司法書士佐季papaの毎日が一期一会

■■債務整理の無料相談,日常の業務等を通じて実際に感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています■■

辞任届の日付の記載方法

2016年10月31日 | お仕事

商業登記申請の場面において、取締役や監査役の辞任届の記載方法として、一般的には「2月10日付で辞任」とか「2月10日をもって辞任」という表現をしますが、これでは果たして「10日の0時」に辞任なのか、「10日の24時」に辞任なのかが不明確なんだそうです。

正しい解釈としては、「2月10日付で辞任」であれば「10日の0時に辞任」で、「2月10日をもって辞任」であれば「10日の24時に辞任」となるので、前者は「2月10日辞任」と登記し、後者は「2月11日辞任」と登記することになります。

日本語は難しいですね

さて、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように

参考になった方もそうでない方も、

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村

を押してくださいますか。

ちなみに、

 債務整理(個人再生/ 自己破産/任意整理/過払い金請求/その他の手法)や登記全般に関する電話相談や手続の依頼を希望される方は、

http://www.sakipapa.net 記載の電話番号(047~)までお願いします。 

事業再生を必要としている方は猫研(http://www.nekojiro.net/)までどうぞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 充実した一日 | トップ | 役員変更登記の依頼があった場合 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む