牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

今日もまた、焼酎のお湯割り。仕込み水は蒸留水?

2016-12-24 12:25:24 | 附属酒類経済研究所
                           
                           【公式HPはこちら↑】



昨日、鹿児島では焼酎のお湯割りはお湯が先!というのが常識らしい、と聞きかじりで書いてしまいました。


後からちょっと心配になり、調べてみましたが、まあ、そういう声が多数派のようですね。一安心。

※ただ、より「正しい」飲み方としては、「じょか」に前割をしておいたものをお燗、というのもあるようです。


それはさておき、そこで見つけた薩摩酒造さんの「お湯割り研究所」というサイトに、「お湯割りの割合」という、面白い絵(グラフ)を見つけました。




芋焼酎をお湯割りにしたときの、アルコールと(さまざまな)水の割合を絵にしたものです。

左の絵:
芋焼酎の原酒は37%のアルコール度数。
⇒100のうち、アルコールが37、63が蒸留水

中の絵:
一般的な25度の芋焼酎は、焼酎工場で蒸溜したアルコール37度の原酒に、
水を加えて25度に調整されたものを出荷。
⇒100のうち、アルコールが25、蒸留水が42.6、(蔵元での)割り水が32.4

右の絵:
その25度の芋焼酎を5:5でお湯割りで飲む。
⇒100のうち、アルコールが12.5、蒸留水が21.3、(蔵元での)割り水が16.2、そして(飲む時の)お湯が50

つまり、お湯割りのお湯が味を決める!というメッセージですね。


なるほど、です。


ただ、「?」と思ったのは、蒸留水(仕込み水)という表現。


仕込み水に蒸留水を使っている、、、、ことはコストも含め考えにくいし、そもそも「仕込み水に霧島裂罅水を使用」など、仕込み水の産地?を誇らしげに語る蔵元さんも多いし。
(あ、これは「霧島」の例ですが、「霧島裂罅水」って、読めますか? 「きりしまれっかすい」です)


と、すると、焼酎原酒は蒸留されてできるので、仕込み水も蒸留された蒸留水になるということなのでしょうか?


まあ、「鹿児島大学焼酎製造学研究室教授」という方が書かれているので、間違いではないのでしょうが、「仕込み水も味に影響」ということからも、ちょっと違和感。


今日もまた、教えて!偉い人!です。


★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼酎の酒器といえば「黒じょ... | トップ | 赤城神社の前ですが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

附属酒類経済研究所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。