角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

欲しいんじゃ…。

2017年04月21日 | 実演日記
和服姿のおばさまがすすーっと寄ってきて…

『この間来たときお休みしてたのよ。今日は居てくれてよかったわ~♪』

…とだけ告げるとどこかへ行ってしまいました。
草履欲しかったんじゃないんですか!?
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再会の喜び。 | トップ | にがおえサミット始まりました‼ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
株わらび座造園 (山田みき)
2017-04-22 10:57:28
私も覚えがあります。和服の方は、必ず又、別の角度からいらっしゃるのでしょう。確実に職人さんを探して来られているのですから。居なかった、、、居た。御客様に探されて”会いたいなあ~と思われる人になりたい、、、”と80を迎えた故三上満先生が仰っていました。昨日、奥様から三上先生の残した60冊になるスケッチ展の御案内が届きました。金八先生のモデルとなった方でしたが、本当に優しい、日本の風土を愛された方でした。奥様の御蔭で又、丁寧に一日を生きる覚悟を思い出した所です。再会の春ですね。
日々修行 (草履職人)
2017-04-23 18:23:04
みきさん

「また会いたい」

人としてこう思われるほど名誉なことはないと思っています。
目指すところはそこでも、一朝一夕ではありませんね。
日々修行の毎日です(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。