Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

「大田先生のご意向は石垣にも宮古島にも辺野古にも基地を造らせてはいけない。造ったら再び戦争になると強く危惧していた。ご遺言をぜひかなえてください」

2017-07-28 | Weblog
大田昌秀元沖縄県知事が亡くなった。
故大田昌秀元沖縄県知事の県民葬が、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われた。すぐそばに住んでいる友人が参加し、そのときの目録を私にくれた。
彼が平和主義者であったことを疑う者はいないだろう。もちろんうまくいかないこともたくさんあったし、多くの齟齬も生じた。

政府代表で出席したという安倍晋三首相は弔辞で、大田知事在任中の米軍普天間飛行場返還合意や日米特別行動委員会(SACO)最終報告を挙げ「歴史的な出来事だった」と振り返り、「大田元知事が心を砕かれていた沖縄の基地負担の軽減に引き続き全力を尽くす」と言ったという。
安倍首相が本気で沖縄の基地負担の軽減を考えるなら、することは明確だ。
名護市辺野古の新基地建設で県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めるのは違法だとして国を相手にした差し止め訴訟を那覇地裁に提起した沖縄県の主張を直ちに認め、工事をやめ、代執行訴訟も取り下げるべきだ。

安倍首相が弔辞を終え戻るとき、一般の参列者である一人の女性から「大田先生のご意向は石垣にも宮古島にも辺野古にも基地を造らせてはいけない。造ったら再び戦争になると強く危惧していた。ご遺言をぜひかなえてください」という訴えがあった。
参列した鳩山由紀夫氏にいわせると「(彼女は)大田さんの遺志と安倍首相の行っていることのズレにいたたまれずに野次を飛ばしました」という。

本当に、石垣にも宮古島にも辺野古にも、基地を造らせてはいけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニトマトの夏 | トップ | 「「反戦」落書きのススメ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL