牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

業務連絡と言うか、修正です。哀れ新川、瓦礫で埋まる。

2017-05-18 12:21:06 | 新川大神宮と新川
                           
                           【公式HPはこちら↑】





昨日は午前、午後と二回も業界関係の所用で新川(茅場町)に赴きました。




帰り道、駅の切符売り場で一日パス(24時間券)と言うのがあると知り、値段を見たら、600円。






飯田橋-茅場町は片道170円ですから、2往復で680円


80円も損したなんて、ちょっとショックですね(ケチ!)。
(と、いうか、一日券というの、旅行気分で一回使ってみたいです)


さて、そんな訳で昨日は新川在住在勤の方々ともお会いしたのですが、かけられた言葉が



見たよ。新川って、あんな小川みたいな川だったのか。



あ、一昨日の記事を見て頂いたようですね。



御覧になったのは、この写真でしょうか。



こちら



すいません、文章が舌足らずでした。


上の写真が撮られたのは昭和23(1948)年。
古来伝わる新川縁起によれば埋め立てが始まった年です。


写真が撮られた月日は不明ですが、記事でご紹介した右岸の旦那はクール・ビズのワイシャツ姿でしたから、5~9月の間と推定されます。
(まあ、当時クール・ビズをやっていれば、ですが)


川の雰囲気を見ても、恐らく既に埋め立てが始まっていたと考えられます。


その辺り、ちゃんと書くべきでした。


で、罪滅ぼしに、もう一つ写真を見つけたので、ご覧下さい。


こちら



そう、翌年の昭和24(1949)年に撮られた写真です。


左側のムシロのようなもので四角く囲われた部分や、右端の家屋など、周囲の風景から、ほぼ同じ場所(少し引いて撮っている)ですが、川はガレキのようなもので完全に埋め立てられています。



哀れ新川、瓦礫で埋まる、です。
(死体を埋めたら、完全犯罪)



新川には埋蔵金が、という話題を以前ご紹介しましたが、ここはお宝は出ない、だろうなぁ。。。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷害で酒米が不作で、日本酒... | トップ | お酒は?ちょっと嗜む(たし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。