酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

大トリと立ち食いそば。

2016-12-31 | 日記
 12月31日 土曜日

 こんにちは。 酒好きの思想家です。


「大トリ」 それは日本にしか存在していない絶滅保護種である。

「大トリ」 とは、総べての報酬を受け取り仲間たちに分配する

とっても偉い存在である。

世界でも日本だけなのです。

お金を総取りし、受け取った 「大トリ」 は自らのお金をほんのチョットだけ引き抜いて、あとは仲間にばら撒く。

この 「大トリ」 が上手く生き残れば格差社会も幾分楽になるはずだ。

力士部屋の 「ちゃんこ鍋」 も同じで、幕内が最初にチョット食べれば、あとは幕下に回す。

そうそう、バブル時代も 「大トリ」 は沢山存在していましたね。

お金がある人がお金の無い人にメシを奢る、バブル時代の良き思い出だ。

バブル崩壊後、この 「大トリ」 はついに絶滅してしまいましたが、

再び日本に 「大トリ」 が戻る日が遣って来るその時まで、その日は来るのでしょうか・・・。



もう一つ、今年最後のブログを。


なぜ、

立ち食いそばが旨いか?

この際、マナーは置いといて、

食欲が小さい人には、立ち食いがおすすめだ。

あまり美味しくない蕎麦でも、立ち食いなら 「旨かった」 と感じられる不思議。

そうなると、年越しソバは立って食べた方が美味しいかもしれませんね。


それでは、今年一年おつかれさまでした。良いお年を!




  つづく。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AIと日本人は好く合う。 | トップ | 達人への道。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL