気ままに酒ブログ

気ままに酒情報を中心にアップしています。

『第3回 河内おいしいもん市 Good Taste Festival in Kawachi』

2016-09-25 08:29:12 | イベント
【イベントのお知らせ】9/25(sun)

『第3回 河内おいしいもん市 Good Taste Festival in Kawachi』

 本日、9/25(sun)AM11:00~枚岡神社で「第3回 河内おいしいもん市」が
開催され地元人気店が集結いたします。

『串カツ ピッコロラモ』 様ブースでは、奈良・御所の油長酒造のお酒
「風の森 秋津穂65 純米酒」がお呑みいただけます。

『チャイニーズダイニング リーシャン』 様ブースでは、当店オリジナルの
「HYOTANYAMA CIDER(瓢箪山サイダー)」が販売されます。

 是非、足をお運びください(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『2016大倉 秋の夜長酒フェス』

2016-09-24 19:04:09 | イベント
【イベントのお知らせ】9/24(sat)

『2016大倉 秋の夜長酒フェス』

★9/27(火)19:00~ 
近鉄奈良線 瓢箪山駅下車 徒歩2分の
ダーツバーA plas(エープラス) 様で
「2016大倉 秋の夜長酒フェス」を開催いたします。
若干お席がありますので、ご興味の方はご一報くださいませ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『26BY 清酒 竹鶴 八反純米 1800ml』

2016-09-23 12:59:04 | 日本酒
【新着情報!】9/23(fri)

『26BY 清酒 竹鶴 八反純米 1800ml』

◆秋の夜長にじっくりと味わいたい一献!

 先日(9/11)に「第20回小笹屋竹鶴呑切会」へ行って来ました。
会場は蔵元の竹鶴酒造(広島県竹原市)です。
 快晴に恵まれましたが、日中は暑いくらいで約40酒強を試飲させていただきました。
その中でも新しい味わいの竹鶴が気になりましたので、蔵人や杜氏さんに質問し今秋
新発売で、八反錦ではなく八反を使用した純米酒と聞き、早速仕入れました。

 爽快な熟成感をもある香味に味わい深い旨辛味とキレ・・・。

じっくりと呑みたい一献に仕上がっています。是非、秋の夜長酒として舌感してください(笑)

※「八反(はったん)」について
「八反」とは酒米の名称で、錦のついた「八反錦」は広島県で多く栽培されています。そして
「八反」と「八反錦」は同じ系列ですが別品種になります。
 元々在来品種として「八反草」があり、改良されて「八反」となり、更に改良されて「八反35号」
が作られ、その「八反35号」と「秋津穂(アキツホ)」を交配させて誕生したのが「八反錦」です。
 そして現在では単に「八反」と言えば「八反35号」のことを指すのが通説で、「八反35号」は
純米吟醸酒系、「八反錦」は純米酒系に使用されることが多いようです。

『26BY 清酒 竹鶴 八反純米 1800ml』
■クラス/純米酒
●使用原料米/八反
●精米歩合/65%
●日本酒度/+14.5 ●酸度/3.0 ●アルコール度/15.6%
●使用酵母/6号?
●産地/広島県竹原市

★価格1800ml瓶のみの発売=3,000円(税別)

(※蔵元様のご意向によりネット販売は行っておりません。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『獺祭 スパークリング50(発泡にごり酒)』

2016-09-22 18:30:35 | 日本酒
【新着情報!】9/22(thu)

『獺祭 スパークリング50(発泡にごり酒)』

◆秋の夜長に泡ものは如何ですか?

 シャンパンの様な筋の通った炭酸ガスの気泡が凛々しく、ひとくち口にすると、華やか香味に
元気なガスがキリっとした酒の味わいに更に旨味のアクセントをつけ、清涼感とキレある酒に
仕立ってになっており、ブリュット(辛口シャンパン)の様にオードブルが似合いそうな旨しお酒です。

 是非ワイングラスでシュワシュワの気泡と清涼感ある香味と、ブリュットな味わいをお楽しみ下さい。

『獺祭 スパークリング50(発泡にごり酒)』
■クラス/純米大吟醸発泡にごり本生酒
●使用原料米/山田錦
●精米歩合/50%
●日本酒度/━ ●酸度/━ ●アルコール度/16~17%
●使用酵母/9号
●産地/山口県岩国市周東町獺越

★価格720ml=1.800円(税別)
★価格360ml=900円(税別)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『27BY白鷹(はくたか) 特別純米 秋あがり』

2016-09-21 18:17:28 | 秋の季節酒 ひやおろ...

【新着情報!】9/21(wed)

『白鷹(はくたか) 特別純米 秋あがり』

◆灘の名門老舗蔵のひやおろし

 「白鷹」は1862年(文久2年)の創業で、初代辰馬悦三が「品質第一」を掲げ超一流に徹した酒造りを開始し、
現在に至っています。その間に古くは#1下り酒 の代表酒として江戸で人気を博し、伊勢神宮の #2御料酒 となり、
#3富岡鉄斎 愛飲の酒として歴史の随所で名を馳せました。

 #1下り酒とは、上方で造られた酒を菱垣廻船、樽廻船で紀伊半島経由で江戸・新橋へ運び、江戸で消費された酒のこと。
 #2御料酒とは、御料とは天皇・皇族が使用されるもので、この場合神宮の神々に供えられる酒のこと。
#3富岡鉄斎とは、(1836-1924)明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人と謳われた人。
 
 灘の名水の宮水を使用し、造りは生モト(キモト)造り、米は山田錦100%と言う灘伝統のスタイルの濃醇辛口酒に仕上ってます。

 是非、灘の名門老舗蔵のしっかりとした芯ある味わいのひやおろしを舌感して下さい。

『白鷹(はくたか) 特別純米 秋あがり』
■クラス/キモト特別純米ひやおろし生詰酒
●使用原料米/山田錦
●精米歩合/60%
●日本酒度/+4.0 ●酸度/1.8
●アルコール度/16.0~17.0%
●産地/兵庫県西宮市
★価格1800ml=2,800円(税別)
★価格720ml=1,400円(税別)

http://www.hyotan.co.jp/cnt/sake/hiyaorosi.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加