秀だと江戸や他の藩へ留学できたとか。素晴らしいシステムだなあ。



戊辰戦争で校舎は焼失しましたが、この天文台の跡だけは残りました。「天地明察」で
出てきた渋川春海の暦なんかも学んだのでしょうか~。



一階は改装してとっぱらっちゃったのでしょうね。だってたくさんの窓が立派ですもの。



2階の窓を見てみると、あれれ、人はもう住んでないのかしら?凝った窓枠ですよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加