角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

さまざまなお務め。

2017年05月18日 | 実演日記




昨日午後、近い親類の急な訃報に接し、本日山形県鶴岡市を往復して参りました。
故人の義を重んじる生き方に感銘を受けておりましたので、私なりに務めを果たした心持ちであります。

道中の画像はただのドライブに見えますが、決してそんなことはありません👀

そして今夜は丁内会の決算役員会があります。これもまた一つの務めと言えましょうか。

明日の草履実演再開日には、二組のお客様がお訪ねの予定です。
これこそが最大のお務めでありましょう。
明日からまた角館の草履職人を宜しくお願いいたしますm(__)m
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日から四日間お休みです。 | トップ | さぼっていません。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
㈱わらび座造園 (山田みき)
2017-05-27 09:58:13
5月に社内友人が天に召されました。全国に残る、生活から生まれた舞踊を三次元デジタル化、飛び回る社員全てをネット上で繋ぎ、私達の仕事を明るく、コツコツと未来を切り開く様に道を付けてくれました。長い10年の病。色んな困難を物ともせず、弱音も一度も吐かず。遺された御家族、子供たちを思いながら庭仕事をしています。わらび座が最も切り開かねばならない、"本当の商い”があります。決算、計画、実行、良く見て試し、考える。誰よりも真っ先に舞台を観に行く友人でした。"感動”が商品で、全力で支え続けた、生き抜いた友人です。
一番の供養。 (草履職人)
2017-05-29 18:35:54
みきさん

しばらく故人を偲んだら、あとはこのご縁に感謝し生きて
参りましょう。それが一番のご供養と心得ます。

コメントを投稿

実演日記」カテゴリの最新記事