牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

あくまで一個人の感想ですが、、、、、日本酒のブース@国際フォーラム「J-CULTURE FEST」

2017-01-04 13:22:03 | 酒の催事等ご案内(自社物件も違うのも)
                           
                           【公式HPはこちら↑】





昨日は三が日というか正月休みの最終日。


仕事始めに向け、ゆっくり休んで英気を養うのも大事ですけど、せっかくのお休みなので、午後、お得意先デパートさんのお酒売り場の状況でも見てみようと、銀座に向かいました。



有楽町で地下鉄を降りて、東京国際フォーラムを抜けて地上に向かったところ、地下ホール(展示場)でイベントをやっていました。




J-Culture Festと称する、東京国際フォーラムの開館20周年を記念した、日本文化を発信するイベント、です。


会場は、こんな感じ





「ふーん」と通り過ぎようとしたのですが、、、、、


スマホ老眼が進んで近いところが見えにくくなっているのですが、元来、目は良い(確か右2.0左1.2)ので、遠くのものは良く見えますよ。
写真の左側中ほどにとあるブースがあるのを発見。ホール内に入り、近寄ってみました。




何だかわかるでしょうか?






こちら




その中の「正月テーマパーク」というところに日本酒のブースも設けられていたんです。


このブースの出店者は酒造組合中央会。昨年移転した「情報館」には凄腕の館長さんも着任されるなど、乗っていますが、今回のブースは、、、、。


300円(かな?)での樽酒試飲とか、利き酒クイズとかの他は、パンフが置いてあるだけで、誰をターゲットにしているのかよくわかりません。
新しさもなければ盛り上がりもイマイチ。
あくまで一個人の感想です


「国際フォーラムで日本文化のイベントやるから出してくれない?」

「お正月からですか? 面倒だけど、補助金も使えそうだし、お付き合いあるし、ちょっと出しましょうか」



的な会話が聞こえてきそうな(あくまで一個人の妄想です)展示ですね。


例えば「伝統工芸ゾーン」では「東京染小紋」や「継ぎ紙」、「手描き友禅」などの実演やワークショップなど、面白そうだった。



「継ぎ」の技術の紹介もありました。インスパイアされたし、今年は「(金)継ぎ」流行りそうですね!!!


酒器とのコラボとかもしたら面白かったのに、、、、。


そうそう、書道のブースでは、外人向けに「あなたの名前を漢字でお習字!」的なものもやっていました。

サンプル

左上の「刀升」は「Thomas(トーマス)」です。


ウチの会社に入ったら、「升本の刀升です」みたいな名刺や紹介になるのでしょうか。。。。





で、弊社は今日が初荷!本年もよろしくお願いいたします!!



★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 走り初めの後、今年の振る舞... | トップ | 酉は熟成の極み。なので「酉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

酒の催事等ご案内(自社物件も違うのも)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。