酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

バリ旅20_バリ最後の飲食

2009-07-20 15:31:32 | 旅行記
バリ最後の飲食

明日のお昼にウブドを出てしまうので、
バリをウロウロできるのも今日で最終日だー。
本日の食事は、昨日の反省により、
もうお金を使ってでも豪華版に、なんてバカなことは考えずに
今までの総括ということで、ベストセレクションでいこうとおもいます。




お昼はどこにしようか迷ったのですが、
明日のバスの予約をしにプンゴセガン方面のプラマ社に行ったついでに
その先の、「Pak Sedan(パッ・セダン)」に行った。



やっぱりここのナシ・チャンプルは美味しい。
今日のごはんは、ホカホカしていて、
更に美味しさアップ。
最後のバリの昼食にふさわしい。



足元にはお店の犬がやってきて、じっと座っていた。
そういえばいろんなところに犬がいて放し飼いにされているけど
人の食べてるものを無理やり取って食べようとか
欲しがったりとかってことを、しない。
人間と一緒に生活する中で、
普通に犬としてのわきまえを学んでいるのであろう。


Pak Sedan
ナシ・チャンプル
アイスティー
合計 12,000RP


午後の3時のおやつタイム付近になると、
頭にお菓子やお茶を乗っけて、色々なお店を回る女の人が出てくる。
日本のオフィスを回るヤクルトレディというところであろう。



宿のネットのつながりが悪いので、
ネットの使えるカフェでブログ更新。
ウブドにはネットのつながるカフェがものすごく多い。
このお店は、サッカー場のわきにあって、
開放的な雰囲気で、なかなか落ち着けて良かった。


Tumak
バナナジュース 13,500RP
+10%



夕方に宿に戻って、シャワーを浴びて
暮れていく風景を眺めながら、冷えたビール。
この瞬間が、一番いい!



夜は、行きなれた、宿の近くの「Warung Mendes(ワルン・メンデス)」。
合計4回くらい通ったかな。
ワルンにしては雰囲気の良さと、味と値段
など、バランスが良いところがやはり圧勝するものだ。

炭火焼きものが美味しかったので、
「ベベ・バカール・ララパン」を注文。
バリの炭火焼きは、焼く前に甘みのあるタレに漬け込んでから
焼いているっぽくて、そのタレが炭火で焼けたかんじが
とても美味しいのだ。
「ベベ」はアヒルなので、これはアヒルの炭火焼きです。
アヒルも鶏もいまいち見分けはつかないけれども・・。

これとビールで、幸せなかんじに最後の晩餐。
宿に戻って、更にビール一本飲んで、最後のバリの夜をシメました。


Warung Mendes
ベベ・バカール・ララパン 27,000RP
ビールS 18,000RP



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ旅19_ホスピタリティ | トップ | バリ旅21_帰りの台湾トラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL