牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

「お酒」には敵が多いようですが、まあ仲良くやりましょう。

2017-06-13 12:58:06 | 酒の本棚(書評?)
                           
                           【公式HPはこちら↑】





酒はものにしてものに非ず。日本の心なり。

故に酒を商うとは、心を商うものと心せよ。




酒販の心得」とか「酒販論」などの書物があったとしたら、こんな書き出しになるのかもしれませんが、こちらはちょっと違うかも。


「酒飯論」、文化庁所蔵、16世紀。

同じ「しゅはんろん」でも、「酒論」ではなく「酒論」です。


最近何度かネタにした、東京国立博物館で開催されていた「茶の湯」展で見てきた。
(写真は撮らなかったので、図録から、です)





展示のほとんどは茶の湯の「道具」なのですが、その他にも「利休の書状」とか「当時の風俗がわかる絵とか書物」などもありましたが、その中の一つ。


この「酒飯論」ですが、「酒飯論絵巻」としてwikipediaにも載っていますから、そこそこ有名なものなのですね。
16世紀に制作されたと言われる日本の絵巻。酒好きの男と、下戸でご飯好きの男、両方適度に嗜む男の3人がそれぞれの持論を展開するという構成で描かれている。
約14mの長さの絵巻に調理から配膳、飲食の様子が詳細に描かれており、当時の食文化を知る貴重な資料となっている。



ただ、図録(展示)のものはご飯を食べる場面やお茶の場面で、お酒の場面はなかったので、文化遺産DBから持ってきました。




酔っ払い


このように酒を擬人化して、他のものと比較する、という意味では、以前、酒と餅(お菓子)の合戦をネタにしましたね(酒餅合戦、、、こちら)。



その時にちょっと調べた記憶だと、この手の対決モノって、他にも「酒茶論(読んで字のごとく酒vs茶)」などがあるようです。

いつの世も、お酒って賛否両論の対象になるのですね。



ちなみに、これらの戦い、どれもオチ的には「まあまあ」というもの。

酒飯論の場合は「まあ、食べ過ぎ飲み過ぎは良くないよ」、酒餅論の場合は「酒も餅もどちらもお米からできる仲間じゃないか」、そして酒茶論では「酒も茶も水が無けりゃぁダメじゃないか」なと、仲裁が入るようです。


みんな仲良く!です。



★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 案外最近? 枡でお酒を飲む... | トップ | 三年連続図らずも白山神社方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。