きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは19年になりました。

松居さんの話から

2017-07-16 | M→G←T
また野菜の店に行くOMさんとワイドショーの話になった。

また松居さんの話である。
最近松居さんが語っているのは「なぜ別居生活が始まったか」というお題で何話にも分けた動画が公開されている。

何でも5年ぐらい前に松居さんがいつものように掃除をしている時にある手紙を発見してしまう。その文面には決定的な言葉は書かれていないが、充分に浮気をしたと思われるような女からの手紙であり、それと一緒に恋のおまじないのシール(ちょっと卑猥な絵が書かれているらしい)が同封されていたのだと言う。

「あれは本当に船越さんがクロ(浮気者)に思いますよねぇ」と言うと、OMさんもあれはそうだよねぇという話になった。
ただの友達だったら、あんな手紙は送らないし、あのおまじないシールはないよねぇ、ということなのだ。

OMさんは「船越さんはその前にも片平ナギサとかと噂があったよ」と言うので、「きっとその頃からもチョコチョコ浮気をしていたのではないでしょうかねぇ」と私達は想像した。

「マスコミは否定的ですけどね。」
「だから何が何だか分からないのよ。」
「でも、あれだけ私は正直って言ってるのだからウソじゃないのでしょうし。」

動画でも松居さんは、当時から丹念にメモを取っていて「いつにこういうことがあった」というのをしっかり表にしてましたよ、と言うと、OMさんはそこが不思議なのよ、と言う。

「そんなに前から浮気に気づいていて、なんで今になってこんなに暴露してるんだろうね?それまでだってDVとか恐妻みたいに週刊誌に書かれていても何も言わなかったでしょ?」」

「それまでは夫がそのうち戻ってくると信じて、夫を立てていたのではないでしょうか。それがあのノート(夫が弁護士に自分との離婚を相談してた)を見て、我慢の糸が切れてしまったとか。でもあの時弁護士に即効相談してるけど、今弁護士ついているんでしょうかねぇ?」

「どうなんだろう。」

「松居さんってお金、本当にそんなに持ってるのかなぁ。」

「sakeさんは松居さんが躁うつ病だと思う?」

「感情は高ぶる事はあっても病気には見えませんよ。」

「おばあさんの近所の人も、優しくて落ち着いているって言ってたんだって。」

「あのおばあさんと写ってる写真も全然落ち着いて見えますし。」

でも暴露することで憂さが晴れて精神衛生上も良くなるなら、それもいいのかなぁと。

OMさんは「あのハワイの愛人ではないかと噂されている人」と言うので「エステシャンの人ですか?」と言うと、「そうあの夫婦、離婚するような夫婦だったんだって。」と言う。

「だからね、それが急にご主人が奥さんの弁護をするって言うのは、松居さんのお金目当てじゃないかと思うの。」

「なるほど。」

「でも最近それきりなのよね。弁護するには不利な条件でもあったのかなぁなんて。」

と言って、私とOMさんは会えば松居さんの想像をあれこれするのだった。


私が最近感じているのは、誰とは言わないが私の友人でもちょっとあの方系の友人がいる。
何か自分の気に入らないことを言われると逆上する。(私も1年間口を利かなかったことがある。)

そしてそうやってケンカになると、自分の怒りの感情を抑えきれなくなって、ケンカした相手の悪口を言いふらすのである。本人に悪意はない。自分の感情が抑えきれなくてストレスを減らすがためにやってるのだが、言われた方はたまらない。
だから怒らせたくないので、そういうことは極力言わなくなる。するとだんだんその友人の思い通りに動かざるを得なくなるのである。

でも、その状態でつきあっていると、いずれ「何だか変だぞ」と言う圧迫感を感じることになる。
彼女の望むこと、喜ぶことは分かる。だからいつも喜ぶようにしてやっている。
でも彼女は果たして自分を喜ばせるようなことを考えているのだろうか。

結果的に、何だかよく分からないけれど、いつも自分ばかりが後を追いかけ消耗しているのだ。本当は友達なら会えば楽しいはずなのに、家に帰ると何故かぐったりしているのだ。いつも舞台は彼女が真ん中に立ち、幕があがっている。そんな感じになるのである。(でも人間関係ってみんなそんなものかな?)

彼女は自分が機嫌がいい、または自分にとってうれしいことを言ってくれるとオーバーに喜ぶ。そして自分を否定されることを言われると牙をむく。その落差が激しすぎるのだ。人懐っこいし、親切だから最初はとてもとっつきがいいけれど、距離が近づくにつれ彼女に従わねばならぬ自分が重くて息苦しくなる。(船越さんもそうだったのでは)


と人のことは平気で言うが、自分自身もそういう側面がなかったか。と胸に手を当てれば私だってやりかねない。
誰かに依存するということは、そういうことなのだから。男と女は難しい。

でもそれでもやっぱり浮気はまずいでしょ・・・・女の感覚ならそうなる。
『ヒミツ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄関のドアにゴキが・・・ | トップ | 夜半のひとり言 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (kao)
2017-07-16 09:39:39
躁うつ病と病と書くから
外目からはわかりづらいのですよね・・。
私は躁のないただのうつ病だから
人をきずつけることはほぼなくて、
それは自分でもありがたいと思っています・
お友達さん極端すぎてsakeさん大変ですね・・。
びくびくしてつきあうのはタイヘンだとお察しします・
sakeさんにはでも、OMさんのような素敵な
話の合うお友達もいらして、よかったですよね^^!
そのOMさんとは末永く仲良くされてくださったら
私もうれしいです~(^^♪
こんにちは! (きみちゃん)
2017-07-16 11:51:15
sake様もOMさんもその手の話が好き?
二人とも…気が合う??

松居さんと似た人大勢いますよ!
以前の同僚!!
そっくり!頭が良い!美人!
お掃除が完璧!
財テクにたけていた!自分が正しい!って・・・。
深く付き合わなければ良いけれど!!
ないかあると…大変!
相手にしたくない!
でも・・・男性にはモテル!

松居さん・・・束縛が強すぎる!
離れたくなるのわかる~~!息苦しいもの!!

我が連れ合いも同じような物!

浮気は嫌だけれど・・・浮気する気持ちがわかる!

蛇ににらまれたカエル!!
>kaoさん (sake)
2017-07-16 12:44:02
kaoさん、こんにちは。
松居さんのは、今までは我慢しすぎたのでは無いかなーと思っています。それがああ言う形で裏切られたので、敗れ被れになったのかなーと。

でも。私の友達もそうですが、感情の起伏が激しい人は距離が近くなると付き合うのが大変かもしれませんね。
少しゆるく距離がある位の付き合いが楽ですよね。(^_^;)
親しき仲に礼儀ありかなと思います。
>きみさん (sake)
2017-07-16 12:58:47
何だか松居さんは正直そうで、でもマスコミからはよく思われていない。
黒い闇って何だろう?と言う辺りで、ついつい話題になってしまいます。

きみさんのご主人って束縛されますか?
確かに口やかましい感じはしますが、束縛もなさりますか?

私は男の人から束縛されたことが無いんですよ。
松居さんのように愛情が重いのかもしれませんね。

ああいう人は多いですか。私の友達だけでは無かったんですね。確かに男の人にもてますよね。
ほんと、その友達とはヘビににらまれたカエルだと思っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。