酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

バリ旅5_その辺の風景とスーパーの買い物

2009-07-03 11:43:54 | 旅行記

宿の門。
門をくぐると目の前に立ちふさがる目隠しの塀がある。
沖縄の民家にもヒンプンと呼ばれるこのような目隠しの塀と似ている。


お昼は「Dewa Warung(デワ・ワルン)」。
昔、ウブドのナイトマーケットで人気のあった屋台が前身だというこの店。
バックパッカー御用達とのことで、メニューも英語表記だ。
そして「ナシゴレン」とはいわず「フライドライス」と言い切っている。



メニューを見て、よくわからないけど
「Cashew Glinger Chikin」を注文してみる。15,000RP。
インゲンみたいな野菜と鶏肉とカシューナッツを炒めたものだった。
別にバリの料理ってわけでもなさそうだけど、でもこれ美味しかった。
味付けがいい。あと、ご飯の質が他に比べて良い。
やはり、この店が美味しいのであろう。
ここは他のメニューでもう一度試してみようと思う。

お昼ご飯のときにはアルコール飲むのはやめてみようかな
となんとなく自粛して、飲み物はアイスティー(4,000RP)。



「グーッ!」ってやってる石像。
こういう面白い仕草をしている像もけっこうある。



「ピース」してる子供の像。
なんとなく、まことちゃんぽいような気がした。「グワシ」ではないけど。



凧揚げに興じる子供たち。
田んぼでは、凧があがっている光景をよく目にする。
凧はそれぞれ手作りで、カッコイイ凧を作れる男の子はモテるらしい。



寺院の門の前の飾りつけ。



午後のおやつの時間あたりになると、
雑貨売りのおばさんが籠にお菓子などを入れて歩いて回りだす。
お店の人とか、けっこうこのおばさんからお菓子やジュースなどを買って
店先でみんなと話しながらお菓子を食べている。



鶏の親子ちゃん。
いろんな柄のヒヨコがいた。
かわいいなあー。
でもきっと、大きくなったら食べられちゃうんだろうなあ。



今日は日差しがめちゃめちゃ暑くて。
一旦戻ってからまた出て行くのが面倒になりそうだったので
今日は部屋で夕食を食べてみようと、スーパーでいろいろ買ってみた。
買い物合計、これで40,000RPくらい。



明るいうちから飲み始めてしまう。
暮れ行く風景を見ながら飲むビールはうまいー!



ミー・ゴレン(焼きそば)の作り方は、、インドネシア語で読めないけど
図解でなんとなく理解。
カップ麺のように作ればOKそうだ。



なんか麺だけなので、写真だと貧相ですが。
インドネシア風のソースが4種類もついていて、それを混ぜ、
クリスピーの何かを混ぜて食べたら、激ウマ。
下手なワルンよりも美味しいような気がする。
この調味料がいいんだと思うんだけど。
今度はもっと野菜などを入れて作ってみようと思う。
しかし、野菜ってどこに売っているんだ?どこのスーパーでも見かけないんだけど。



それだけだと絵的に貧弱なので、円筒形のオイルサーディンの缶詰を焼いて。
トマトソースに漬かっていたのでそのままいける。
けっこう私はオイルサーディンが好きなようで、旅先でみかけると買うのですが、
メキシコで買ったのよりも、こっちの方が美味しかった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ旅4_精霊の通りとヒー... | トップ | バリ旅6_バロンに導かれてバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL