角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

よくあるご質問⑩

2007年12月20日 | 製作日記
Q.西宮家でいつも草履が見られるの?

かつては冬場を長期でお休みしたり、観光シーズン中でも実演場所を変えたりしていましたが、2007年からは西宮家で通年実演しています。
ただし私も生身の人間のため、年中無休というわけにはいきません。トップページの実演スケジュールカレンダーに表示の通り、月に数日のお休みをいただいています。

実演と草履在庫につきまして、二点ほどご理解を賜りたいことがあります。
まず、実演がお休みのときは草履の展示もありません。つまり私がいない環境で、草履だけの展示も販売もしていないわけです。

一番の理由は、角館草履をご理解のうえご愛用いただきたいからです。イ草をはじめとする素材、土踏まずを含めた健康効果、編みあがっていく工程、さらにはどんな人間がこの草履の作者かまで、できる限りの情報を得て履いて欲しい気持ちがあるんですね。

二点目は季節による在庫量です。一日おおむね4足しか編めない角館草履は、一年中在庫が揃っているとは言い難いです。11月上旬から翌4月上旬までの五ヶ月間、これが在庫作りの期間です。その直後に角館最大の繁忙期「桜まつり」を迎え、ゴールデンウィークが終わった頃には在庫量が激減しています。

6月から10月はいくらかの山と谷があるにしても、多くの在庫量は望めません。ですから、プレゼント用などであらかじめご利用が決まっている場合は、早めのオーダーでご安心いただくのが良いと思います。

近年秋田県内など比較的お近くのリピーターさんは、あえて冬場のお求めが多くなってきました。それはもちろん、必ず在庫があるからですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よくあるご質問⑨ | トップ | 在庫作りに入っています。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。