司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

代理権140万円の解釈

2016年06月28日 | お仕事

 昨日、司法書士の代理権に関して、最高裁は「個別の債権額が140万円を超える場合は裁判外の和解を代理できない」とする初の判断を下しました。 

 原告側と日弁連は「債権の総額」と解釈し、被告側と日司連は「債務整理で債務者が得る利益」と主張していたのですが、第一、二審で判断が分かれてしまい、双方が上告していたのです。

 最高裁はその解釈につき「依頼者や債権者にとって明確な基準で決めるべきだ」と指摘。和解成立時に初めて金額が判明するような日司連の考えではなく、日弁連の「債権者の主張する額」を基準として採用したのです。ただし、上限は借金の総額とはせず、個別の借金ごとに判断すべきとも判断しました。

個人的には、個別と解釈してくれたことは救いだったと思っています。また、和解書の作成は出来るので、受任することを禁じられたわけではありません。和解に向けて債権者と交渉することが出来ないだけです。債務整理という大きな括りで考えた場合に別段差し支えはありません。

さて、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウインブルドン2016のドロー | トップ | 住宅ローンと火災保険 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む