角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

子から親へ 感謝の草履。

2016年12月24日 | 実演日記





今日の草履は、仙北市内の女性のオーダー草履です。今年九月のこと、埼玉県のご実家に暮らす父上様と共にお訪ねでした。その際にオーダーを賜ったのは、父娘のプレゼント交換なんですね。お父さんが娘さんへ「買ってあげるよ」と言うと、娘さんが「じゃあお父さんの草履をあたしがプレゼントするよっ」。
なんとも心温まるお喋りが展開されたものでした。娘さんは全国を歩く仕事をされているため、年末でなければお受け取りになれないとのこと。三ヶ月遅れのお引き渡しが昨日叶いました。父上様の草履も本日の便で出発しています。娘さんからのクリスマスプレゼント草履は、明日到着ですよ~(^^)

さて今年の草履実演も残すところ三日間となりました。明日もオーダー草履のお引き渡しが2件あります。その後年内にお作りするオーダー草履は、お正月に結婚披露宴を催す新婦が、ご両親へ贈る感謝の草履です。配色構想はすでに練りあがりました。
今日の草履も、親への感謝の草履であることは間違いありませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一年の最後。 | トップ | 有終の美。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
㈱わらび座造園 (山田みき)
2016-12-27 12:59:29
シンドバッド、風の又三郎、、次々と秋田本社へ到着!皆正月稽古へ合流です。造園では、秋の栗園で回収した虫栗を綺麗に剥き〔娘が、笑)冷凍保存された甘い栗を皆が帰るのを見計らって”栗御飯”にしてお届け中!疲れた顔がぱあっと笑顔に変わります。おかえり!と言ってくれる人がいる。父さん、、、は永遠の憧れで、娘からすると初恋の人〔笑)。追っても追っても、追いつかない背中。草履実演ラストはいつだったか?ドキドキの訪問でした。神様が出会いをくれる。この一年、咲いた花の数。涙の数。秋初の秋田修学旅行タイ国からアンコールが!国境も言葉も超えて!
おかえりなさい (草履職人)
2016-12-27 17:51:06
みきさん

遠征中のみなさんが続々お帰りのようですね。
実演席にもお顔を見せてくれています。
ひとまずの挨拶は「おかえりなさい」、言われて怒る人はいませんよ。

そしてまた元気な「いってらっしゃい」がやって来ます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。