牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

10年前は、地球温暖化が日本ワインのトピックスでした。

2017-05-15 12:02:06 | 附属酒類経済研究所
                           
                           【公式HPはこちら↑】





連休中、資料の整理(というか、処分)をしていたら、こんな切り抜きが発見されました。


こちら


今から十年前、2007年10月7日の日曜日の日本経済新聞。


最近「日曜日は経済を忘れて」とCMで打ち出している日経新聞ですが、当時は「日曜は家族で経済!」とばかりに、「ファミリー経済」というページがあり、そこの「エコノ探偵団」というシリーズ記事です。



記事の趣旨は、山梨を中心に国産ワインが多彩になってきたが、その一つの理由は、地球温暖化に伴い、長野など従前は凍害や霜害で良いブドウが育たなかった地域でも品質が向上したから、というもの。




記事には山梨では悪影響が出ていることも書かれていました。


対応策も


この記事から10年、気象庁のデータによれば確かに年平均気温は高い傾向にあるようです。





その中で、日本のワインがますます多彩というか、評価も上がり、人気も出てきていますが、これは温暖化の影響というより、各産地がそれぞれ色々な意味でワイン造りに磨きをかけ、飲食店さんなど流通側でもそれを支えてきたからでしょう。


今だったらどういう記事になるのかなぁ。


まさに10年ひと昔、でした。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本酒に賞味期限はありませ... | トップ | 鏡割りではなく鏡開き、裏日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。