司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

改製不適合の信託目録

2016年10月12日 | お仕事

先日、登記情報を信託目録付きで取得しました。信託絡みのご相談を継続して受けていたからです。

45枚にも亘る登記情報を、大変だ~と思いつつ、最初から順番に確認していたところ、なんか信託目録の記載内容に違和感を覚えました。

時期を異にしてされた信託登記の信託目録番号が同一なのですが、手元にある信託契約書とは内容が一部異なります。それも、委託者と受益者が異なることから、おかしいと思い、法務局に尋ねてみました。

当初は移記漏れではないかと仰っていたのですが、その後調べてもらったところ、どうも改製不適合ということでコンピュータ化されなかったから、登記情報に添付されなかったとのことです。

しかも、信託目録付きで請求しているのにもかかわらず、取得した登記情報には、改製不適合の信託目録があるとはどこにも記載されていないのです。請求する画面にも注意を促す言葉は表示されません。ちなみに、登記情報だけではなく、証明書の請求であっても、他管轄の法務局を経由しての請求では添付されないとのこと。これは、全国の法務局に関わるシステム上の問題なので直ぐには修正されないとのことでした。

したがって、それまでの間は、「信託目録が欲しい場合には、管轄の法務局に直接、改製不適合目録も含めて交付してもらいたいと記載して請求する」必要がありますね。

さて、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘の勤務地 | トップ | ゼリー飲料で伯母も元気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む