角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

よくあるご質問⑧

2007年12月20日 | 製作日記
Q.一足編み上げる時間はどのくらい?

角館草履のサイズは15cmから30cmまでの1cm刻みと、踵がない足半タイプの合わせて17種あります。製作時間は、このサイズと土踏まずの有無によって大きく異なりますが、最も多く販売する23cm土踏まず付きで、おおむね「二時間」です。

実演席でそうお答えすると、面白いことに反応が二分されるんですね。ひとつは『そんなにかかるんだぁ』、もうひとつは『思ったよりは早いんだねぇ』。
後者のほうが少し多いかもしれません。

二時間で1足編み上げるには、私なりの努力がありました。2007年4月に土踏まず付きを発売した当時は、もっと時間が掛かっていたんです。どんな商材でも、一日に何個生産できるかはコスト計算で重要です。つまりそれが売価に反映されますから、それだけで「売れる」「売れない」に直結するわけですね。

まず市場が許す売価に設定するとしたら、「二時間で1足」は必須条件でした。それからは二時間を目標にペースを決めます。やがて苦労なくその時間を達成できるようになったのは、今思い返すと1000足を越えたあたりじゃないかと思っています。

ときに、『私たちがこんなに話しかけちゃ、仕事が進まないわよねぇ』とお気遣いくださるおばさまがいらっしゃいますが、「喋りながらも手は止まらない」は公開実演の必須条件と思っています。どうぞご心配なく、実演を愉しんでくださいませ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よくあるご質問⑦ | トップ | よくあるご質問⑨ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。