牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

今日がなかりせば、新川は世に在らず。

2017-06-16 12:59:59 | 新川大神宮と新川
                           
                           【公式HPはこちら↑】



昨日の日経





「共謀罪」法案が参議院で委員会採決を省略する例外的な形で可決し、成立となりました。


安全保障関連法案もそうでしたが、「自分は間違っていない」「自分のやることは正しい」と、話し合いも段取りも何も無視した強引なやり方に、与党の皆さんも本当に納得しているのでしょうか。

というか、(一応)選挙区の国民の代表として恥ずかしくないのでしょうか。

リメンバー6月15日、ですよ。


と、怒ってばかりではなく、以て他山の石、としましょう。





実は今、新川大神宮の敬神会有志で、ホームページを作ろう、という動きがあります。
(自分もお手伝い)

プロジェクトにはゴールが大事、ということで、今年の例大祭には完成、と考えているのですが、江戸っ子高年齢者層の中にはそんな悠長なことを!という向きもあり、もうちょっと早い公開を目指しているところ。

でも、プロジェクトには段取りも大事、です。

お手伝いする身としてはもちろん「良いもの」と思って作業しているのですが、それがお仲間から見ても良いものであるのかどうか?

ITスキルという点では作業チームは優位な状況下ですが、ここはどこぞの総理大臣とは違いますから、強行突破はしませんよ。

どこかで皆さんにお諮りせねば。

と、今後のスケジュール・段取りをどうするか考えていた中、新川に関する先人の書物を読んでいて、今日が何の日か知りました。

その書物、新川酒問屋による、新川酒問屋の今後のための、新川酒問屋に関する唯一の書物なのですが、あまりに重い(重さじゃなくて内容です)書物故、別の機会にご紹介することとして、そこに記されていた出版までの道のり、です。



1955年頃 新川開鑿300年を前に、新川の今昔を書き残すことを発意
1960年 新川開鑿300年
1963年新年 入稿
1963年6月16日 校了原稿を携え、この日が祥月命日である河村瑞賢の墓前にて報告
1963年8月15日 出版

そう、今日6月16日は新川を開鑿した河村瑞賢の祥月命日なんですね。

リメンバー6月16日です(毎日が記念日ですね)。

新川を開鑿した河村瑞賢。

霊岸島に住んでいたと言いますからまさに新川っ子。
また、出身は伊勢国度会郡らしいので、当社の祖先と同郷。その意味でもご縁ですね。
(ついでにwikiでは「北畠氏の家来筋であると自称」とありますから、自分の祖母の家系とも近いかも)

そんなご縁の河村瑞賢ですが、お墓は鎌倉の建長寺でこれから墓参には遠いので、そちらの南西方向を仰ぎ見てご報告しましょう。


~6/中旬:大まかな内容は完成

6月末:内容+デザインの第一案をお諮り

7月上旬:内容+デザインの第二案をお諮り

7月中旬:内容+デザインの第三案をお諮り

~7月下旬:ご意見集約+修正作業

8月大安(遅くとも8月15日)には公開!!


と、宣言した以上、やらないとね。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほとんどブリューゲル!お酒... | トップ | 始祖鳥は幻の鳥類、鵬は伝説... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。