角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

猛暑です。

2017年07月11日 | 実演日記



室温33℃
この荒行を耐えてはじめて
角館の草履職人を名乗れます👀
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのお里帰り。 | トップ | 個性は美しく。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
㈱わらび座造園 (山田みき)
2017-07-13 14:34:29
暑中お見舞い申し上げます。造園は外仕事なので、作業場事務所には冷房も、扇風機も有りません。自宅もそうですが。西日の差さない方向に部屋を持っているのがせめてもの救い。息の出来ない暑さが続き、この間、何故か?茅葺職人の若者達と武家屋敷の青年からお声が掛かり、暑気払い会に参加させて頂きました。震災が大きなネックになったと言う炭焼きを本職とした青年、茅葺関係者は4人、中には盛岡のお城城壁の草をロープで降りて採ると言う仕事をしている若者までいました。いつの間にか、そんな集まりの最年長になった自分の流れる時を感じています。
老兵は… (草履職人)
2017-07-13 18:07:14
みきさん

己の立ち位置とでも言いますか、ここ数年でまた少し変わりました。
やはり周囲の年齢層ですね。独り仕事ですから働く環境こそ
変わりませんが、業務外の活動は古参となっています。

やがて老兵は消えゆくのみですよ(笑)

コメントを投稿

実演日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。