牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

京屋酒造さんのクラフト・ジン「油津吟・YUZUGIN(ゆずじん)」

2017-08-05 16:51:55 | 新製品のご紹介(評判・評価)
                           
                           【公式HPはこちら↑】












犬が人を噛んでもニュースにはならないが、人が犬を噛んだらニュースになる。






それとはちょっと違いますが、「話題になるけど、量としては、、、、」というのが、クラフトビールならぬ「クラフトジン」



クラフトビールによる「小規模クラフト系」への関心と、ウィスキーによる「大人の蒸留酒」への回帰とが相まってでしょうか、ブームがはじまった、と言っても良いでしょう。
(以前、こちらでも触れていますね)




ジンの場合、ウィスキーと違って熟成というプロセスの必要性が少なく、思い立ったが吉日、で色々なチャレンジができることもあり、世界中でみんなが色々楽しくジンづくりに取り組んでいる感じ。


その中で、日本でも先般(&上で)触れたような日本ならではのボタニカル(味付け香辛料)を使ったものが出て、それなり売れていますが、こちらは別の流れ。


こちら


ウチもお付き合いのある宮崎県の焼酎蔵、京屋酒造さんの「油津吟・YUZUGIN」です。

京屋酒造のテロワール「油津あぶらつ」を「YUZU」と。吟味して創ったという意味の「吟」を「GIN」(日本人は‘ぎん’と読むが、英語圏の人は‘じん’と読むであろう)とし、「油津吟 YUZU GIN」と命名しました。

だそうです。

使用されているボタニカルはジュニパーベリー、柚子、山椒、生姜、きゅうり、ヘベス、日向夏、コリアンダーシード、グローブの9種類。



最大の特徴は、ベースが焼酎であること。
(京屋酒造の看板商品でもある「甕雫」と「空と風と大地と」を使っているそうです)

POP


まだ味わっていませんが、ちょっと面白そうですね。早速確保!ですよ。


ただ、こういうのって、生産量も少なく、すぐに欠品するなど、問屋としては扱いにくいのも事実。

また、どんどん売れだすと、他の蔵元さんが競合を出してきたりして、市場も乱れちゃうんですよね。

うーん、難しい。
(で、升本印の第一弾、「漱石ジン」の発売はいつなんでしょうか)



★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鰻にはコート・デュ・ローヌ... | トップ | ナニュアドヤラ 梵語?ヘブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新製品のご紹介(評判・評価)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。