牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

ほとんどブリューゲル!お酒チョーダイではなくて、御酒頂戴、です。

2017-06-15 12:19:43 | 酒の本棚(書評?)
                           
                           【公式HPはこちら↑】






酒持ってこい!ではなくて、お酒チョーダイ!です。


昨日の日経新聞のコラム「春秋」に、天皇陛下が上皇になったら京都に、という声が出ていることを引き合いに、維新の際の明治天皇の東京入りのことが書かれていました。


曰く、天皇の東京入りは遷都ではないと言外ににじませつつ、なし崩し的に東京が帝都になった、と。


ピンと来ましたよ!


実は最近、とあるプロジェクトを進めていることもあり、昔の資料等を見ることも多いのですが、一昨日、見た絵です。


こちら


ちょっと見づらいですが、「御酒頂戴(ごしゅちょうだい)」という錦絵。


明治元年、東京入りして江戸城滞在中の明治天皇から江戸(東京)の町民に対して挨拶代わりに酒を振舞った、という豪勢なお話。

なんでも、大町(百軒以上の大きな町には3樽、50軒以上の「中町」には2樽、それ以下の小町には1樽、総数で2563樽を下された、ということです。


当時、維新になってどうなるんだろう?と不安もあった市民
にとってはかなりの大事件(うれしい意味で)で、「御酒頂戴」あるいは「天酒頂戴」という画題で錦絵や版画などが出ているようです。


東京府御酒頂戴 江戸橋日本橋風景
(歌川国輝)

上の絵にも見られるように、町の代表が樽を受け取り、幟や旗で飾り、鉦や太鼓で囃しながら町内に帰っていった、らしい。


拡大
(大坂町は3樽貰った)



これは天酒頂戴
(3代目歌川広重)




これなどは、皆で既に飲んでいる感じ。


東京府御酒被下之図
(歌川芳盛)



拡大


ここまで来ると、ほとんどブリューゲルの民衆、のようですね。


ほら



しかし、もし天皇陛下が京都に住まわれることになったら、京都でこんな感じでお酒を配るのでしょうか。


特需ですね!















★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三年連続図らずも白山神社方... | トップ | 今日がなかりせば、新川は世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。