牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

三年連続図らずも白山神社方面へ。今年は東大トリビアを発見!

2017-06-14 12:33:05 | つぶやき、ささやき、ぼやきに歯ぎしり
                           
                           【公式HPはこちら↑】




週も半ばになりましたが、いまだに週末の振り返り。



暑いし、気分も乗らないし、週末ランも近場ですませました。

小石川から白山まで走っていったら白山神社の「あじさいまつり」に遭遇。

そういえば昨年も(そして一昨年も)同じ時期に同じようなコースだったことを思い出しました。

今年

「似て非なる」
という訳ではありませんが、ほぼ同じ構図だった昨年、そして一昨年の写真に比べ、今年の写真は「あじさい」が構図に入ったのが進歩かも。


そうそう、似て非なる、ということでは、道すがらこんなものも見かけました。

小石川植物園の西側の脇の坂を登って行った先、植物園側の塀の門&看板。


こちら


「東京大学大学院農学生命科学研究科附属小石川樹木園」とあります。


小石川植物園には何度も来ていますが、こんな「樹木園」という施設があったとは知りませんでした。


そもそも植物園(含む薬草園、養生所跡)は理学系研究科(理学部)の施設ですし、その中には広大な広葉樹林、その奥に針葉樹林も拡がっています。
こちらは同じ東大でも農学生命科学研究科(農学部)附属。
どんなしきりになっているのでしょうか。

と、思って東大の農学生命科学研究科(農学部)のホームページを見ても、北海道とか千葉の演習林のことは出ているのですが、「小石川樹木園」はなかなか見当たりません、、、、、


あ、ありました!




学内のPR誌のようですね。こんな記載が。

四季を彩る200種の木々

 小石川樹木園は、理学系研究科附属植物園(小石川植物園)の北東端にあります。本園は、1909(明治42)年に植物園の一部(0.66ha)を永久借用して設置され、樹木の実生増殖の研究などが行なわれてきました。


植物園の敷地は161,588m2ですからhaにすると16.2ha、4%の部分ですね。
(ちなみに理学部はm2表示、農学部はha表示と言うのは意味があるのでしょうか)


しかし、これ、学内の人でも知らない人が多いのではないでしょうか。
(というか、「ほとんどいない」という表現が正しいと思う。「東大トリビア」とかになりそう)


そんな謎を感じながら走って白山神社まで来たのですが、そこでも「似て非なる」ものを発見。


こちら



居酒屋の袖看板です。


実は新川に、銘酒「惣花」と「白鷹」の両方を出す居酒屋があるのですが、そこも「だんだん」。

こちらの「だんだん」は看板からしてお酒は「吉乃川」らしいですが、何か関係はあるのでしょうか。

と、帰ってから調べたら新川のお店は「団だん」でした。

しかし新川の「団だん」。昨年、健保組合の懇親会の二次会で寄った以来ですが、その時、置き看板の電線に引っかかりそうになって「転んだ」のを思い出した。

あーあ。



★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お酒」には敵が多いようで... | トップ | ほとんどブリューゲル!お酒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき、ささやき、ぼやきに歯ぎしり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。