きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは19年になりました。

夜半のひとり言

2017-07-16 | 息子keke
7月も半ばになればいよいよ暑くなる。
このまま雨が降らなければそろそろ梅雨明けかもしれない。

今日は休みだ、明日も休みだ。
きれいさっぱり片付けたい。
暑いのと片付かないのがダブルでうっとうしい。

・・・と確実に思っているのに、また体は今日も動かないのだった。

写真とか、カラオケとか、花火とか、誰かとか、車とか、そういうものが絡まない限り休日に体が動かないのだった。「いいじゃないの、休日なのだから」二言目にはこうなって、私はゴロンと横にだれる。

そして10時が過ぎ、お昼が過ぎた。
そろそろkekeが言ってくるだろう。「何か食べるものないの?」
そしたら、焼きそばを作ろう。

でも2時になってもkekeは閉めた部屋(暑くないのかね)の中にいて、私はトマトの湯むきをしようとして、なぜか熱湯をお玉で自分のエプロンにぶん投げてしまった。アチチチ・・・でも誰も心配するものは居ない。

あまりの暑さに風呂に入り(一番暑い時間帯に風呂に入ることにしたのは夏の生活の知恵です)、赤くなった胸の皮膚を気にしながら半身だけ湯に入れて、出てきてさすがにおなかがすいた。

そうめんをゆでて、ナスを焼き、枝豆をゆで、「そうめんゆでるから、かき揚げ買ってきて」と言うと、「夕飯いらない」と言う声がした。

もう4時半だった。
世間ではこれから夕飯の時間なのだ。

「どこか出掛けるの?」「うん。」


誰も食べないだろう焼きそばを焼いたのは、もう肉がやばかったからである。
甘酢きゅうりも添えて、ひとり居酒屋である。

kekeはやってきて、チラッとそれを見ながら「花火見に行かないの?」と言う。

「今日花火やってたっけ?」
「山下公園。」

「あぁ、昨日みたもの」と言い、大勢人が来てたよ、と言うと「(混んで)見えないの?!」と言うので、花火は見えるよ、私は三脚を持ってたからね、三脚で撮る場所は決まっててそこでしか撮れないんだよ、それで帰りが、駅まで帰るのが行列だったよ。」

でもきれいだよ、花火の前後もイルミの明りのついた船が通ってたりしてね、と言った。

「kekeさん、これから行くの?」と言うと「イヤ」と言うので、「どこ行くの?またOM君たちと焼肉でも食べるの?」というと「そんなとこ」と言う。

「昨日はカップルばかりだったよ。一人で行くの私ぐらいだった。」
(と言うのは大げさで、写真目的の人は一人の人が多かったですが。)
というと、kekeはそうですか(でも自分は付き合いませんよ)というケイベツの余韻を残して出て行った。


拍子抜けた。

kekeが居ないなら、今日もどこかに行く予定でいれば良かった。
こんな夏に、こんな暑いさなかに、どうして一人でそうめんや枝豆や焼きそばを焼いたのだろう。

「こうなったら一人で飲んだくれてやるゾ!!」
腹ン中では十分にそのつもりだったが、いつもの分量しか飲めなかった。気がつけば飲酒歴も単純計算で32年になる。

私は両親ともども酒好きだったので、単純計算で32年間ずっと酒を飲んできたことになる。
お酒は体にいい、精神衛生上いい、だから飲めるだけ飲みなさい。
信じられないが、それがsake家の教えであった。

飲んだくれてやっても、後に残るのはイヤな頭痛だけなのが分かりきっているのだった。


今日は本当にひとりだ。

私はひとりで何でもできると思ってる。

カラオケだって、ボーリングだって、行こうと思えば焼肉屋も旅行もひとりで行ける。

カップルばかりの港の花火大会だって。

やろうと思えば何でもできるけれど、時々それは何の意味もなさないような気がする。
そしてそれは自分が生きている意味がないのでは、ということに直結するのだった。
何故なら私は小さい頃からお嫁さんになりたい人だったから。
根本的にひとりで何かをしたい・何かをしましょう、という前提を持ってきてはいなかったから。

両親が元気だった実家に居た頃は、TVは夕飯を食べながら家族みんなで観るものだった。
今日は珍しく一人でTVをつけてみた。
ちびまる子ちゃんにしてみたけれど、やっぱり一人で見てもつまらないと思う。
TVと言うものは、私にとっては誰かと話題を共有するためのツールなのだ。昔も、今でも。

いつか毎日がこんな風にひとりでいることになるのだろうか。

まぁべつにかまへんけどね。
ジャンル:
その他
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松居さんの話から | トップ | sakeの歩窓から(山下公園で... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イブ)
2017-07-16 21:56:11
ひとりで何でもできるってわかります。
わたしもそうだから。
満足しているつもりでも時々無性にさみしくなるときもあります。
その繰り返しです。
ナスを焼いたのと枝豆が夏を感じますね。
美味しそうです~♪
>イブさん (sake)
2017-07-16 22:32:03
まさにその通りで、満足しているつもりなのに、無性にさみしくなるんです。
写真を撮っている時は夢中なのですが、花火大会は家族連れやカップルばかりで、行列を一人で歩いているのは自分だけのような気がします。
でも、それでも何もしないより有意義だし、今だから出掛けられるとも思ったりして。。。

北海道も30度越えだそうですね。
でも広くてさわやかなイメージがあるので暑い北海道が想像できないでいます。
Unknown (ふき)
2017-07-16 23:56:08
私自由気ままに生きてきたけれど
一人暮らしの経験は学生時代の何年間だけ
上京して最初は一人暮らしだったけど
仕事が手いっぱいになり
その仕事を手放すのも惜しく 
姉を東京に呼び寄せその仕事を肩代わりしてもらいました 
そして一緒に暮らすようになりました
時が経ち 今夫婦ふ二人だけになり
いずれはどちらかが一人になりますよね
父ちゃんは全く一人暮らしの経験がありません
お互いに
老いてからの一人の生活に耐える事ができるかなと
時々考えます
一人でいる事は全然平気なのですが
孤独な生活は経験がないので 
でもまぁ永遠に生き続ける事もできないのだから
なんとかなるし 
どうのこうの言っている内に 人生の時間が終わってしまう

今を 遊ぼう 好き勝手に生きよう 
 
>ふきさん (sake)
2017-07-17 04:25:26
ふきさん、私もひとり暮らしの経験がありません。
若ければ勢いもあるし、出会いもあるでしょうが、今からのひとり暮らしはどうなのだろう。慣れるのでしょうか。
でも矛盾してるのは、誰かに付きまとわれる生活も耐えられないと思います。
息子とこの位の距離感で暮らすのが快適でした。感謝ですね。

今更、新しい誰かと人間関係を一から始める気はさらさら無いのに、一人になるのはちょっと怖いんですよね。
そう、一人で居るのは平気なのですが、生活全て一人になるのは想像付かないんです。

ほんとに好き勝手が加速するか、何もする気が無くなってふさぎ込むか、どちらかになりそうで心配です。
Unknown (夢)
2017-07-17 10:46:07
sakeさんまったくもって同じこと思うときありますよ。
年末年始のスーパーなどで・・・
sakeさん、こんにちは~ (takaちゃん)
2017-07-17 14:54:21
トマトの湯剥きで思い出しました。
ちょうど昨日の事、畑で作ったトマトを収穫して、トマトジャムを作りました。
初めて作った黄色いトマトで、ジューシー
で美味しいと思っていましたが、ジャムに
して見てもこれが最高に美味しいものが出来ました。
あぁ、起伏のない日々お一人であろうが無かろうが、人生なんてそんなものじゃ~ないのかな~。 
遊んでくれなくてもKEKE君が居てくれるし、時にはつきあってくれているじゃ~あないですか。
とりあえずは、KEKE君がsakeさんのこと一番思ってくれていると思います。
sakeさんがそうである様に。
人間誰もが、いずれは一人になりますよ。
寂しいかも知れないけど、それは誰も通る道。
私だって同じことです。

>夢さん (sake)
2017-07-18 06:22:45
夢さん、コメントを見逃してしまいました。失礼致しました。<(_ _)>

年末って寂しくなりますよね、私も親が二人ともなくってしまって、妹は家族でゆっくりしたいだろうし、正月だからどうという訳ではなくなりました。
今は息子が居るから良いですが、そう言うときに切なくなりますよね。でも、素直に少しの寂しさは認めて行こうと思います。

お盆に大阪に行きます。今回は時間が短くてあまりゆっくり出来ませんが、またいつか行くと思います。行きたい所がたくさんありますから。(^_^;)
いつか夢さんにも会いたいです。
>takaさん (sake)
2017-07-18 06:31:40
takaさんの言われるとおりだと思います。人間、突き詰めれば最後は一人。。。
花火大会も、まるで他の人は一人でないように見えますが、一人でわざわざここまで来る人が少ないだけ。
私の世代でもまだ子育て、介護が終わってない人がたくさん居て、一人でプラプラ来れる人はあまりいないのでしょう、

トマトのジャム、美味しかったですか?!私はトマトはちょっと苦手で。。。ジャムなら美味しいのかな。黄色いトマトを植えられているのですか、takaさんのお家はバラやサクランボ、いろんなものが取れるんですね。手入れが大変でしょう。
でも、楽しみが増えますね(^o^)

コメントを投稿

息子keke」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。