Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』終演後の特別企画! 深津作品リーディング等

2017-05-26 | Weblog
燐光群次回公演・深津篤史作『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』。
チラシの裏側のご紹介がまだでした。
山田賢一さんによる心のこもったイラストのある表面も御覧ください。http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/fe4a0c84a8b0c8f22945a6eb9aba5c33


裏面の中の新しい情報は、【終演後の特別企画!】である、深津作品のリーディングです。
それぞれの回で、終演後にそのままご覧頂けます。

S (スペシャル・リーディング) 9日(日)・11日(火)・16日(日)
いずれも『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』アダルト・バージョンとなります(出演者は本公演とは異なります)。
他の回と料金が異なります。

R (ショートリーディング) 8日(土)・12日(水)・14日(金)・15日(土)
深津篤史戯曲のショート・リーディング(短編あるいは抜粋)。予定作『四季一会』『月灯の瞬き』『カラカラ』他。

T (アフタートーク) 次のゲストと坂手洋二が出演
10日(月)土田英生(劇作家・演出家 MONO代表) 
13日(木)宮田慶子(演出家 新国立劇場演劇芸術監督)

<両リーディング出演予定者>
中山マリ 円城寺あや 都築香弥子 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋 樋尾麻衣子 秋定史枝 小野寺ずる  他
※作品により変わります。

ショート・リーディングとアフタートークは、別の回をご覧になる方でも、そのチケットをお持ちか、予約されていれば、ご入場頂けます。
スペシャル・リーディングも、同条件でさらに500円を当日劇場でお支払い頂ければ、ご覧頂けます。

詳細は追って発表します。タイムテーブル、詳細等は、決定した部分は随時更新します。

http://rinkogun.com/wangansen.html

………………………………


深津篤史作・坂手洋二演出『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』

「深津演劇祭」参加。

7/6(木)〜19(水)ザ・スズナリ。


○出演者

杉山英之 東谷英人 荻野貴継 橘麦 高野ゆらこ
武山尚史 山村秀勝 宗像祥子 田中結佳
和田光沙 高木愛香 中瀬良衣

出演者は回によって一部、異なります。詳細は追って劇団HP等で発表します。



【深津篤史】
桃園会を主宰。関西演劇の耽美・不条理派の中軸を担う劇作家・演出家として活躍。『うちやまつり』で第42回岸田國士戯曲賞を受賞、『動員挿話』等で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞するなど高い評価を得ながら、2014年に46歳で亡くなる。

【深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~】 (右のバナーからお入り下さい)
2016年9月から2018年3月まで、10を越える団体により、深津戯曲を上演するフェスティバル。関西を中心に開催される。燐光群は本作によって、東京から唯一、参加する。

【深津篤史コレクション(戯曲集)】 http://fukatsu-collection.info
全3巻・1300ページに及ぶ待望の作品集。代表作、戯曲賞受賞作から小品、掌編集、外部書き下ろし作品、遺作など厳選した20作品を収録。また、識者による寄稿や鼎談、深津が書いた多くの文章や詳細な年譜なども収め、深津篤史の才能に触れる決定版。



深津氏との出会いを、振り返る。
1997年、深津篤史は燐光群のアトリエである梅ヶ丘BOXにて、中国のノーベル文学賞作家・高行健作『逃亡』を演出(龍の会・世界初演)。これが深津の東京デビューであり、他者の戯曲の演出に取り組む初めての体験であった。その直後、坂手洋二は「劇作家協会新人戯曲賞」の二次審査で深津作『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』に出会い、「こんなけったいなもの書く奴だったんか!」とぼやきつつ、強く推す。
1998年、深津は燐光群アトリエ公演『ロウチ氏の死と復活』(トマス・キルロイ作)のチラシを見て、山田賢一によるイラストに惚れ込む。橋渡しされ、以後、山田が桃園会・深津作品の宣材のイラストを描くようになる。
1999年、燐光群主催による梅ヶ丘BOX「ウィークエンド・ワークショップ」講師を、深津が務める。
2004年、開館した精華小劇場の[オープニング事業]を、桃園会『熱帯夜/うちやまつり』と燐光群『ときはなたれて』の連続公演で飾る。
2006年、桃園会の江口恵美が、燐光群『スタッフ・ハプンズ』『チェックポイント黒点島』に出演。

詳細は追って発表いたします。

タイムテーブル等はこちらをご覧ください。



http://rinkogun.com/wangansen.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊文春に過去を暴かれる | トップ | マンタの干物 ラマレラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL